【元美容師の口コミ】ブローネヘアマニキュアは染まらない?7日検証した結果・・・

元美容師Mです。

今回は白髪染めヘアマニキュアの『ブローネヘアマニキュア(ダークブラウン)』の染まり、7日後の色落ちを徹底検証してきます。

市販で販売されている白髪染めマニキュアはほぼ全ての商品を試してきましたが、私が検証してきた中ではトップクラスに染まりが良いです。

しかし!ちょっとこれは・・・っと思ってしまった弱点もありましたので、私が感じた弱点についても惜しげなく当記事でお伝えしたいと思います。

では実際にブローネヘアマニキュアで染めた毛束を見ながら、どのような色に染まるのか?色持ちはどうなのか?見ていきましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束ではカラートリートメントの”色味”、中央の白髪の毛束では”白髪に染めた時の染まり具合”、そして一番右の黄色の毛束では黄色い毛束

に染めた時の染まった感じを見ていきます!

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、15分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているヘアマニキュアもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

ヘアマニキュアの場合は放置時間を長くしてもそれほど染まりは変わりません。今回は商品の説明欄にある通り、乾燥状態で15分程度置いて観測していきます。

という事でブローネヘアマニキュア(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓
流石はヘアマニキュア!っと言わんばかりにしっかり染まっていますね。

白が部分もほぼ完全に染まっていますし、”白髪を染める”っという面で言えばコレで文句を言う人はそうそういないんじゃないかと。笑

しかし!問題は色味です・・・「ダークブラウンにしては暗すぎるっ!」っと感じちゃったのが私の本音ですね。

っという事で、どのような色味に染まるのか?1つずつ毛束をチェックしてきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは、純粋な白の毛束をチェック!綺麗に染まっている、、、のだが、これどう見てもダークブラウンではないでしょ(汗)

商品名には間違いなく”ダークブラウン”っと記載されているので、深みのある自然な濃いブラウンに染まるのだろうなぁ~っと期待していたのですが、これじゃあ”ブラック”です・・・

もし、あなたが「白髪は染めたいけど、暗く染めたくない!」っという場合はガッカリするかと。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

そして、白髪の混じった毛束がコチラ。うん!ほぼ完璧に白髪部分もガッツリ、しっかり染まっています。笑

ただし!やはり感じてしまったのが”色の暗さ”「墨汁に浸したのか?!」っと言わんばかりの漆黒に染まっちゃっています。。。

実験用の毛束なので、染まりやすいと言うのもありますが、それにしたって他のヘアマニキュアに比べても暗すぎです。

「暗くても良いから絶対、確実に白髪を染めたい!」と言う人には良いのかも。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

ブリーチ処理を施している黄色みの強いハイダメージ毛。ダメージを受けている分、染料が入りやすいのですが、もう見るからにガッツリ”黒”ですね。

もう黒というよりかは、暗黒です。

あなたが白髪染めを繰り返して、ハイダメージ毛になっている場合はこのようにかなり暗めに染まる可能性があるは注意です。

7日後の色味や色持ちをチェック!

そして、染毛直後の染まりと同じくらい重要なのが、「どのくらい色が持つのか?!」っという点です。

どんなに染めた直後がキッレーに染まっていようと、2,3日で色落ちしているようじゃ、お金も手間もかかります。

特にヘアマニキュアなんて、カラーの中でもかなり手間がかかる(お肌に付くと全然取れない)ので色持ちが悪かったら何のメリットもありません・・・

っと言うことで、コチラがブローネヘアマニキュアの7日後の毛束です↓ヘアマニキュアなので、最近流行っている白髪染めカラートリートメントよりも、色持ちは良い!

かと思いきや、思ったより色持ちがよくありませんでした(汗)

染毛直後の画像と見比べてみると↓染めた直後は、”漆黒”レベルにガッツリ染まっていましたが、7日経過するとややブラウンっぽい色味にまで退色していますね。

ただ、自然なダークブラウンっと言うよりもやや黄色みがかかった感じのグレーって感じです。

ではどのような色味に変化しているのか?白髪はカバー出来ているのか?また1つずつチェックしてきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
まずは色味のチェック!上記でもお伝えしたように漆黒⇛黄色みがかったグレーっというような感じに退色しています。

色味の好みは人によってそれぞれなので、私の考えを押し付けるつもりはありませんが、ちょっとブラウンっぽさが薄すぎますね。

ゴールドアッシュっぽい色味が好みならアリです。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
最も変化が激しい!っと感じたのがコレ!染毛直後は「あれ?墨汁で染めたっけな?」ってくらいガッツリ漆黒に染まっていましたが、7日経過するとやや赤茶っぽい色味が出て来ています。

っと言っても、まだまだ暗いですが・・・

そして、肝心の白髪部分の毛束ですが、7日経過し染料が落ちてきているのもあってチラホラと”白髪浮き”している部分が見かけられます。

まだ、完全に色が落ちたというわけじゃあありませんが、「ヘアマニキュアにしては退色が激しいめだなぁ」と感じたのが私の本音ですね(汗)

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

そして最後がハイダメージ毛の毛束。やはりダメージが大きい分、染料がガッツリ入っているのもあって7日経過してもTHE・BLACKっという感じの色味。

う~む。ハイダメージ毛の人は避けたほうが良さそう。

【結論】染まりは良いが暗すぎる・・・

当ブログでは90種類以上の白髪染めからトリートメントも検証してきましたが。そこから言えることは、染まり自体はやはりヘアマニキュアの方がしっかり染まる!っというのが正直な所です。

今回のブローネに関しても、白髪部分のカバー力に関してはぶっちぎりで優れているなぁ~っと感じたのが正直な所。

ただ、弱点とも言えるのが”色も暗さ”ですね。ダークブラウンと書いてあるのだからもう少し自然な茶色系の色に染まるべきですが、どう見ても”BLACK”です(汗)

色持ちに関しても一般的なカラートリートメントなんかよりも勝っているものの、手間が掛かる割には色持ちも悪い!っと感じました。。。

おデコやお風呂場にほんの少しでも液が付着すると、本当にガチのマジで全ッ然落ちないです(汗)

その点を考慮すると自宅で染めるならカラートリートメントの方が勝っている!っというのが元カラーリストの私の本音ですね↓
どっちが良い?白髪染め「カラートリートメントとマニキュア」3つの違いとは?

もし、あなたが「カラートリートメントは染まらなかった!」っと言うならヘアマニキュアに挑戦するのもアリだとは思います。

しかしながら、「普通のトリートメント感覚で白髪が染められる!」っという点が素晴らしすぎるので、まずはカラートリートメントから試す事をおすすめします。
【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

カラートリートメントと言っても、全然染まらない商品はチューブを投げつけたくなるくらい染まらないです。笑

が!しっかり染まるものは「君は本当にトリートメントなのか?!」っと問い詰めたくなるほどしっかり染まりますので。

ブローネヘアマニキュアで白髪染めを検討している方は、ぜひぜひ参考にして頂ければ幸いです。

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。