【元美容師が評価】50の恵み白髪トリートメント(ライトブラウン)7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

ロート製薬さんという製薬会社が販売している『50の恵み』シリーズカラートリートメントのライトブラウンの染まり具合や7日後の色持ち具合を徹底検証してきます!

化粧品会社ではなく、製薬会社なので「本当にちゃんと染まるのか?!」と意味もなく疑ってしまった私ですが・・・

実際に実験してみビックリひょうたん島。市販で安価にも関わらず、その辺の高価なカラートリートメントよりもしっかり染まるんですよ!

ただし!しっかり染まるのは良いのですが、安価な分”弱点”もありますのでその点についても解説していきますね!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束では純粋にカラートリートメントの色味を見ていき、白髪のトリートメントでは実際に白髪に染めた時の”白髪のカバー具合”を見ていきます。

黄色の毛束では黄色みの強い毛に染めた時の”色味”を見ていきます。

そして、、、記事後半ではより現実に近い7日後の色持ち感を見る為に、最も色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回繰り返し、実際の7日後の色落ち感を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

ロート製薬の公式サイトにも「10分程度で染まる!」的な事が書かれていますが、白髪の染まり易さって人によってぜんっぜん違います。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事で50の恵み(ライトブラウン)で染めた結果がコチラ↓

市販で安価なカラートリートメントなので「絶対変な色味だったり、色が薄いんだろうな」と勝手に妄想していましたが、染まり具合はかなり良好です。

流石に一発で全ての白髪をカバー出来ているわけではなく、チラホラと染まっていない部分も目立ちますが、染まりにくい!っという人でも3回くらい連続で染めてあげればかなり色は入るかと。

そして、”色味”に関してもかなり自然なブラウンで、老若男女誰も嫌いな人はいないでしょ!ってくらいナチュラルなブラウンで好感が持てます。

ただ、ちょっと”ライトブラウン”という名称の商品にしては結構!暗めに染まるのであなたが「出来るだけ明るめで白髪を染めたいわ!」ということなら、他メーカーのライトブラウンをチョイスしたほうが良いかもです。

では、1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な色味をチェック!ややほんのり赤みを帯びてはいますが、”自然なブラウン”っという感じでクセはありません。

「ライトブラウンにしてはちょっと暗くないか?」とは感じます。他メーカーさんで言うと”ブラウン”くらいの暗さの色設定ですね。

とはいえ、”ライトブラウン”と称しているのにぜんっぜん、ブラウン感がない商品も多いのでその点を考慮すると優秀だと言えます。

うん。GOOD!

染まり具合チェック(グレイの毛束)

次に白髪にどの程度染まるのか?ですが、、、

染まっている部分は結構カバー出来ているものの、よくよく見るとチラホラと”白髪浮き”している部分が目立ちますね。

ただ、”ライトブラウン”という明るめの色味設定という点を考慮すれば、悪くない染まり具合です。

もし、あなたが白髪が染まりにくい!ということであれば、連続で3~5回くらい染めてあげれば色は入っていくかなぁと思います。

同じ”ライトブラウン”でもメーカーによっては「全然色が入らねぇっ!」という商品もありますからね・・・

市販でこれだけしっかり色が入るのは優秀だと思います。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

次に黄色みのある毛束です。白の毛束よりもより強めに赤っぽさが表面かしていますね。レッドブラウン、、、っというよりかは”ウォームブラウン”的な温かみのあるブラウンに染まっています。

不自然な赤みではないので、黄色みの強い白髪の方でも問題なく使用できるかと思います。

7日後の色味や色持ちをチェック!

そして重要なのが、染毛直後の染まり具合よりも”色の持ち具合”です。せっかくしっかり染まっても、たった2,3日で色が落ちているようじゃ、お金もコストもかかりまくっちゃいますからね。

当ブログでは、より現実に近い”色持ち具合”を検証するために、最も色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回繰り返して実際の7日後の色持ち具合を検証していきます!

っということでコチラが”7日経過後”の毛束たちです↓

染毛直後は「ちょっと暗くない?」ってくらいにしっかり色が入っていきましたが、7日経過すると結構色落ちしちゃいました。

まあ、7日経過すると絶対に色落ちはしてしまうものなんですが「やや色持ちが悪いかなぁ」というのが率直な感想です。

もう一度、”染毛直後”の画像と見比べてほしいです↓

染めた直後は”ダークブラウン”?ってくらいしっかりめの茶色に染まってましたが、7日経過すると”ライトブランン”くらいに落ち着いてます。

特に色落ち感が感じられるのが”白髪の毛束”ですね・・・

染毛直後もチラホラと白髪浮きが見られましたが、7日経過すると白髪部分がキラッキラしてしまってカバー出来ていませぬ。(汗)

また1つずつ毛束を見ていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
まずは色味の変化をチェック!染毛直後はなかなか暗めの”ダークブラウン”という感じでしたが、”ライトブラウン”くらいに落ち着いてます。

ただ、7日経過しても”色味”自体は大きな変化は無く、ダークブラウンがそのまま退色して薄くなっただけなので、使いにくさは感じないはず。

カラートリートメントの中には数日経過すると赤みが強くでてきたり、逆に”グレー”っぽい色味に変化するものもありますからね・・・

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
「うおっ!結構色落ちしたな~」っと感じたのがコレ。”ライトブラウン”という明るめの色設定なのである程度仕方ないですが、色落ち感はかなり感じます。

染毛直後もチラホラ白髪部分が光って浮いている部分はありましたが、7日経過すると白髪浮きしていた部分が”白髪”になり染まっていた部分が”白髪浮き”している感じになりました。

色落ち感については他メーカーさんのブラウンと比較すると、「悪い」っというのが私の感想ですね。

もし、あなたがこのカラートリートメントでしっかり白髪をカバーしたいなら、3,4日に一回くらいは再染毛は必要になってくるかと思われます。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いて黄色みの強い毛束ですが、染毛直後から赤みが強めだったので、7日経過することで更に赤みが増しています。

”ウォームブラウン”⇛”レッドブラウン”と言う感じの色味の変化ですね。

とは言っても嫌らしい赤ではないので、「ぜったいにほんの少しでも赤いのはイヤッ!」と言う人でも無ければ許容範囲かと!

【結論】”ライトブラウン”にしては暗く、色持ちは悪めでした。

市販品で他のカラートリートメントよりも半額近い価格で販売されているので「絶対にこれ地雷商品でしょ」とたかをくくっていましたが、基本的な染まりは価格を考えると優秀です。

ただ、やはり感じる弱点としては「色持ちが悪い」という点と”ライトブラウン”にしては色が暗い!っという点ですかね・・・

他メーカーさんのブラウンかダークブラウンくらいの明るさ設定なので、あなたが明るめに染めたいと思っているなら、ちょっとこの商品はあっていない気がします。

コレが私が感じる2つの弱点ですね。

そして、口コミで度々見られるのが「匂いが臭い!」という口コミです 笑

ただ、匂いの感じ方には個人差がありますが、私が嗅いだ感じですと、たしかにややクセのあるハーブのような香りですが、臭いってほどではないかと。笑

匂いの感じ方には個人差がありますが、直ちに使用を中止するレベルでは無いかなぁ~と思います。

っということで、もしあなたが50の恵みカラートリートメントの”ライトブラウン”を検討しているならぜひご参考にしてくださいませm(_ _)m

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。