【絶対落ちる!】白髪染めでお風呂場が汚れた?元美容師が3つの対策を解説します。

元美容師Mです。

お家でカラーリングをする際に悩むのが「お風呂場にカラーが染み付いてしまうのではないか?」という点ですね。

ただ、必要以上に怯える必要はありません。予め超簡単な対策をねっておけば、お風呂場が汚れる事なんてほぼありません。

”美容室をカラーで汚しては綺麗に・・・”をくり返してきた、この私、元美容師Mがお風呂を汚さない3つの対策を伝授していきます!

【画像有り】カラーの原液が付くどのくらい汚れる?

まずはカラートリートメントが直接お風呂場に付いてしまうとどの程度汚れてしまうのか?あなたにも見て頂きたいです。

このようにカラートリートメントをそのまま「べちょっ!」っとお風呂場の壁につけみます↓
実際にはお風呂に入る時は髪にカラートリートメントを付けている状態なので、原液がこのようにそのままベチョッっと壁に付くことはほぼありませんが、実験なのであえてそのまま付けます。

この状態で30分程放置して、シャワーで流して見ると・・・

こんなに染まってしまいます・・・

ただ、カラートリートメントを流す時はお湯で薄まっている状態で、壁に付着するのでここまでガッツリは染まりません。

が、頭からポトッっとカラートリートメントの液が落ちればこのくらい染まっちゃいます。

流石にこれだけベッチョリ付いたまま30分も放置することは考え難いですが、一応検証と言うことで。

「カラーをする度にこんなに汚れるのは絶対に嫌だ!」っという事で3つの対策を解説してきますね!

この対策を覚えておけば、カラーをする度にお風呂がどんどん染まっていってしまうなんてことは絶対に無くなります。

お風呂場を汚さない為の3つの対策を解説

1,予めシャワーでお風呂場を濡らしておく

まずお風呂でカラートリートメントを流す前にぜっったいにやっておくべき項目がコレ!

お風呂場全体をシャワーで濡らしておきましょう。

何も難しいことは考えず、シャワーに入る際にお湯が温まるまでの間お風呂全体をシャワーで濡れせばすればいいだけです。

予め水でコーティングしておけば、万が一カラートリートメントが付いてしまってもかなり!かなり!かなり!落ちやすくなります。

本当にコレやるだけでも、落ちやすさは雲泥の差で変わるので騙された!っと思って絶対にやってくださいね。

2,激落ちくんを準備しておく!【最重要】

私自身、カラートリートメントを90種類程度検証しまくってお風呂場も汚れることもありますが、激落くんで落ちなかった事は殆どありません。

この四角いキューブさえ準備しておけばもう何も心配は必要なし!もうね。これさえ用意しておけば、ほぼ完全に汚れを落とすこと出来ます。(私も美容室でカラー落とすのに使っていましたし)

論より証拠。っという事でどのくらい激落ちくんで壁についてカラー剤が落ちてくれるのか?見てください↓

完・全に落ちています。

しかもこれ、カラートリートメントを流して薄まった液じゃなくて、トリートメント原液でべちょっと染まってしまったカラーですからね。

頭を流した時についてしまった程度のカラーだったら、余裕で落ちてくれます。

今まであらゆる材質の壁をカラーで汚してきましたが、これで落ちなかった事はほぼありません・・・

しかも!100円均一で大容量のものが購入できちゃいます。今回検証に使ったものも100円で売られていた安価なものです↓

もし、あなたがお家でヘアカラーを検討しているなら、予め100円均一などで激落ちくんを準備しておきましょう!

3、どうしても落ちない場合の最終兵器

どうしてもカラーが落ちない!と言う時はコイツの出番です↓

もう私が説明するまでも無いですが、カビキラー的な漂白剤です。液体系の物もありますが、お風呂場で使うと流れていってしまうので、泡で出るものがオススメ。

これで落ちない可能性はほぼ0と言っても良いです。

しかし!一々、カラーをする度に漂白するのはめんどくさすぎるので、やはり一番は予めお風呂場を濡らしておいて、激落ちくんでこするのが良いかと・・・

私自身、自宅でカラーをしたり検証の為にお風呂場でカラートリートメントで染毛することも多くあるのですが、コイツの出番が来たことはまだ一度もありません。

美容室に勤務していた時に「どうしても落ちねぇ!!」っ時は使ったりしたこともありますが本当に最終兵器ですね。

「お風呂場でカラートリートメントのチューブを踏んづけて、中身が飛び出した!」なんて事故でも起きない限り、漂白剤の出番は無いかと(汗)

【まとめ】カラートリートメントがそのまま壁に付く可能性はかなり低い。

カラー落とす為の専用リムーバーなんかも販売されていたりしますが、ハッキリ言って必要ないです。

普通に市販で売られている激落ちくんさえ用意しておけば、万が一ベッチョリと壁にカラーが付いてしまったときでも余裕で対処できますので。

ただ、そもそもなのですがカラートリートメントがそのまま壁にべちょっと付くことってほぼ無いんですよね。。。

お風呂場で付きやすいのは”カラートリートメントを流す時”なので、薄まった状態のカラーが付くだけです。

薄まった状態のカラーが多少ついたりしても、シャワーで流せばほぼ落ちますので、激落ちくんの出番さえ無いかもしれません。(とは言え万が一の為に用意しておきたいところ)

なので、必要以上に「お風呂場が汚れたらどうしよう・・・」っと不安になることも無いかなぁ?っと思います。

もし、あなたが「カラートリートメント挑戦しいけど、お風呂場が汚れたらどうしよう?」もしくは「既に汚れてしまっている!」と言う場合はぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。