【ブラウン】白髪には染まらない?アンナドンナカラートリートメント7日後の色持ちや染まりを徹底検証!

元美容師Mです。

オシャレ染めカラートリートメントとして有名になりつつある『エブリアンナドンナカラートリートメント』の”ブラウン”を白髪に使用したらどの程度染まるのか?7日後の色持ちはどうなのか?を画像を交えて解説していきます!

白髪染め用のカラートリートメントではないので、あんまり白髪に色が入らなそうだな~っと勝手に妄想していたのですが、意外や意外。

その辺の白髪用カラートリートメントよりもよっぽど自然でキレイなブラウンに染まりました。笑

ただ、、色味自体はキレイなんですが実際に染めて見て分かった”弱点”も判明したので、その点についても元カラーリストとして解説していきますね!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束では純粋にカラートリートメントの”色味”をチェックしていき、白髪のトリートメントでは本当に白髪に染めた時の染まり加減をチェック。

そして、黄色の毛束では黄色っぽい白髪に染めた時の染まりをチェックしてきます。

記事後半では、7日後の色持ち具合を見るために”シャンプー”を7回ほど繰り返し、よりリアルな7日後の色持ち具合を見ていきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

 

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でエブリアンナドンナカラートリートメント(ブラウン)で染めた結果がコチラ↓

ハッキリ言ってビビりました。うお!オシャレ染め系のカラートリートメントなのにこんなにしっかりブラウンに染まるのかッ!っと。

正直、白髪染め用とは書かれていないので、うっすら染まるくらいだろうな~っと予想していたのですが、染まりの悪い市販白髪カラートリートメントよりも綺麗に染まります。

ブラウンも変に赤っぽくなったりとかも無く、かなり綺麗でナチュラルだし。

では、どれだけ綺麗に染まるのか?白髪部分の染まりはどうなのか?1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な色味のチェックから。上記でも挙げたように本当に自然でナチュラルなブラウンに発色していてかなり好印象。

ブラウンなんだから、ブラウンに染まって当たり前じゃんッ!っと思う人もいると思います。

が!ブラウンとパッケージに書いておきながら、実際に染めてみると「これブラウンじゃなくて、アッシュだろ!」みたいな色味に染まる商品もかなり、かなり多いんですよ。

その点、今回のアンナドンナのブラウンは変なクセもなく、良い意味で”普通”のブラウンに染め上げてくれます。GOOD!

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪にどの程度色味が入るのか?という点ですが・・・

正直白髪部分の染まりは”悪め”というのが私の正直な感想です。画像で見ても白髪部分がキラッっとしていて”白髪浮き”しているのがかなり目立ちます。

っと言っても「使いもんにならねぇ!」ってほどでも無く、複数回使用すれば徐々に染料は浸透していくかな~っと思われます。

一般的な白髪染め用のカラートリートメントでも、これより染まり悪い商品なんていくらでもありますので・・・

白髪専用っと謳っているわけでは無いにしては、かなり頑張っている方かと思います。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いてハイダメージなブリーチ毛に染めた場合。

こちらに関しても、変に色味が変わったりせず自然なブラウンに染まっています。白の毛束と比較するとやや赤みが出てきているかなぁ?っと言ったくらいでクセはありません。

もし、あなたが黄色味の強い白髪だったとしても、今回のように自然なブラウンに染め上げてくれるので問題無しかと。

7日後の色味や色持ちをチェック!

カラートリートメントで重要なのは染まり具合もそうですが、やっぱり”色持ち具合”ですよね。

いくら染毛直後はしっかり綺麗な色味に染まっても、たったの数日で色落ちしているようだったら、コストもお金もかかりまくりです。

で、今回のエブリアンナドンナブラウンなのですが、、、ハッキリ言って「色持ちはかなり悪い!!」です。

染毛直後はキッレーなブラウンに染め上げてくれるのですが、その綺麗な色味がすぐに落ちてしまうというのがアンナドンナの最大の弱点ですね・・・

っということで、7日経過後の毛束を見てくださいね↓

染毛直後はもっと深みのあるTHEブラウンという感じの色味に染まっていましたが、7日経過するともはや「あれ?グレーに染めたっけ?」ってくらい退色しちゃっていますね(汗)

もう一度、染毛直後の画像を貼りますので、あなたもぜひチェックしてみて頂きたい↓

こうやって比べて見ると一目瞭然で「色落ちしている!」のが分かるかと思います。

白の毛束はブラウン⇛グレーにまで退色。白髪の毛束に関しては、”白髪丸出し”状態にまで退色しちゃっています。

う~ん、白髪染め用ってわけじゃないので仕方無い部分もありますが、白髪染め用として使うのはちょっと無理がありますね。

ではまた1つずつ毛束をチェックしてみましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
まずは色味の変化をチェック!

染毛直後はTHEブラウンっというくらい自然で深みのある綺麗なブラウンでした。

が!7日経過すると染料が落ちまくりで、毛束の白っぽさが浮き出ちゃっていますね。もはや”グレー”みたいな色味にまで退色しちゃっております。

染毛直後の色味がキープできれば、かなり良カラートリートメントだったのですが、この色落ち加減だと白髪染め用に使うのはちょっとキツイものがありますね。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いて白髪の毛束ですが、こちらは上記の白の毛束よりももっと退色が酷い。

一応、染毛直後は白髪用じゃないにしては、そこそこ白髪部分も染まってはいました。

ただ、7日も経過するとかろうじて染料が残っているか?!っというくらいまで全体的に”白髪が丸出し”状態にまで色落ちしちゃっておりまする。

アンナドンナ自体がそもそも白髪染め用ではなく、オシャレ染めに重点を置いているアイテムっぽいので仕方ないですが・・・

もし、このカラートリートメントでしっかり白髪染めをキープしようと思ったら3,4日に一回は再染毛が必要になるかと思います。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

続いて黄色の毛束ですが、こちらは上記の2つの毛束よりもダメージが多い分染料が多めに入ったからか、そこそこ色持ちしていますね。

っと言っても上記2つと比べればマシ。っというくらいなので、あえてこのカラートリートメントで白髪を染めなくても良いかな?というのが私の本音です。

【結論】染毛直後は綺麗だが、色持ちが悪い!

染毛直後の色味に関してはホントに他の市販で販売されている白髪カラートリートメントよりも綺麗なブラウンに発色します。

この染めた直後の染まり具合に関して言えばトップクラスに綺麗!なんですが、、、

やはり気になるのは「白髪部分の染まりが悪い」という点と「色持ちがかなり悪い」という2つの点ですね。この2つさえ克服されれば、最強のカラートリートメントの称号さえ得らる可能性もあるのにッ!

特に色持ちの悪さに関しては強烈に悪いので、白髪を染めるのにあえてこのカラートリートメントを選ばなくても良いだろう!っというのが正直な所です。

まあ元々白髪をしっかり隠すというアイテムでは無いので仕方ないんですけどね。

もし、あなたがこのエブリアンナドンナブラウンで白髪をボカしてみたいっと思うなら「白髪染めをしていて色が落ちてきた髪」や「白髪が目立たない所に数本ある」という場合に使って見るならアリかと思います。

ぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。