【元美容師の口コミ】シエロオイルインヘアマニキュアを7日検証した結果!

元美容師Mです。

今回は市販で販売されている『シエロオイルインヘアマニキュア』の染まり&7日後の色落ち具合を徹底解説してきます!

最近は白髪染めカラートリートメントの方が気軽に染められるので、流行りつつあります。

が!実験して改めて分かったのですが、やはり”染まり、色持ち”はカラートリートメントよりもヘアマニキュアの方が優れているのは間違い無い!っと言い切れますね。笑

ただし、今回のシエロオイルインマニキュアは、私が検証したマニキュアの中では染まりや色持ちはワーストに近いかったんです・・・

では、どのような色に染まってどの程度色持ちするのか?実際に染毛した毛束を使って解説してきますね!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束ではカラートリートメントの”色味”、中央の白髪の毛束では”白髪に染めた時の染まり具合”、そして一番右の黄色の毛束では黄色い毛束

に染めた時の染まった感じを見ていきます!

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、15分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているマニキュアもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

ただ、カラートリートメントの場合は長く置けば、それだけしっかり目に染まる傾向があるのですが、マニキュアの場合は長めに置いても染まりはそれほど変わりません。

なので、今回の実験ではメーカー毎に定められた放置時間通りに染毛実験しています。今回のシエロオイルインマニキュアの場合ですと15分ですね。

という事でシエロオイルインマニキュア(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓
むむ・・・正直に私の感想を言ってしまうと、「マニキュアの割には染まりが甘い」っと感じてしまいました。(汗)

もちろん、カラートリートメントの一回目よりかは、しっかりめに染まっているものの”ダークブラウン”の割にはやや黄色みが強すぎますね。

流石に白髪部分のカバー力はカラートリートメントを凌いでいますが、私が検証したマニキュアの中ではワーストに近い染まり上がりです。

ではどのような色味に染まって、どの程度白髪がカバー出来ているのか?1つずつ詳しく解説していきますね!

色味チェック(白の毛束)

まずはヘアマニキュアの純粋な色味をチェーック!

上記の方でもお伝えしたように”ダークブラウン”と言うよりかは”ゴールドブラウン”のような黄色みがかなり強い色です。

この色味自体は綺麗な色味ではあるのですが、あなたが自然な”ダークブラウン”を期待してこの色に染まったらちょっとガッカリするかも・・・

色味の好みは好き嫌いがあるので、私の意見を押し付けるつもりは毛頭ないですが、少なくともナチュラルなブラウンには感じませんでした。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

そして、白髪のカバー力をチェック!

所々、白髪がキラッっと光っている部分は見かけられるものの、殆どの白髪部分はカバー出来ている感じ。

ダークブラウンにしては暗すぎ!っとも思えますが、単純に白髪のカバー力だけで言えばかなり優れていますね。

うーん。今まで90種類以上のカラートリートメントを検証してきましたが、流石にヘアマニキュアの方が白髪のカバー力は高いですね。笑

黄色みが強い白髪の染まりチェック

そして、黄色みの強い毛束をチェック!ブリーチ処理を施していて、かなりハイダメージ毛なのでその分しっかりめに染料が髪に浸透します。

っというのもあって、”ソフトブラック”に近いレベルでガッツリ色味が入っちゃっていますね。

白髪の嫌らしい黄色みを抑えられているものの、白髪染めを繰り返しているようなハイダメージ毛だとちょっと暗く染まりすぎる可能性があると言えます。

7日後の色味や色持ちをチェック!

そして、染毛直後の染まり具合と同じくらい重要なのが「どの程度色持ちするのか?」っという点です。

いくら、染めた直後はしっかり染まっていても、たった数日で色落ちしているようじゃあ、お金もコストも掛かりまくりですからね。

で、ヘアマニキュアは「一度の染毛で2週間~1ヶ月程度持つ」っと書かれています。

ただ、当ブログでは「カラートリートメントと、どの程度色落ちの差があるのか?」も検証するためにあえて「7日間でどれだけ色落ちするのか?」を検証していきますね。

っという事で『シエロオイルインヘアマニキュア』の7日経過後の色落ちがコチラ↓

確かに、カラートリートメントより色持ちはかなり良いです。

ただ、1ヶ月持つっとパッケージに書かれている割には、結構退色が激しかったのでビビりました。(汗)

今一度、染毛直後の画像と比べて見てください↓

全体的に染料が落ちて、色素が薄くなっている感じがするのが分かるかと思います。

特に左の白の毛束なんかは”ゴールドアッシュ”的な色味になっちゃっていますね・・・

では、また1つずつ毛束をチェックし、どの程度色落ちしているのか?白髪はカバー出来ているのか?見ていきましょう。

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

私が最も色落ちが激しい!っと感じたのがこの毛束。

まあ激しいと言っても、一般的な市販のカラートリートメントよりかは間違いなく色持ちが良いです。

ただ、染毛直後は”ゴールドブラウン”的な色味に染まっていたのですが、7日経過すると”ゴールドアッシュ”的な色にまで退色しているのが分かりますね。

OUT!っと言うほどじゃないですが、私が検証した市販のマニキュアの中ではワーストレベルの色落ち具合なのは確かです。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

そして、白髪がどの程度カバー出来ているのか?をチェック!

全体的に色が落ちて、”ソフトブラック”っぽく染まっていたのがようやくかなり暗い”ダークブラウン”っぽくなってきました。

白髪部分もよーーく見るとやや明るくなっている部分が見かけられますが、「まだまだ白髪はカバー出来ている」と言えるかと。

流石にカラートリートメントよりも、色持ちは優れているのは間違いないですね(マニキュアなので当然ではありますが)

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

そしてハイダメージ毛の黄色みが強い毛束。

染毛直後はハイダメージなのもあって「これもうソフトブラック何じゃないか?」ってくらいガッツリ染まっていました。

が!7日経過すると染料が落ちて染毛直後よりも、やや茶色みを帯びてきました。

っと言ってもホントによーく見ないとわからないレベルですし、色持ちが良いのは間違いないですね。

【結論】色味は微妙だが、色持ちはGOOD!ただし・・・

やはりというか当然ではありますが、最近流行りつつある白髪染めカラートリートメントよりも染まりや色持ち加減は優れているな!っと感じたのが私の本音です。

ただ、検証してきた市販のマニキュアの中では、今回のシエロは染まりと色持ちが悪い方ですね(汗)

そして、一番気になるのが”色味”です。ダークブラウンという深みがある茶色っぽいネーミングの商品でもあるにかかわらず、実際に染めてみるとブラウンというよりも、ゴールド系に近い染まりなんですよね・・・

正直言って「これ、ダークブラウンでは無いだろッ!」っと心の中でツッコミたくなりました。笑

もし、あなたが自然な深みのある茶色を想像して、このマニキュアを使ったらちょっとガッカリするかも。

そして!一番お伝えしたのが、ヘアマニキュアはカラートリートメントと違って、自宅で染めるのが超めんどくさい!のです。

皮膚やお風呂場に付着したら、まず色が落ちないので細心の注意が必要です。

色持ちや染まりは優れているのですが、この点がかなりカラートリートメントよりも使い勝手が劣っていますね。

あなたが「しっかり染まって色持ちが良いなら、めんどくさくても良い!」っと言うならヘアマニキュア。

「手軽さ重視で気軽に染めたい!」というならカラートリートメント。っという感じで選んで行けばOkかと思いますよ!

ではシエロオイルインヘアマニキュアを検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。