【元美容師が口コミ】ビゲンカラートリートメント(アッシュブラウン)7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

美容室向けにカラー剤なども販売しているホーユーさんのカラートリートメント『ビゲン』シリーズの”アッシュブラウン”の色持ち&7日後の色落ち加減を徹底検証していきます。

美容室向けにもカラー剤などはんばいしている老舗ともいえる会社なので、「もしや、安価なのにかなり染まりが良いのでは?」っと期待したのですが・・・

結論から言うと今回の”アッシュブラウン”も染まりから、色持ちまでかなり微妙な結果に終わりました(汗)

っということでなぜ色持ちが悪いと言えるのか?白髪染めを1000回以上はしてきた私が、実際にビゲンで染めた毛束を載せながら解説していきますね!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

画像左の白の毛束でカラートリートメント自体の、”色味”を見て、中央では白髪に染めた場合の”染まり具合”をチェック。

更に右の黄色の毛束では黄色っぽい毛束に染めた場合の染まりを見ていきます。

そして記事後半ではより現実に近い7日後の色持ち具合をチェックする為に、色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回繰り返してチェックしていきます。

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

ビゲンのパッケージにもデカデカと「5分ッ!」と書かれているので5分で染まりそうですが、殆どの人は5分じゃ染まりません。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でビゲン カラートリートメント(アッシュブラウン)で染めた結果がコチラ↓

前回の”ナチュラルブラウン”はやや温かみの感じられる赤みを感じられるブラウンだったのですが、”アッシュブラウン”らしくかなり”アッシュグレー”っぽい色味に染まりました。
【検証】7日後の色持ちは?ビゲン カラートリートメント(ナチュラルブラウン)の染まりを全力レビュー!

公式サイトを見ると明るさ的には”ダークブラウン”と同じ明るさなのですが、寒色系の色味なのでやや暗めに見えます。

色味としては”アッシュブラウン”というかもはや”アッシュグレー”と言う感じの色味ではありますが、個人的には好きな色味ですね。

ただし!肝心の染まりが結構悪いんです。市販品というのを考慮してもこれじゃちょっと、白髪染めとしての機能を果たせるか疑問です。

なぜ染まりが悪いと言えるのか?!1つずつ毛束を見ていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは白の毛束からチェック。色味的には上記でも書いたように”アッシュグレー”という感じの色味で綺麗です。

色の好き嫌いは個人差があるので、あなたに押し付けることはしませんが、アッシュ系が好きな人であれば”色味”だけみればGOOD。

ただ、、、やはりというか市販の限界とも言うべきなのか、色の入りがかなり悪いです(汗)

染毛直後で30分置いたにも関わらず、全体的にちょっと白っぽいんですよね・・・

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪がどの程度染まるか?ですが、色自体は入っています。入ってはいるのですが、、、やはり染まりが悪いッ!

画像で見ても分かるくらいに白髪部分はキラキラと”白髪浮き”しちゃっています。色自体は入っているんですけどね。

特に手前のちょっとハネている白髪に関しては、ほぼ白髪のままですね。あなたが既に通常の白髪染めをしていて色が落ちてきたから染料を足すと言う使い方ならありだとお思います。

が!コレ単体で白髪をしっかりカバーするのは、3,4回くらいは連続で染める必要がありそうです。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

黄色みはしっかり抑えられています。あなたが「白髪をしっかり染めると言うよりも黄色っぽいのを抑えたい」という場合には使ってみるのはありかと。

色相環的にも、寒色系は黄色の反対色なので嫌らしい黄色っぽさを抑えてくれる効果は期待できますので。

7日後の色味や色持ちをチェック!

カラートリートメントと言えば染毛直後の染まり具合と同じくらい重要なのが『色持ち』です。

どんなに染毛直後しっかり染まっても、たった数日で色落してしまえば、それだけコストも時間もかかります。

当ブログではただ7日間毛束を放置するだけじゃなく、カラーの一番の色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回連続で繰り返し、より現実に近い色持ち具合を再現していきます。

ということで、7日経過後の毛束ちゃん達がコチラ↓
以前「DHCのカラートリートメントが最も色落ちが激しい!」と書きましたが訂正。

コチラのビゲンの方がより色持ちが悪いです(汗)もう誰がどう見ても白髪が見えちゃっていますし、染毛直後と比較すると、「1ヶ月位経ったんじゃないか?!」ってくらい色落ちしちゃっています

こちらが染毛直後の画像↓

染毛直後を見ると「結構イケるか?」と思えるくらいに暗くはなっていますが、7日経過すると微かに染料が残っているだけですね・・・

パッケージには5分!っと書かれているんですが、30分置いてもこれだけ色が退色するのを見ると、5分だけで染めるとか、もはや恐怖です。

また1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

上記でも書いたように染毛直後はそこそこ色が入っています。

っと言うか7日後の毛束と比べてしまうと”しっかり色が入っているような錯覚に見舞われます。

染毛直後は”アッシュグレー”っぽい色味に染まってはいますが、7日経過すると色が退色しまくって”アッシュ”になっていますね。

アッシュ系の色味はかなりカッコいい色味ではあるんですが、白髪に近い色味なのでカバーし難いんです。

っという点を考慮すると、この色落ち具合で”アッシュ系”を選ぶのはやや無謀かと思います。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

続いて7日後の白髪の染まり具合。なのですが・・・もはや私が説明しなくても良いくらいに激しい退色加減がお分かり頂けるかと。

染毛直後はまだ、白髪部分に色は入っているかなぁと言う感じでした。

が!7日も経過するとチラホラどころか全体的に白髪が露出してしまって、もう白髪染めとしての機能は果たしておりませぬ(汗)

う~ん。いくら市販で800円程度とは言え、これだけ色落ちが激しいのであれば、2~3日に一回くらいは再染毛は必要かと思います。

結局、3000円程度のカラートリートメントと対してコストは変わらない気がします。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
黄色みについては7日経過しても抑えられています。ちょっとマット(緑)っぽい色味に変化していきていますね。

圧倒的に緑!ってわけではないので、そこまで気にならないかと思いますが、あなたが「マット系は嫌い!」っというなら、早め早めに再染毛が必要かと思います。

【結論】色味は綺麗だが、色持ちは「絶望的」

カラートリートメント自体の色味はかなり綺麗な”アッシュグレー”なんです。アッシュ”ブラウン”じゃなくてアッシュグレーですね。

アッシュ系が好きな人にとっては大好物な発色ではあるのですが、ハッキリ言ってしまうとやはり「染まりが悪いッ!」です。

染毛直後に関しては、連続で3~4回染めてあげれば色は入り易いですが、結局それだけ手間とお金がかかります。

だったら、もっと染まりが良いカラートリートメントを最初から使ったほうが無駄なコストと労力を省けるかと。

一番気になるのは「色の持ちが絶望的に悪い!」という点ですね。

これまで数十種類以上はカラートリートメントを検証していきましたが、1,2位を争うほど色持ちは悪いと感じました。

他メーカーの『プリオール』というカラートリートメントもかんなり色持ち悪かったのですが、それと良い勝負ですね・・・
【3色全部比較!】即購入注意!あなた向きのプリオールカラーコンディショナーはどれ?

全てのビゲンカラートリートメントを検証しましたが、今回のアッシュブラウンはビゲンの中でも圧倒的に色持ちが悪いです。
【全4色比較!】コスパ悪い?『ビゲン カラートリートメント』の色落ち、色味を徹底レビュー!

もし、あなたがビゲンカラートリートメントを検討しているならぜひ参考にしていただければ!と思います。

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。