【元美容師の口コミ】ブローネ泡カラーは本当に染まる?7日検証した結果を公開!

元美容師Mです。

泡で染められる白髪染め!が近年流行りつつあるのですが、本当に染まるのか?がちょっと気になっていたんですよね。

「泡で綺麗に染められるなら美容室でカラーする必要なくなるんじゃ?」

っと言う恐怖感と好奇心もあり『ブローネ泡カラー白髪染め』がどのくらい染まるのか?7日後もしっかり染まっているのか?!を元カラーリストの私がチェックしてきます!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

今回はブローネ泡カラーの中でも明るすぎず、暗すぎずなカラー「5ブラウン」で実験していきます。

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

染毛直後の染まり具合チェック

ブローネ泡カラーのセット内容はこんな感じ↓

通常の白髪染めカラーと同じく1剤と2剤を混ぜて使うのは全く一緒。ただ、クリーム状ではなく泡状なので、薬剤が液体になっていますね。

早速液体を混ぜてみると、うーん。。。なんだか想像していたよりもかなり水っぽいシャバシャバな泡です・・・

逆さにすると、こんな感じでびちゃっと液体が垂れてきます↓

うーむ。規定どうりに薬剤を混ぜたのですが、パッケージに書いているイメージとは程遠い・・・

パッケージの泡を見るとかなり粘度が高くてもっちりした泡が気持ちよさそうなのですが、実際に混ぜみるとかなりシャバっていました(汗)

これだけ水っぽい泡だと、放置時間中に液垂れした薬剤が顔に垂れてきそうです。なんか水っぽいから染まりも悪そうですし。

かなり水っぽい泡で頼りなさそうなので「オリャーッ!」っとタップリ泡を付けて放置してみました。

まるで綿あめのようだ・・・これだけ、泡まみれにしておけば染まるはず!笑

乾燥状態で塗布し、20分放置した結果・・・

白髪染めは髪の毛を痛めつけるアルカリ剤や過酸化水素などがタップリ配合されているので、ぜっったいに放置時間は守ってくださいね。

まれに「しっかり染めたいから、放置時間を長くしているわ~」っというお客さんもいましたが、薬剤が化学反応する時間は決まっているので、長時間おいてもしっかり染まるってことはありません。

むしろ、髪の毛を薬剤に浸せば浸すほどダメージは進行していきます。

もし、あなたが市販の白髪染めを使用する場合は規定時間で洗い流してくださいね。(大体20分くらい)

という事でブローネ泡カラー(ブラウン)で染めた結果がコチラ↓
泡がかなり水っぽかったので「染まり悪そうだなぁ」っと勝手に妄想していましたが、結構しっかりめに染まりました。

むしろブラウンにしてはちょっと暗すぎないか?!ってくらいしっかり染まっています。

白髪部分は黒の毛に馴染んでボカせていますし、色味に関しても自然なブラウンに染まっているので良い感じ!

ただ、毛束はバッサバサのボッサボッサですね・・・やはり泡でしっかり染める為に薬剤はかなり強めに設定されているのかもしれません。

ではどのような色味に染まっているのか?1つずつ毛束を見ていきましょう。

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な色味を白の毛束でチェック!上記でもお伝えしたように自然なブラウンに染まっていて好感触。

パッケージにブラウンっと書かれていても、実際に染めてみると赤がかなり強かったり、アッシュ感が強かったりするものも多いのですが、ブローネ泡カラーのブラウンは本当に自然。

あえて、文句を言うのであればやや暗いか?っというくらいですね。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

私がもっとも感動したのがコレぇぇ!!白髪が混じった毛束です。

画像を見てもらえば分かると思いますが、白髪の部分と黒の毛の部分の境界線が分からないほど、しっかり馴染んでいます。

もし、あなたが「しっかりめに白髪を染めたい!」「暗めでもOk!」と言うなら満足度は高いカラー剤かと。

ただ、やっぱりちょっとブラウンにしてはちょっと暗すぎな気もしますね。(恐らく、美容室でこの色だとやり直し)

黄色みが強い白髪の染まりチェック

最後はブリーチ毛処理を施している、ハイダメージ毛の毛束。

なのですが、、、見てもらえば分かる通りもうね。黒ッ!です。笑

ヘアカラーは白髪染めに関わらず”髪が傷んでいるほど染料が入りやすい”ので色が濃くなってしまう傾向があります。

このブリーチ処理を施している毛束はかなりハイダメージ毛なので、染料がガッツリ入って黒く見えてしまっているわけですね。

嫌らしい黄色味はしっかり抑えられているのですが、、、

あなたが白髪染めを繰り返してハイダメージになっているなら、暗く染まりすぎてしまう可能性はあるので注意!

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後の染まり具合と同じくらい重要な項目がコレ!「どのくらい色持ちするのか?」という点です。

いくら、染毛直後はしっかり染っても”数日で色落ち”してしまったらコストも手間もかかりまくります。

っという事でブローネ泡カラーの7日経過ごの毛束がコチラぁ↓

ん?あれ?これ染毛直後の画像じゃない?っと勘違いしてしまいそうなくらい、まだまだしっかり染料が残っております。

染毛直後の画像がコチラ↓

クッ!どっちが染毛直後で7日経過後なのか?分からない!ってくらい、ガッツリと色持ちしております。笑

むしろこれだけ色持ちするなら、「美容室で白髪染めしなくても良いんじゃないか?」ってくらいしっかりした染まり具合です。

ではどの程度色落ちしているのか?!1つずつ見ていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

まずは色味の変化をチェック!っと言いたい所なのですが、まだまだしっかりブラウンの染料が残っています。

よーく見ると、7日経過後の中央部分を見ると明らかにブラウンが明るくなっているのが確認できますが、7日経過後でこの色落ちなら全く問題無しッ!

ちょっとブラウンにしては暗い気もしますが、この染まりで文句を言う人はあまりいないだろうと思われます。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
白髪の混じった毛束がコチラ!うーむ。。。ほぼ変わりなしっ!

読者さんから「あなたはブローネ泡カラーのステマですか?」っと問い合わせが来てしまいそうなレベルで色持ちが良い。

7日経過してもまだまだ、白髪と黒の毛の境界線は分からないくらい染まっていますし、馴染みもいいです。

かなりよーーーくみると、7日経過後の方がやや白髪部分が明るくなってはいますが許容範囲。

ただ、染まりは良いのですが、やはり薬剤の力がかなり強いのか?シャンプーすればするほど、髪がバッッサボサになっていきました・・・

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

今回の毛束の中で最も退色が激しく感じられたのがこの毛束ですね。

染毛直後は黒ですか?!ってくらいガッツリ染まっていましたが、7日経過するとやや色味が薄くなりかなり暗い”ダークブラウン”っぽい色味になっています。

染料が多く入る分、抜けていく染料も多くなるので退色も激しくなる傾向があるので、他の毛束よりも早く退色している感じ。

【結論】染まり、色持ち良し!2つの懸念点とは・・・?

アルカリを使用しているカラー剤なので当然ではありますが、最近流行りつつある「白髪染めをカラートリートメント」と比較すると段違いにしっかり染まりますね

ただし!私が気になったのは2つ。泡カラーなのにかなり液体が水っぽい!っという点と、かなりダメージが強い!という点です。

泡カラーなのでもっとモッチリした泡で髪の毛全体を包み込むように染めてくれるのかと思いきや、かなり水っぽい泡なので、これで見えない部分までしっかり染められるのか?がちょっと疑問。

特に襟足とか見えない部分や生え際なんかは毛束と違って、液だれして来そうな気はします。

もう一つはダメージがかなり強い!っという点。市販の白髪染めは”誰でもしっかり染まるように”ちょっと薬剤が強くなっている傾向があります。

今回のブローネ泡カラーはほんんっっとに毛束がバサバサになったので、市販の白髪染めの中でもかなり髪の毛が痛むと思われます。

恐らく、、、粘度の高いクリームよりも泡でしっかり染めないといけないので、薬剤が強めに設定されているのかな?っと予想。

もし、あなたが「ダメージはそれほど気にしていない」「とにかくしっかり染まればOK」と言うなら今回のブローネ泡カラーを検討する価値はあるかと!

逆に「髪の毛のダメージを少しでも抑えたい」「すぐに白髪が伸びるから、高頻度で白髪染めをしたい!」というならダメージレスの白髪染めカラートリートメントを検討して良いかと思います。
【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

ブローネ泡カラーを検討している人はぜひぜひ参考にして頂ければ幸いです!m(_ _)m

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2019】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。