【全2色比較】マイナチュレトリートメントの選び方を元美容師が解説します!

元美容師Mです。

私自身、カラーリストとして1000回以上は白髪染めをしてきた経験がありますが、このマイナチュレは数あるカラートリートメントの中でもかんなり、自然なブラウンで染まり具合も良いです。

むしろ、これだけ自宅で綺麗に染めれられるなら、美容室に行く必要が無くなる人も出てくるのでは・・・と危機感すら覚えます。

しかし!いくらマイナチュレが素晴らしいと言っても、あなたに合ったカラーを選ばなければ、満足度が低い結果になりえます。

今回はマイナチュレカラートリートメント全2色の色味や7日後の色持ちを徹底的に比較し、元美容師の私があなたはどちらを選べば良いのか?を解説していきます!
【最大42%OFF】返金保証付きマイナチュレ現在の価格、詳細はコチラ

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの種類の毛束を用意しました。

白の毛束ではカラートリートメントの『色味』をチェックし、白髪交じりの毛束では実際の白髪に近い『染まり具合』をチェック。

そして最後の黄色の毛束では黄色っぽい白髪ではどのように染まるのか?をチェックしていきます。

一言で白髪と言っても、完全に真っ白というよりも黄色っぽい人も実はかなり多いんです。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

この3つの毛束を全種類のマイナチュレカラートリートメントでカラーしていき、実際の染まり具合&7日後の色落ち具合をチェックしていきます!

7日後の色持ち具合に関しては、ただ7日間放置するだけじゃあなく、カラーの最も色落ちの原因となる”シャンプー”を7回繰り返しよりリアルな7日後の色持ち具合を再現していきます。

『ブラウン』

まずはマイナチュレの中で最も明るいカラーの『ブラウン』です。っといってもマイナチュレのシリーズは現時点では2色しかありませんが・・・

ブラウンに染めた直後

ブラウンと一言でいっても、メーカーによって色味や染まり具合って本当にぜんっぜん違います。

で、マイナチュレブラウンの特徴とも言えるのが「染まりがかなり良い、ブラウンらしいブラウン」という感じです。

「ブラウン何だから、ブラウンに染まるのは当たり前では?!」とあなたは思われるかも知れませんが、カラートリートメントのブラウンって赤みが強かったり、染まりが悪かったりするものが殆どなんですよ。

しかし!このマイナチュレは違う。

本当に自然な綺麗な明るめのブラウンでありながら、しっかり白髪もカバー出来ています。

私自身、カラートリートメントを十数種類以上は使ってきましたが、自然なブラウンを求めるなら、現時点では最高のカラートリートメントだっ!と心の底から思います。

ただし!本当に誰が見ても普通なブラウンなのであなたが「赤みが強いほうが良い」とか「アッシュ系が良い」など色味にこだわるのであれば、別のカラートリートメントを選択するのもありです。

良い意味でも悪い意味でも『自然なブラウン』なので、色味を楽しみたいと言う人には面白さに欠けるかもしれません。

ブラウン7日経過後

7日も経過しているので、流石に染料が落ちて色味は薄くなっているもののまだまだしっかり染まっています。

ブラウンから⇛ライトブラウンという色味に変化しているって感じですね。

ぶっちゃけ、他メーカーさんのブラウンに相当する物だと、「あれ?これ染め忘れたっけ?」ってくらい7日で色が落ちまくる物もあります。

マイナチュレも白髪の毛束に関しては白髪浮きしている部分も見受けられるものの、カラートリートメント1回染めでこれだけ持つなら合格!っと言っても問題ないかと。

あなたの白髪の量や染まりやすさによっても変わりますが、7日経ってこれだけ持つのであれば4~5日に一回くらい染めてあげれば白髪はカバーできるかと。

ただ、マイナチュレの中でも最も明るい色味ではあるので「もっとしっかり染めたい」「もう少し長持ちさせたい」と言うなら後述するダークブラウンを選ぶべきです。

マイナチュレブラウンのより詳細なレビューはコチラの記事も参考にしてみてくださいね↓
【徹底検証】7日で色落ち?マイナチュレカラートリートメント(ブラウン)の染まりをレビュー!

『ダークブラウン』

次はマイナチュレで最も暗い『ダークブラウン』です。マイナチュレでよりしっかり染めたいって場合はコチラですね。

結論から言っちゃうと、『ブラウン』と同様こちらのダークブラウンもかんなり素晴らしい色味&色持ち具合でした。

では、実際の毛束を見ていきましょう!

『ダークブラウン』 毛束に染めた直後

ブラウンよりも深みの増した、『ダークブラウン』に染まり上がりました。こちらもブラウンと同じくThe・ダークブラウンというくらい自然なダークブラウンで本当に綺麗な色味です。

白髪部分に関しても「こんだけ自宅で染まるんだったら、美容室行く必要ないんじゃないか?」と既存の美容室が心配になるくらいちゃんと染まっています(汗)

特に私が感動したのが”色味”で、ダークブラウンというイメージ通りの色味に染まったことです。

というのも、ブラウンと同じくダークブラウンに関してもメーカー毎に全然色味が違い、同じダークブラウンと書いてある商品でも赤みがメチャクチャ強かったり、ダークブラウンと言う割には明るすぎだりというものが多いんです。

これだけ自然なブラウンで自宅で誰でも染められるのは素晴らしい!と思いつつも、1,000回以上は白髪染めをしてきた私としては少々悔しい気もします 笑

『ダークブラウン』7日経過後

染毛直後と比較すると、トリートメント特有のツヤ感は失われてはいるものの、まだ染料は残っており白髪もカバー出来ています。

色味的には落ちやすい赤の染料が落ちて、よりブラウンらしい色に変化したって感じですね。

他メーカーさんのダークブラウンと比べて断トツで色持ちが良い!ってほどでは無いですが、普通に色持ちが良い方です。

あなたの白髪の量や染まりやすさによっても大きく変わりますが、6~7日くらいに一回くらい再染毛することでしっかり白髪はカバー出来るかと思います。

うーん、ここまで自宅でしっかり染められて既存の美容室は大丈夫なんでしょうか・・・
【検証】7日後の色落ちは?マイナチュレトリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底レビュー!

【結論】あなたが使うべきマイナチュレカラートリートメントはコレ!

色味に関して個々で好き嫌いが分かれると思うので私の考えを押し付けるつもりはありません。

が!自然なブラウン色を求めるならカラートリートメントの中で、ぶっちぎり綺麗な色味だというのが私が今回染めてみた感想です。

ブラウンと書かれている商品でも「えっ?これブラウンっていうかレッドブラウンじゃないの?」とツッコミを入れたくなるような物が多い中、マイナチュレは本当に上品なブラウンに染まります。

ただし!色味に関して赤っぽい色味が好きだったり、青系の色味が好きという方の場合はマイナチュレ意外の物を選択した方がより幸せになれるかと思います。

自然なブラウンで染めたいというあなたの場合は、マイナチュレ一択ですね。

そして肝心のカラーの選び方ですが、”白髪が染まりやすい””白髪の数が少なめ””出来るだけ明るめに染めたい”という場合は『ブラウン』

”しっかり染めたい!””出来るだけ色持ちが良い方がよい””白髪の数が多め”と言う人は『ダークブラウン』をオススメします。

マイナチュレを選ぶべき人⇛赤みや青みが強くない自然なブラウンで染めたい人

”白髪が染まりやすい””白髪の数が少なめ””出来るだけ明るめに染めたい”⇛ブラウン

”しっかり染めたい!””出来るだけ色持ちが良い方がよい”⇛ダークブラウン

という感じにカラートリートメントを選んで頂ければ、失敗の可能性は極限まで減らせるかと。

しかも、しかも!マイナチュレの場合は「染まらなければ返金保証」という、驚異的な保証までついているので使ってみて継続を検討するっていうのありかと思います。
【最大42%OFF】返金保証付きマイナチュレ現在の価格、詳細はコチラ

 

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。