【元美容師が評価】ビゲン白髪トリートメント(ダークブラウン) 7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

今回は何時でもどこでも購入出来る『ビゲンカラートリートメント』シリーズの”ダークブラウン”の”色味”や7日後の色持ち具合を徹底検証していきます!

ビゲンはプロ用のカラー剤を販売しているホーユーさんが販売しているトリートメントなので、めっちゃ染まる!っと思いきや正直言うと染まりも、7日後の色持ちもかなり微妙ーな感じです。

っというのも”ダークブラウン”と言う割に他メーカーさんと比較すると、かなり明るい色味なんですよ(汗)

もし、あなたがビゲンの”ダークブラウン”を検討しているなら、ぜひぜひ当記事を参考の1つにしてみてください!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

画像左の白の毛束でカラートリートメント自体の、”色味”を見て、中央では白髪に染めた場合の”染まり具合”をチェック。

更に右の黄色の毛束では黄色っぽい毛束に染めた場合の染まりを見ていきます。

そして記事後半ではより現実に近い7日後の色持ち具合をチェックする為に、色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回繰り返してチェックしていきます。

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

ビゲンのパッケージにも「5分」っとデカく書かれていますが、5分だけで染まる人ってほぼいません・・・

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でビゲン カラートリートメント(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓

当然ですがコレより一段階明るい色設定の”ナチュラルブラウン”よりは、ややしっかりめに染まってはいます。
【検証】7日後の色持ちは?ビゲン カラートリートメント(ナチュラルブラウン)の染まりを全力レビュー!

っと言っても正直言うと”ダークブラウン”と言う割にはちょっと明るすぎるっ!っというのが私が感じた率直な感想です。

他メーカーさんが販売している染まりが良い”ダークブラウン”よりは明らかに明るめで、ダークブラウンというよりも”ピンクブラウン”というような色味に染まっています。

ダークブラウンを選ぶ人の大半は「しっかり目に染めたいけれど、必要以上に暗くしたくない」と言う人ですが、これだとちょっと明るすぎイメージ違いが起こる可能性が高いかと。。。

また1つずつ毛束を見ていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは白の毛束でカラートリートメント自体の色味をチェック!

色味的には上記でもお伝えしたように”ダークブラウン”のダーク感は無く、ほんのり赤みを感じる”ピンクブラウン”くらいの色味です。

色味的には悪くない、、、悪くは無いんですが、染まりが悪いからか全体的にしっかり色が入っている感じがせず、白っぽさが残っちゃっています・・・

個人的には。ダークブラウンならもっと深いブラウンの色設定であるべきだと思いますね。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

そして肝心の白髪がどの程度染まるのか?ですが、しっかり染まっているっという感じでもないし、だからと言って全然染まっていなか?というとそうでもなく。。。

染まっている部分は染まってはいるのですが、やはり染料が薄すぎるのか?チラホラと染まっていない白髪が見えていますね。

画像手前あたりなんかはほぼ染まっていなく、そのまま白髪が丸出しの毛が数本みえちゃっています(汗)

むぅぅ、、、ダークブラウンというのであれば、もう少ししっかり目に染まって欲しい所。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

黄色の毛束に関しては、割としっかりめに色が入っています。

黄色の毛束はブリーチ毛でダメージがある毛束なので、他の毛束よりもしっかりと色が入っている感じですね。

あなたが通常の白髪染めを何度も繰り返して、ダメージが酷い!っという場合はそこそこ色が入りやすいかと思います。

ただ後述しますが、ダメージによって色が入りやすいということは、その分色が抜けやすいとも言えるのでその点は要注意。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後も大事ですが、もっと重要な点が”どのくらい色が持つのか?”という点です。

いくら市販で購入できるカラートリートメントとは言え、たった数日で色が落ちていしまっては、お金もコストも結局かかりまくります(汗)

7日経過後の毛束たちがコチラ↓

誰がどう見ても一瞬で「色が変わっているッ!」っと感じて頂けるくらい退色しちゃっています。

もちろん、カラートリートメントなので7日も経過したら必ず退色はするものなんですが、それにしても退色は激しめです・・・

もう一度染毛直後の画像と比べてみましょう!↓

元々、しっかり色が入っている!って感じではなかったのですが、日にちが経過することで更に”ダークブラウン”から遠ざかった色味になっています。

”ピンクブラウン”から”ピンクアッシュ”のような色味になっちゃっていますね。

それではまた、1つずつ毛束を吟味していきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
もう完膚なきまでに、退色しちゃっています。。。”ピンクブラウン”⇛”ピンクアッシュ”に変化した感じ。

変化したと言っても、髪の毛の染料が落ちて薄くなっただけなんですが・・・

私自身、あらゆる白髪用カラートリートメントを数十種類以上は検証してきましたが、色持ちに関して言えばトップクラスに悪いです(汗)

別メーカーの『プリオール』というカラートリートメントもかなり色持ちが悪かったのですが、あちらはそもそも最初から染まっていませんでした。
【レビュー】7日後の色落ちは?プリオールトリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底検証!

ただ、こちらのビゲンは染毛直後はそこそこ色が入っているにもかかわらず、日にちが経過すると色味が変わっている!っというほど退色しちゃっています。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

続いて白髪の毛束です。染毛直後は染まっている部分は染まっていましたが、7日も経過すると全体的に退色して白髪がカバーしきれていません。

完全に白髪部分が露出しているってほどでは無いですが、全体的に白髪部分が”白髪浮き”しだし、数本が白髪丸出しっという感じ。

7日経過後の退色の激しさで言えば1,2位を争うほど、色落ちが激しい・・・っと言わざるを得ませんね。

もし、あなたがしっかりビゲンで白髪をカバーし続けたいなら、2~3日に一度程度、再染毛が必要になってくるかと。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

黄色のダメージ毛も染毛直後はガッツリ色が入っていったのですが、日にちが経過するとやはり退色が激しいです。

ただ、嫌らしい黄色味自体は抑えられているので、あなたが「白髪をしっかり染めると言うよりも、黄色味を抑えたい」というなら使ってみるのはアリ!かと思います。

ただ、やはり色持ちは悪いので、最低でも1週間に一度くらいは再染毛が必要になるかとは思います。

【結論】とにかく色持ちが悪いです。コスパも悪いか・・・

カラーリストとして1000人以上は白髪染めしてきた私の意見を言うと「”ダークブラウン”にしては色が明るい!」っというのと、「とにかく色持ちが悪すぎぃ!」という2点がとにかく気になりました。。。

一見すると、市販品でドラッグストアなどで800円程度で購入出来るので、「安くて染まるならコレでいいじゃん!」と思いそうですが、2,3日に一回くらい再染毛が必要になるかと思います。

なので、他メーカーさんの色持ちが良いカラートリートメントと結局は同等くらいコストがかかるかと。

ただ、染毛の手間は2倍、3倍かかりますので、わざわざこのカラートリートメントじゃなくても・・・っと感じたのが私の心からの本音ですね。

プロ用のカラー剤なども販売しているホーユーさんなので「カラートリートメントの市場をぶっ壊してくれるのか?」っと期待したのですが・・・

あえて、染毛力を抑えて差別化を図っている?のかまでは分からないですが、『ビゲンダークブラウン』はちょっとオススメとは言えません。

もし、あなたがビゲンを検討しているなら、ぜひぜひ1つの検討材料にしてみてくださいm(_ _)m
【全4色比較!】コスパ悪い?『ビゲン カラートリートメント』の色落ち、色味を徹底レビュー!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。