【元美容師の口コミ】ブローネ 根元カラーは染まる?7日検証した結果!

元美容師Mです。

今回は部分染め用のヘアマニキュア『ブローネ 根元カラー (ダークブラウン)』が本当に染まるのか?7日後の色落ちはどうなのか?徹底検証していきます!

結論から言うと、前回検証した同シリーズの『ブローネヘアマニキュア』同様↓
【検証レビュー】7日後の色落ちは?ブローネヘアマニキュアの染まり具合を実験した結果・・・

染まるは染まるんです。しかし!やはりブローネの宿命なのか暗い。とにかく暗い。ダークブラウンという商品名のクセにブラックに近い色に染まっちゃうんです・・・

ではどのような色に染まるのか?どのくらい色が持つのか?実際に毛束を染めてみましたので、元カラーリストの私が解説していきますね。

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束ではカラートリートメントの”色味”、中央の白髪の毛束では”白髪に染めた時の染まり具合”、そして一番右の黄色の毛束では黄色い毛束

に染めた時の染まった感じを見ていきます!

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、15分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているヘアマニキュアもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

今回は商品名の説明欄通りに乾燥状態で15分放置した染まりを検証してきます。

という事で『ブローネ 根元カラー (ダークブラウン)』で染めた結果がコチラ↓
うん!暗い!笑 「あれ?自分間違ってブラックで染めたっけな?」っと錯乱状態に陥るほど暗い。

色が暗い分、白髪部分もしっかりガッツリ染まってはいるのですが、流石に暗すぎです・・・

ダークブラウンを選択する人は「白髪は染めたいけれど、暗すぎるのは嫌!」って人が大半かと思います。でも、これじゃあダークブラウンというよりも、ダークブラックに近い染まりです。(汗)

前回検証したブローネのヘアマニキュアもかなり暗かったのですが、こちらもやはり暗すぎますね。

どのような色に染まって白髪はどの程度カバー出来ているのか?1つずつチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずはこちら。白の毛束で純粋な色味をチェック!

っと行きたいところですがこれ、黒ですよね?(汗)よーく、よーく観察すると”ダークグレー”っぽくも見えなくはないです。

が、茶色系の要素はまっったく感じられず、商品名が”ダークブラウン”で大丈夫なのだろうか?っと心配するレベルです。

自然なダークブラウンを表現力は白髪染めカラートリートメントの方が間違いなく上手ですね↓
【129品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

染まり具合チェック(グレイの毛束)

そして、こちらが白髪の混じった毛束。よくよく見れば白髪の毛がキラッっと見える部分はあるもののやはり黒。圧倒的に黒。

前回のブローネヘアマニキュアでもそうでしたが、やはり墨汁に浸したような色味ですね(汗)

ただ、かなり黒に近い色とだけあって、白髪のカバー力はバツグンです。何処が白髪部分だったのか?ほぼ分からないほどガッツリ染まっていますので。笑

ただ、、、やっぱりダークブラウンにしては暗すぎだよなぁ。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

ブリーチ処理を施している、ハイダメージ毛の毛束コレ。ハイダメージな分染料が入りやすく、暗く染まりやすい傾向があります。

っというのもあって、やはり上記2つの毛束よりも、更に一段階漆黒に近づいている気がします。もはや青っぽさすら感じるレベル。

う~む。黄色みが強い白髪をカバー出来るのは間違いないですが、黒に染めたい人意外には微妙すぎる色味ですね。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後の染まりと同じくらい重要なのが、どれだけ色持ちするのか?!っという点です。

いくら染毛直後はしっかりガッツリ染まっても、たったの数日で色落ちしているようじゃあ意味がありません。

特にヘアマニキュアは染毛する時にかなり神経を使います。(一瞬でもお肌に付くと落ちません)なので、できるだけ長持ちするに越したことはありません。

で、今回のブローネ根本カラーですが、色持ちはヘアマニキュアにしてはちょっとイマイチって感じでした。

7日経過した画像がコチラ↓

漆黒レベルに染まっていたのが染料が落ちて、”ダークグレー”的な色にまで退色しているのが確認できます。

もう一度、染毛直後の画像を見てみるとこのような感じ↓

うむむ。。。7日経過したことでやや自然な明るさにはなりつつはありますが「ブラウンではない!」っと感じたのが私の感想です。

どう見ても黒がそのまま色落ちしていった、グレーっぽい色味ですよね。ダークブラウンを期待してこの色に染めたら間違いなくガッカリするかと。

ではどのような色味に染まって、どの程度色落ちしているのか?1つずつ見ていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
まずは色味の変化をチェック。染毛直後は漆黒レベルに染まっていたのですが、7日経過するとやや退色して”ダークグレー”っぽくはなっています。

ただ、まだまだ黒に近い色味ですね。(汗)パッケージには確かにダークブラウンと書いてあるのですが、茶色系の色味は全く感じず・・・

どう見ても、アッシュやグレーなどの寒色系の色味です。寒色系と言ってもほぼ黒なのですが。

流石にヘアマニキュアなので色持ちはかなり良いですがいくら何でも暗すぎぃ!

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
そして、白髪の混じった毛束の変化をチェック。コチラも染毛直後からして暗黒クラスに黒く染まっていました。

ただ、7日経過しても白髪部分はまだまだガッツリ染まっていますし、ほぼ色味の変化を感じません。単純な”色持ち”だけで言ったらトップクラスの染まりですね。

まあ、染料が濃ければ濃いだけ色の持ちも良くなる傾向はあるので、これだけ暗く染まるなら色持ちして当然でもありますが・・・

もし、あなたが「暗くても良い!とにかく色持ち重視っ!」と言うならアリナなのかもしれません。色持ちだけなら最強レベル。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

ブリーチ処理を施している毛束ですが。。。コチラも相変わらず黒い。圧倒的に黒い。

ただ、7日経過してやや染料が落ちたのか、染毛直後よりも全体的に青みがかっている感じはしますね。

でもそんな事はどうでも良い。暗い!

【結論】染まり、色持ちは最強。ただ、暗い。

染まりや色持ちに関しては私が検証してきたヘアマニキュアの中でも最強レベルです。

90種類以上のカラートリートメントなども検証してきていますが、その中でもぶっちぎりで染まり、色持ちは良いです。

ただし!何度も口を酸っぱくするほど言いたくなるのが、ダークブラウンなのに暗すぎる!っという点。

自然な茶色っぽさはほんの微塵も感じられませんし、「これ、中身間違えているんじゃないか?」っと疑いたくなる色味です。

色味の感じ方は個人差があるとは思いますが、少なくとも私には何処が”ダークブラウン”なのか?理解出来ませんでした(汗)

これだったら、最近自宅白髪染めで主流になりつつある、カラートリートメントを使ったほうが100倍幸せになれるかと↓
どっちが良い?白髪染め「カラートリートメントとマニキュア」3つの違いとは?

色持ちや一回の染まりはヘアマニキュアに劣りますが、”トリートメント感覚”でお肌が汚れるのを気にしなくても染められるので。

そして、色味についてもカラトリートメントの方が、自然なブラウンに染まる商品が多いです↓
【129品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

流石に染料が違うので、マニキュアよりも染まりは負けますが、自宅で染めるなら確実にカラートリートメントの方が優れている!っと言うのが元カラーリストの私の本音ですね。

カラートリートメントでどうしても染まらなかったら、ヘアマニキュアを使ってみるのもアリですが、ヘアマニキュアは基本的にプロが使う薬剤だと思っています。

っという事で、ブローネヘアマニキュアが気になっている方は是非参考にしてみて頂ければ幸いですm(_ _)m

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。