【元美容師が評価】ビゲンカラートリートメント(ナチュラルブラウン)7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

今回はホーユーさんから販売されている『ビゲンカラートリートメント』のナチュラルブラウンの”染まり具合”や”7日後の色持ち”を徹底検証していきます。

販売会社のホーユーさんは美容室にもプロ用のカラー剤などを販売している業者なので、「もしやメチャクチャ染まりがいいのでは・・・」っと期待したのですが・・・

結論から言ってしまうと、やはり800円くらいの価格帯ということもあって仕方ないのか「めちゃ色持ちが悪いッ!」と言う結果になってしまいました(汗)

では実際にビゲンナチュラルブラウンで染めた毛束を見ながら、本当に色持ちが悪いのか?!一緒に見ていきましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束ではカラートリートメントの”色味”、中央の白髪の毛束では”白髪に染めた時の染まり具合”、そして一番右の黄色の毛束では黄色い毛束

に染めた時の染まった感じを見ていきます!

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

ビゲンのパッケージにも「放置時間5分」っと書かれてはいるんですが、5分で染まる人ってほぼいないレベルです・・・

相当白髪が軟毛で染まりやすく本数も少ないなら、5分でも染まるかもですが、私の経験上ほぼ染まらないかと思います。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でビゲンカラートリートメント(ナチュラルブラウン)で染めた結果がコチラ↓
染毛直後の私の感想としては「思っていたよりも綺麗な色味で染まった!」というのが率直な感想です。

いやいや、正直800円くらいで買えちゃう商品なので「ホーユーさんとはいえ、ぜんっぜん染まらない可能性もあるなぁ」と不安もあったのですが、キッれーなほんのり赤みを帯びたブラウンに染まりました。

ただ、やはり市販の限界とも言うべきなのか色味は綺麗なものの、3000円クラスのカラートリートメントと比べると色の入りは「かなり悪めです。」

ビゲンの中では最も明るい色味設定ではありますが、染まりが悪いというは間違いなく断言できます。

また1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な”色味”のチェックです。色味自体はナチュラルブラウンにふさわしく、ほんの~り赤みを帯びているブラウン色です。

赤みを帯びていると言っても、嫌らしい赤さは無いですし、よほど赤みが嫌い!って人でも無ければ誰が染めても満足出来る色味可と思います。

ただし!毛束を見ると分かるのですが、染毛直後にも関わらず色の入りが悪く、ブラウンの中に白っぽさも感じられます。

価格帯を考えればあまり贅沢は言えませんが、、、やはり高価めなカラートリートメントとは比べ物にならないほど染まりは悪目ですね。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

白髪に染めた場合ですが、白髪の毛束と同じく全体的に色が入ってはいます。入ってはいるんですが・・・

よーく画像を見るとおわかり頂けると思いますが、白髪部分はピカピカ光って”白髪浮き”しまくっています(汗)

染まりにくい人は2度、3度連続で染めることでもっと色は入るかとは思いますが、それにしたって色の入りは悪すぎです。

パッケージには「5分で染まる」っと書いてあるのですが、これで5分で染まる人って、そうそういないような気がします。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いて黄色の毛束。色は入っていますし黄色みも抑えられています。まさにナチュラルブラウン!ッと言った感じの綺麗な色味に染まっていますね。

あなたが黄色みを抑えたい!と言う場合に使ってみるのはアリかなぁと思います。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後と同じくらい重要なのが”どのくらい色が持つのか”という点です。

どんなに染まりが良くても2,3日で色が落ちているようじゃ、使い物にならないですし、美容室に行ったほうがお金も時間もかからないっと言うこともありえます。

っということで、コチラが7日経過後の毛束達↓

結果的に言うと私自身、数十種類以上のカラートリートメントを検証していきましたが、「トップクラスに色持ちが悪いッ!」です(汗)

市販品だから仕方ない・・・っと言いたいところもあるのですが、これだったら普通に美容室に行くか普通の白髪染めをした方が絶対に良いかと。

今一度、染毛直後の画像と見比べて見てください↓

染毛直後はそこそこ綺麗なブラウンに染まっていたものの、7日も経過するとかなり、かなり染料が落ちてしまっていますね。

「5分で染めるとかぜっっったい無理だろっ」っと思わず呟いてしまうほど、色持ちは悪いです。

また1つずつ毛束をチェック、チェック!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
お分かりいただけただろうか?”染毛直後”はまあまあ綺麗なブラウンに染まっています(ちょっと白っぽさは出ていますが)

しかし!7日経過後を見ると、もう見るも無残な姿に・・・かろうじて白の毛束に染料が多少残っている感じはするものの、誰がどう見ても白髪!っというのがお分かり頂けるかと思います。

もちろん、カラートリートメントなので7日も経過すれば、どうしても色落ちは避けられません。

がこれだけ色が落ちまくるのは、同じく市販品の『プリオール』くらいですね。

【3色全部比較!】即購入注意!あなた向きのプリオールカラーコンディショナーはどれ?

うーん、ちょっと「擁護出来ないレベルに退色が激しい」というのが私の心からの本音です。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いてどれだけ白髪がカバー出来ているのか?ですが、コチラについても完全にOUT。

染毛直後からして、”白髪浮き”がかなり目立っていますが、7日も経過すると全体的に退色してしまって”白髪浮き”どころかモロに”白髪丸出し”状態にまでなっています・・・

白髪染めも販売しているホーユーさんだからもう少ししっかり白髪をカバー出来るかと思ったのですが、期待外れな結果に。

うーーーん。どれだけ甘く評価してもこれをオススメ!とは口が裂けても言えませんし、私の友人や親族が白髪に悩んでいても絶対にすすめられません。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いて黄色の毛束ちゃん。染毛直後は自然なブラウンに綺麗にそまっていましたが、退色してやや赤みを帯びてきています。

色味的には悪くはないのですが、見比べると分かる通り退色が激しいので、わざわざこのカラートリートメントじゃなくても・・・感はかんじますね。

【結論】”色味”は良いが、”色持ち”はかなり悪いです。

染毛直後については市販ながらも、そこそこきれいなブラウンに染まっていたので「この値段ならありっちゃありかなぁ?」っと思いました。

が!やはり色持ちは悪すぎます(汗)私自身数十種類以上のカラートリートメントを検証していきましたが、1,2位を争うほど色持ちは悪いと感じました。

800円くらいで購入できるので「コレで染まれば最強じゃんっ!っというか美容室も白髪染めもいらないじゃんっ!」っと興奮していましたが、ちょっと残念な結果に。

ホーユーさんはカラートリートメントだけでなく、通常の白髪染めも販売しているので、差別化の為にあえて染毛力を下げているのかも知れませんが・・・

この商品単体で白髪をどうにかしようとは、全く思えませんでした。

もし、あなたが既に白髪染めやカラートリートメントをしているが退色してきたので、色を入れるという目的で使うくらいならありかもですけどね。

ビゲンのナチュラル・ブラウンを検討しているなら、ぜひ参考の1つにしてみてくださいね!

全てのビゲンカラートリートメントの色を徹底比較しました↓
【全4色比較!】コスパ悪い?『ビゲン カラートリートメント』の色落ち、色味を徹底レビュー!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。