【元美容師が検証】ビゲン カラートリートメントの全4色比較&選び方を解説!

元美容師Mです。

ホーユーさんから販売されている市販のカラートリートメント『ビゲン カラートリートメント』の全4色の”染まり具合”&”7日後の色持ち”を徹底比較検証していきます。

市販でいつでもどこでも約800円程度で購入できちゃうので「これで染まるならコスパ最高じゃんッ!」っと思ったのですが・・・

実際に染めてみると「コスパ悪ッ!」っと思っちゃったのが、私の本音です(汗)っというのも全ての色に置いてとにかく色持ち悪いんです。

もし、あなたが「ビゲンはしっかり染まるの?」「どの色なら染まりやすいの?」っと疑問をお持ちなら是非是非、当記事を参考にしていた誰ば幸いです。

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束ではカラートリートメントの”色味”、中央の白髪の毛束では”白髪に染めた時の染まり具合”、そして一番右の黄色の毛束では黄色い毛束

に染めた時の染まった感じを見ていきます!

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

『ナチュラルブラウン』

ビゲンのシリーズの中でもっとも明るいカラーがこの”ナチュラルブラウン”になります。

明るいカラーは染料が少なめに調整されているので、どうしても染まりにくい傾向があるのですが今回のビゲンも染まりは良いのですが、とにかく色持ちが悪いんです。

私自身、カラーリストとしても1000人以上は白髪染めをしてきた経験からいうと、「これでしっかり白髪をカバーするのは難しいッ!」っと思っちゃいました。

っということで画像を見てくださいね!↓

ナチュラルブラウン 毛束に染めた直後

「市販のカラートリートメントだから、全く染まらないのでは・・・」っとビクビクしながら検証してみましたが、一応色は入りました 笑

800円という価格にしてはそこそこ色の入りは良い方です。っと言ってもやはり他メーカーさんの3000円クラスのものなどと比較しちゃうと、色の入りはかなり甘いです。アンパンよりも甘い。

特に中央の白髪の毛束に注目してみると、色は入っているものの白髪部分がピカピカ光ってしまって”白髪浮き”していますね。

あなたの白髪がたった数本とかであれば、染まらないなりにも白髪をボカスことくらいは可能だと思います。

が!染毛直後でこの染まり具合じゃあ、白髪をしっかりカバーするのはほぼ無理かと(汗)

ナチュラルブラウン7日経過後

ビゲンのカラー全てに言えるんですが、染毛直後はそこそこ色が入るのですが、とにかく色持ちが悪いんです・・・

上記の”7日経過後”の画像を見て頂ければわかる通り、7日も経過すると退色しまくって”ナチュラルブラウン”から”ピンクアッシュ”っぽい色味に変化しちゃっています。

中央の白髪の毛束に関しては、”白髪浮き”どころか”白髪丸出し”状態にまで退色しちゃっていますね(汗)

私自身、数十種類以上はカラートリートメントを検証してきましたが、「トップクラスに色持ちが悪いッ!」っと叫びたくなるほどに色持ちが悪いです。

より詳しい”ナチュラルブラウン”のレビューはコチラも参照してください↓
【検証】7日後の色持ちは?ビゲン カラートリートメント(ナチュラルブラウン)の染まりを全力レビュー!

『ダークブラウン』

ナチュラルブラウンよりも一段階暗めに設定されているのが”ダークブラウン”になります↓「ブラウンほど明るいのは嫌だけれど、ブラックほど暗いのは嫌ッ!」っという人向けのカラー設定ですね。

ただ、、、ビゲンの”ダークブラウン”は他メーカーさんの物と比較すると、明るすぎッ!っていうのが私の心からの本音です。

正直言って、”ダークブラウン”だったらもっと暗めの設定じゃないと”イメージ違い”が起こるかと。

「え?そんなに明るいの?」というあなたにも是非是非見て頂きたいです↓

ダークブラウン 毛束に染めた直後

色自体は染毛直後ということもあり、そこそこ入ってはいるんです。入ってはいるんですが・・・

「”ダークブラウン”にしては明るいッ!」

っというのが心からの本音です。ダークブラウンと言うよりかは”ピンクブラウン”くらいの色設定ですね。

ダークブラウンを選択する人の多くは”暗すぎず、明るすぎずでしっかり白髪を染めたい”と言う人が大半です。

ただ、ビゲンの”ダークブラウン”はかなり明るめの設定なので、「あれ?思ったよりも明るい・・・」っとイメージ違いが起こる可能性が高いです。

そして色がそこそこ入っていると言っても、白髪部分についてはチラホラと染まっていな部分も目立っています。

ダークブラウン7日経過後

ナチュラルブラウンと同じくやはり色持ちはかなり悪いです・・・

染毛直後は一応”ピンクブラウン”くらいには色が入っていましたが、7日も経過するともはや”ピンクアッシュ”のような色味まで退色しちゃっております。

そして肝心の白髪部分については全部の白髪が丸出しまでは行かないものの、全体的に”白髪浮き”して数本がそのまま”白髪丸出し”状態に。

白髪カラートリートメントの色持ちで言えば、1位、2位を争うほど、色持ちが悪い!です。

”ダークブラウン”のより詳細なレビューはコチラも参照してくださいね↓
【検証】7日で色落ち?ビゲン カラートリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底レビュー!

『アッシュブラウン』

明るさ的に”ダークブラウン”と同等なのですが、ダークブラウンが”暖色系”の色味だったのに対して、こちらは寒色系の色味に設定されています。寒色系は個人的に大好きな色味ではあるのですが、、、やはりこの”アッシュブラウン”も染毛力が低すぎると思います。

とあなたにも是非是非見て頂きたいです↓

アッシュブラウン 毛束に染めた直後

色味自体はパッケージに書いてあるとおり”アッシュ”感が出ていて綺麗な色味です。”アッシュブラウン”というよりかは”アッシュグレー”といった感じの色味。

色味だけ見るとかなりGOOD!!で綺麗な色味なのですが、、、やはり気になるのが白髪が”浮きまくり”という点です。

白髪の毛束を見ると”染毛直後”にも関わらず、画像でもみて分かるくらい”白髪丸出し”の毛がチラホラ確認できます。

ビゲンのパッケージにはデカく「5分!」っといかにも5分で染まるような書き方がされていますが、本当に5分で染まる人がいるのかかなり疑問です。っというか5分で染めるのは殆ど無理かと。

アッシュブラウン7日経過後

正直言って、色持ちが悪いビゲンの中でも最も色持ちが悪い!っと感じました。

白の毛束に関しては、”アッシュグレー”から激しく退色して”アッシュ”にまで色が変化しちゃっております。

白髪の毛束なんてもはや、ほぼ全ての白髪部分が露出してしまっており、白髪をカバーしきれていません(汗)

寒色系は暖色系の色味よりも染料の分子が大きく退色しやすいので仕方ない部分はありますが・・・ちょっとこれは口が裂けてもオススメとは言えませぬ。
【レビュー】7日で色落ち?ビゲン カラートリートメント(アッシュブラウン)の染まりを徹底検証!

『ナチュラルブラック』

今回の4つのビゲンの中で最も暗く、最もマシなカラーがこの”ナチュラルブラック”です。ビゲンの中では最もマシ・・・っと言ってもやはりビゲンこのブラックに関してもかなり色持ちは悪いです。

まずは実際に染めた毛束を見ていきましょう!

ナチュラルブラック 毛束に染めた直後

色味的にはGOOD!”ナチュラルブラック”と書かれていますが、ブラックというよりも”ダークグレー”と言う感じの色味に染まりました。

ブラックにしてはやや明るい気がしなくもないですが”ナチュラル”なブラックなので、これはこれでアリかなぁと。

肝心の白髪部分についても、「ほんの数本だけ浮いている?」くらいなもので、市販でここまで染まるなら普通に合格レベルかと思います。

ナチュラルブラック 7日経過後

やはりビゲンはシリーズ全体的に色持ちがかなり悪いようです。。。

染毛直後は”ナチュラルブラック”らしく”ダークグレー”くらいには染まっていましたが、7日も経過すると”アッシュグレー”のような色にまで退色しております。

ブラック系のカラーは染料が多く入っているので、色持ちも比較長持ちするものが多いのですが、ビゲンのブラックは7日間は絶対に持たない感じ。

ただ、白髪浮きしている毛もあるにはありますが、他のカラーと違って”白髪が丸出し”とまでは行きません。ビゲンの中では間違いなく色持ちは最も良いですね。
【レビュー】7日後の色落ちは?ビゲン カラートリートメント(ブラック)の染まりを徹底検証!

【結論】色持ちが悪すぎるのでコスパ悪いと思います。

市販で800円程度で購入できるので「コレで染まるならもうコレでいいじゃんッ!」っと思いましたが・・・

やはり安かろう悪かろうなのか、色持ちが全カラートリートメントの中でもかなり悪いです。

パッケージには堂々と「5分!」っと書かれていますが、30分置いても染まりが悪いので、しっかり染めようと思ったら本当に3~5回くらい一度に使わないとキビシイです。

色持ちに関しても他メーカーさんのカラートリートメントと比較しちゃうと、半分くらいの日数しか色持ちしないので、結局それだけお金と時間がかかるかと。

ビゲンを販売しているホーユーさんはプロ用のカラー剤なども美容室向けに販売しているので、もしかしたら・・・っと思いましたが、かなりビミョーでした。

あえて染毛力を落として差別化しているのかも知れませんが、これでしっかり白髪を染続けるのは無理がある気がします(汗)

それでも、どうしてもあなたが『ビゲンカラートリートメント』を使ってみたい!っというならば、以下のように選べば失敗の可能性は少なくなるかと思います

白髪が数本、目立たないところにある⇛ナチュラルブラウン

”ブラウン”くらいの明るさで白髪が染まりやすい人⇛ダークブラウン

頻繁にカラーチェンジしたい人⇛アッシュブラウン

暗めのカラーが好きで頻繁に染められる人⇛ナチュラルブラック

もし、あなたがビゲンカラートリートメント選びで迷っているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。