【元美容師が口コミ】アシュレーカラートリートメント 7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

今回は『アシュレーカラートリートメント(ダークブラウン)』の染まりや発色、7日後の色持ちを画像を載せて解説していきます!

なんかパッケージはやや古臭い(失礼っ)ので、マイナーな会社が販売しているカラートリートメントなのかな?

っと勝手に予想していたのですが、美容師なら絶対にだれでもしっているであろう大手ホーユーさんが販売している商品でした。笑

ホーユーさんならしっかり染まるかも!っと期待したのですが、これが何とも残念過ぎる結果に。。。

っと言うのも染まり、発色、色持ち全てにおいて低レベル過ぎるんですよ。

「コレ本当にホーユーさんの商品なの?!」って腰を抜かすほど、微妙すぎるカラートリートメントでした(汗)

では、なぜ微妙なカラートリートメントなのか?実際に毛束に染めた画像を載せつつ解説していきますね!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束では純粋にカラートリートメントの色味を見ていき、白髪のトリートメントでは実際に白髪に染めた時の”白髪のカバー具合”を見ていきます。

黄色の毛束では黄色みの強い毛に染めた時の”色味”を見ていきます。

そして、、、記事後半ではより現実に近い7日後の色持ち感を見る為に、最も色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回繰り返し、実際の7日後の色落ち感を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でアシュレーカラートリートメント(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓

まず一言目に声を大にして叫びたいのが、、、「これダークブラウンじゃねぇぇぇ!」って事です。笑

パッケージには間違いなく”ダークブラウン”っと記載しているのですが、実際に染めてみるとダークブラウンどころか、ブラックくらいにまで暗く染まっちゃっています。

これ、ダメでしょ・・・ダークブラウンに染めたい人は「暗すぎないで深みのあるブラウンで、白髪を染めたい」っとダークブラウンを購入するはず。

にもかかわらず、完全にブラック系のカラーに染まっちゃっています。しかも、ブラック系にしては染まりも悪いし(汗)

まっまあ一応1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な色味を白の毛束でチェック。上記でも書いたように誰がどう見てもブラウンではないです。

ブラウンというかブラックをかなり薄めた”グレー”的なカラーに染まっています。

私自身80種類以上はカラートリートメントを検証していきますが、表記されているカラーと実際の色味のズレではワーストレベルです。

もし、あなたが綺麗な深みのあるブラウンを求めて、このダークブラウンを購入したら間違いなく、120%、確実にガッカリするかと思います。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて、白髪がどの程度カバー出来るのか?をチェックしていきます。

かなり暗めなカラーなので、白髪部分はそこそこ染まっています。っと言ってもブラックにしては染まりは甘いですが・・・

よく観察しなくても「ああココが白髪なんだな」っと分かるくらいには”白髪浮き”していますし、白髪の染まりとしては”まあまあ”っと言ったところ。

にしても、これどう見てもブラウンじゃないよなぁ・・・

黄色みが強い白髪の染まりチェック

ブリーチ処理を施したハイダメージな黄色みの強い毛束です。

ハイダメージ毛なのでその分染料が多めに入っていき、上記2つの毛束よりも暗めに染まっています。

まあ、一応嫌らしい黄色味は抑えられて入るんですが、これだけ暗めに染まるんだったら当然。

っというか暗めに染めるのだったら最初からブラック系のカラーを使うはずなので、「こんなに染まらないでぇ!」って感じ。

7日後の色味や色持ちをチェック!

続いて重要な要素が「色持ちはどの程度なのか?!」という点です。

染毛直後はしっかり染まっていても、ほんの数日で色落ちしているようじゃあ、お金も手間もかかり結局、美容室に行ったほうが楽じゃん!っということにもなりますので。

で、今回のアシュレーカラートリートメントですが、色持ちも低レベルです。かなり。(汗)

こちらが7日経過後の毛束群です↓

もうなんか全体的に色がうっすーく掠れちゃっていますね。

もう一度、染毛直後の画像も見ていただきたいです↓

比較するとまだ染まりが悪いなりにも、染毛直後はそこそこ染料が入っているのが分かるかと。

7日経過後の毛束に目を向けると、全体的に退色しまくって”アッシュグレー”的な感じになっちゃっていますね・・・

1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
まずは色味の変化をチェックしていきます!染毛直後はソフトブラックに近いグレーっぽく染まっていました。

が!7日経過後の毛束を見ると、暗めに染まってたのに”アッシュグレー”っぽい色にまで染料が落ちています。

う~ん、色味的には寒色系のままなので、違和感はありませんが退色が、、、激しすぎる、、、

そして何度でも何度でも叫びたくなるのが「これ、ダークブラウンじゃねぇぇぇ!」

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

染毛直後もそこまでしっかり白髪をカバー出来ているって感じではありませんでした。

が、7日経過すると白髪部分もモロに出ている部分がチラホラありますね。毛先の方なんかは退色して白っぽくなっている部分がかなり露出しちゃっています。

ソフトブラック系の暗いカラーなのに、この色持ちの悪さはちょっと使い物にならないと思いますね。

全く白髪が染まらない!とは言いませんが、ブラック系のカラーだったら他にもっと色持ちの良いカラートリートメントもありますし・・・

このカラートリートメントでしっかり白髪をカバーしようと思ったら、3~5日に一回程度は再染毛が必要になるかと思います。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いてハイダメージの黄色の毛束をチェック!

ハイダメージ毛なだけあって染毛直後はガッツリ目に染毛が入ってました。そのため、7日経過してもそこそこ染料が残っている印象です。

黄色みも抑えられているので、あなたが「白髪の黄色味を抑えたいのよね~」っという場合は使ってみるのもあり・・・なのかも。

ダークブラウンじゃないけどねっ!!

【結論】染まりは悪いし、ダークブラウンに染まりません・・・

色持ちや染まりが悪いとは言え、パッケージに”ソフトブラック”と記載して販売してれば、、、まあ許容範囲内ではありました。(決してオススメ!とは言えませんが)

しかし!今回のアシュレーカラートリートメントは”ダークブラウン”っと記載しているにも関わらず、誰がどう見てもブラック系の色に染まっちゃいます。。。

私も今まで数々のダークブラウン系カラートリートメントを検証してきましたが、パッケージの表示と実際の染めた色の乖離ではワーストクラス。

もし、あなたが”ダークブラウン”に染まることを期待して、ワクワクしてコイツを使ったら間違いなくガッカリするだろうと思われます。

そして!染まりには直接関係無いのですが、これだけは言いたい!っと思ったのが「キャップが回転式でめっちゃ使いづらい!」という点。

一々、キャップを回転しないと開け締め出来ないので、ちょい足ししたい時なんかもかなり面倒です。なぜ、回転式のキャップにしてしまったのか・・・

染まりの悪さから、キャップまで使いづらさが際立つカラートリートメントだなぁと言うのが私の本音ですね。

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。