絶対に読んで!5つの激選記事はコチラ!
【元美容師が解説】白髪染めがバレたくない!3つの現実的な染め方とは?

元美容師Mです。

現役の時にけっこう多かったのが「白髪染めがバレない用に染めてください!」というオーダー。

一気に白髪染めしてイメージチェンジしてしまうと、「あっ〇〇さん白髪染めしたんだな・・・」っと思われてしまうのが嫌なんですよね。

白髪の量や生えている部分にもよるのですが、正直言って最終的には白髪染めしているのがバレます(汗)

ただし!”ジワジワ染めていく”事で一気にイメージを変えることを避ける事は可能です。

一夜にして白髪が黒髪に変化すると、なかなかインパクトがありますが、すこ~しずつ染めることでインパクトを薄めることはできます。

っという事で元カラーリストでもある私がバレにくい白髪染め3つの方法を当記事で提案させていただきたいと思います。

完全に白髪を染めなくても良い!白髪がバレる理由とは?

白髪染めを言うと完全に地毛に近い色にまで染めないとダメ!っと考える人もいるのですが、実は完全に染まらなくてもOKだったりします。

っとう言うのも白髪染めは完全に染まって地毛に馴染んでいる状態がベストではありますが、地毛に近い色に染めようとすればするほどバレやすくなるんですよね。

一気に白髪を黒に近い色に染めようとすると、コントラスト差が大きいので一気にイメージが変わります。

白髪が気になる!と言って暗く染めてしまうと「あれ?何か〇〇さん髪が暗い・・・白髪染めしたのかな?」っとバレてしまうんです。笑

ただ、一気に暗くしないである程度明るい色に染めるくらいであれば、コントラスト差が小さいのでイメージの変化が小さくバレにくい。

「バレないように染めたい」という人に限って言うと、しっかり染めすぎないで”ある程度地毛と馴染んでボカせている”状態ならアリですね。

しっかり染めるっと思って暗くなればなるほど一気に白髪が暗くなるのでバレやすくなる!というわけです。

であれば、一気に暗く染めるのではなく、ある程度白髪がボカせている!ってくらいの明るさに染めるのが正解。

では具体的にどうすれば良いのか?!解説してきます。

バレないように白髪染めする3つの方法

1,ヘアマニキュアで明るめの白髪染めをする

ヘアマニキュア限定ではありますが、やや明るめの色でマニキュアで染毛することで、一気に暗くしないで地毛と白髪をぼかせる程度に染めることができます。

市販でも色々出ているので、自分で染めるのもアリと言えばアリ。

【検証レビュー】7日後の色落ちは?ブローネヘアマニキュアの染まり具合を実験した結果・・・

通常の白髪染めで明るめの色で染めてしまうと、アルカリ剤が配合されているので地毛部分も明るく染まってしまい、全体的に髪が明るくなってしまいます。。。

しかし!ヘアマニキュアはアルカリ剤が配合されていないので、地毛部分に付着してもほぼ色の変化はありません。

なので、気になる白髪部分だけを”地毛よりもちょい明るめのヘアマニキュアで染める”ことで白髪バレを防ぎながら染めることが可能ってわけですね。

ただし!冒頭でも説明したように、一気に暗い色で染めたらコントラスト差が大きいので、バレます(汗)

そして、ヘアマニキュアの場合「皮膚に付くとまず1週間くらいは落ちない」ので、おでこについたマニキュアの染料で染めたのがバレるって可能性はありますね・・・

2,白髪染めカラーシャンプーを使う

あまりオススメ!とは言えないけどあなたが「どうしてもバレたく無い!」っというなら白髪染めシャンプーを検討をするのもアリ。

なぜオススメとは言えないのか?と言うと、ぜんっっぜん染まらないんですよね。悲しいほどに。(涙)

当ブログでも過去に白髪染めシャンプーが染まるのか?!実験しましたが、しっかり染まる感じではありませんでした。

全く染まっていない毛束を白髪の状態から10回程シャンプーしてもこのくらいしか染まりません。某有名白髪染めシャンプーでの実験した結果ですが・・・

染まっていない状態の毛束↓

10回シャンプーした結果がコチラ↓【元美容師が検証】本当に染まる?利尻カラーシャンプーで20回シャンプーした結果・・・

10回シャンプーしてやっと「グレーに染まったかな?」程度。白髪がちょっとボカせていれば良い!って人は良いのかも。

ただ、10回シャンプーしてこれじゃあコストパフォーマンスが悪すぎますし、染まりにくい人はもっと染まらないかと思います・・・

あなたの白髪が細毛で染まりやすい&気長に染まるのが待てる!という場合のみ試してみるのはありかもしれませんね。

3,白髪染めカラートリートメントを使う

元カラーリストとしては白髪染めカラートリートメントなんて!っと言いたい所なのですが・・・100品以上購入検証してわかったのが、ちゃんと使えば染まる白髪が染まる!っという事です。

以下の記事を読んで貰えば分かると思いますが、「えっ?本当にこれカラートリートメントなの?!」ってくらいキレーに染まっています。
【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

今まで美容室では普通の白髪染めしかしてこなかったので、ちょっと悔しい面もあるんですが白髪染めカラートリートメントは本当に白髪染まりますね(涙)

1,放置時間を調節できる

白髪染めがバレたく無い!って人にオススメできる理由が「放置時間で染まり具合を調節できる!」という点があるからです。

通常の白髪染めだと、一度発色し始めると一気に白髪部分が染まっていくので放置時間で調整することってかなり難しいんですね。

一方白髪染めカラートリートメントであれば、放置時間を短めにすることで”一気に白髪が染まる”のを防ぐことが可能。

2,地毛が明るくならない

更にカラートリートメントは地毛部分に付着しても、地毛が明るくならないので”地毛が明るくなることによって白髪染めがバレる”という事も無いです。

3,オデコなどに付いても染料が落ちやすい

そして、そして!ヘアマニキュアよりもかなり落ちやすいというのも利点の1つ。皮膚についても1週間も落ちないということは無いです。

以前当ブログの記事でヘアマニキュアとカラートリートメントが皮膚についた時、どのくらい落ちやすさが違うのか?を実験しました。

左がカラートリートメントで右がヘアマニキュアです↓

ここまでべっちょりべったり薬液が付くことは無いと思いますが、実験ということで。笑

10分ほど放置した後の結果がコチラ!↓

左はうっすーら染まっているくらいですが、右側は「デカイほくろか?」ってほど黒々染まっちゃっていますね・・・

どっちが良い?白髪染め「カラートリートメントとマニキュア」3つの違いとは?

流石にべったり付くと皮膚にも残りますが、圧倒的にヘアマニキュアよりも落ちやすいので、「オデコにカラー剤が付いたまま出勤しなくてはならない・・・」なんてことはほぼありません。

4,明るいカラーも選べる

カラートリートメントにもよるのですが、明るめのカラーも多いです。

「白髪がバレたく無い!」というならまずは明るめのブラウン系カラーから染めていく・・・っということも可能です。
【2019】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

もし、あなたが「暗めのカラーだと、放置時間で染まり具合を調整するのはちょっと怖い・・・」っというなら、まずは明るめのカラートリートメントで放置時間を短くするが良いかと。

私のオススメの白髪がバレないようにする使い方は

1、明るめのカラートリートメント
2、放置時間を短めにおいて流し、どのくらい染まるのか?様子を見る(本来の放置時間よりー5分くらい)
3,染まっているようであれば、2,3日連続で同じ放置時間で染め続ける

【注意】白髪染めサプリはオススメ出来ません

一部のサイトや広告では「白髪染めサプリで白髪が改善するからオススメ!」っと広告費目当てに書いているのを見かけます。

が、個人的には白髪染めサプリは意味が無いので、購入する必要は無い!っと思います。

理由は以下の記事に細かく書いていますが↓
【騙されるな!】飲む白髪染めサプリは効果なし!3つの根拠を暴露します。

現時点では白髪に効果がある成分なんてないんです。白髪の原因すら明確にはわかっていませんからね・・・

「黒髪ふさふさ」等白髪に効果が期待できそうな文言で宣伝し、勝手に消費者に白髪改善を期待させているだけの商品なんです。

消費者庁にも白髪に効果があるとは認められず、改善措置命令がでていますね↓

実際
前記アの表示について、当庁は、景品表示法第7条第2項の規定に基づき、アルトルイズムに対し、期間を定めて、当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めたところ、同社から資料が提出された。しかし、当該資料は、当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものであるとは認められないものであった。
出典:株式会社アルトルイズムに対する景品表示法に基づく措置命令について

人の悩みにつけこんで、平凡なサプリメントを高額な価格で売っているようにしか見えません(汗)

【まとめ】最も手軽なのはカラートリートメント。ただ、注意も必要です。

もし、あなたが「白髪染めバレ」したくない!というのであれば、現時点では白髪染めカラートリートメントを使うのが最善です。間違いなく。

ちょっとカラーリストとしては、カラートリートメントに頼るのは悔しい気もしますが・・・知らない間にカラートリートメントは本当に進化していました。

ただし!絶対に注意して欲しいのが商品選びです。

ちゃんと染まるカラートリートメントは本当にカラートリートメントなのか?ってほどガッツリ染まるのですが、染まらない商品は本当に染まらないです・・・
【元美容師が解説】白髪染めカラートリートメントは染まらない?5つのコツを全力でお伝えします!

私自身、白髪カラートリートメントを現時点で100商品くらい購入検証してしていますが、あまりにも染毛力に差がありすぎます。

なのであなたが私を信じてくれるなら、ぜひ、以下の記事も参考にしてほしいです↓
【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

トータル20万円以上自腹を切って検証しているので、ぜっったいに参考になるはずっ!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2019】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

おすすめの記事