【元美容師が口コミ】カラードボーテカラートリートメント 7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

今回は『カラードボーテカラートリートメント(ダークブラウン)』の染まりや色味、7日後の色持ちを実際に毛束を染毛して検証していきます!

で、今回のカラードボーテ、ダークブラウンを選んだはずなのですが、、、

ぜんっっぜんダークブラウンに染まりませんでした(汗)

私自身、今まで80種類以上のカラートリートメントを検証していますが、今回のカラードボーテは色味や色持ちの面で言うとなかなか酷い。

正直な所、「これを使うくらいなら染まりの悪い、1000円以下の市販のカラートリートメントの方がまだマシだな・・・」っというのが私の心からの本音です。

実際にどのような色に染まるのか?色持ちはどうなのか?画像を載せて解説していきますね!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束では純粋にカラートリートメントの”色味”をチェックしていき、白髪のトリートメントでは本当に白髪に染めた時の染まり加減をチェック。

そして、黄色の毛束では黄色っぽい白髪に染めた時の染まりをチェックしてきます。

記事後半では、7日後の色持ち具合を見るために”シャンプー”を7回ほど繰り返し、よりリアルな7日後の色持ち具合を見ていきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でカラードボーテカラートリートメント(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓

「えええ?!これダークブラウンだよね?」っと小一時間問い詰めたくなるほど、”鮮やかなゴールド”に染まっています。

あなたの画面が黄色に設定され黄色に見えるのではありません。この毛束が黄色に染まっているのです…

あまりにもダークブラウンとかけ離れた色に染まったので

「あれ?間違えてダークブラウンじゃなくてゴールド系のカラートリートメントを購入しちゃったのかな?」

っとパッケージを10回くらい読み直しましたが、間違いなくダークブラウンです。う~ん。何ていうか染まりとか、色持ち云々以前に商品としてOUTとしか言いようがありません。

多少黄色っぽいブラウンならまだ良いのですが完全にゴールドですからね(汗)

一応、1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずはカラートリートメントの純粋な色味をチェック!していきます。

うーーーん、どう贔屓目に見てもダークブラウンにはまっったく見えません。ダークブラウンどころかブラウンの要素が一切感じられない完全な”ゴールド”です。

パッケージに”ゴールド”と書かれているなら100点満点!言いたいほど鮮やかなゴールドなのですが、これ”ダークブラウン”として販売されていますからね。

深みのある自然なブラウンに染めたい!っという人がダークブラウンを購入するかと思いますが、実際に染めてみてこの色だったら怒りを通り越して、悲しくなると思います・・・

天然の色素にコダワリすぎて、このような発色になったのかもしれません。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪がどの程度カバー出来るのか?という点をチェック!

ゴールド系のカラーは色自体が明るい色なのでそもそも白髪を隠すのに向いていません。

それもあって、画像をみて分かる通り白髪部分がモロに分かるほど、染まりが悪く白髪部分がボカしきれていませんね。

一応は全体的に黄色っぽく染まってはいるのですが、白髪を隠す、ボカすという点に関して言えば最低レベルの染まり具合だと思っちゃいました・・・

いずれにしても、これで”ダークブラウン”は無いです(汗)

黄色みが強い白髪の染まりチェック

ブリーチ処理を施している、黄色みの強い毛束をチェック。

元々の毛束が黄色いのに、更にゴールドっぽいカラートリートメントを塗布しているのでキンッキンに染まっています。笑

かなり黄色味が強く、もはや神々しさを感じるくらいのゴールドに染まっておりまする。神々しさを目指すあなたへ。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後と同じくらい重要な要素が「どの程度色持ちするのか?」という点です。いくら染毛直後がしっかり染まろうとも、たった2,3日で色落ちしているようじゃ、お金も手間もかなりかかります。

そして今回のカラードボーテなのですが、染毛直後の染まりもイマイチでしたが、色持ちに関してもイマイチです。かなり。

っという事でコチラが7日経過後の毛束達です↓染毛直後に感じた神々しさは失われ、”ホワイトイエロー”的な色にまで退色しちゃっています。

こちらの画像は染毛直後の画像↓

こうして比べてみると、ダークブラウンとはかなりかけ離れている色とは言え、染毛直後はコレでもか!ってほどゴールドに染まっていました。

ゴールド好きの方にはこれはこれでありなのかなぁ?っと思えるように感じます。笑

ただ、7日後の毛束を見ると、染料が薄いのか?結構激しく退色しているのが分かりますね。間違いなく、1週間は持ちません。

どのように色味が変化していくのか?1つずつチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
まずは色味の変化をチェック!

染毛直後はダークブラウンとしては失格とも言える色味ですが、予めゴールド系に染まるとわかっていて使うならアリ(?)な感じでした。

しかし!7日後の毛束を見ると毛束に入っていった染料が落ちまくって色が掠れてしまい、”ホワイトゴールド”的な色にまで変化しちゃっていますね。

染毛直後のゴールド感がもっと維持できれば、面白いカラートリートメントではありますが、色持ちもかなり悪めです。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いて白髪の毛束の7日後の変化をチェック!

染毛直後からして、”白髪部分がモロ見え”状態でしたが7日経過すると更に”白髪部分が丸出し状態”にまで、退色しちゃっております。。。

通常の白髪染めと違って、カラートリートメントなので7日も経過すると退色は免れません。

が!80種類以上検証してきたので断言出来ますが、カラードボーテはカラートリートメントの中でもかなり退色は早い方ですね。

このカラートリートメントでしっかり白髪を染めよう!とはまっったく思えませんし、元カラーリストとしても絶対にオススメ出来ません(汗)

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

続いて黄色の毛束をチェック。染毛直後は神々しいまでのゴールドに染まっていました。

が!7日経過すると、どこからどこまで染まっていたのか?境界線がわからなくなるほど、染料が落ちちゃっています。

よーく見ればちょっと黄色っぽい部分が確認できますが、、、ちょっと使い物にはならないレベルですね。

【結論】色持ち悪いし、そもそもダークブラウンに染まらない!

パッケージにダークブラウンと書かれていたので、深みのある上品なブラウンに染まるのかなぁ?っと思いきや完全にゴールドカラーでビビりました。笑

もし、美容室で「ダークブラウンに染めますね~」っと染めて、このカラーに染まったら120%クレームが来るレベル。

せめて、パッケージに”ゴールドブラウン”っと書かれていたのなら、、まだ許容範囲内ではありますが、ダークブラウンでこの色味はありえないです。

それに加えて、色持ちに関しても市販の1000円以下のカラートリートメントと同等レベルの色持ちの悪さ。

更に!価格も3000円弱と高価な部類。

3000円クラスでしたら、もっとガッツリダークブラウンに染まるものもありますし、あえてカラードボーテを選ぶ理由が全く見当たりません。
【検証】7日後の色落ちは?マイナチュレトリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底レビュー!

最初からゴールドに染まる!っと分かっていて使うならありですが、ダークブラウンを期待して購入するならワーストレベルのカラートリートメントだと言うのが私の本音です。

もし、あなたがカラードボーテのカラートリートメントを検討しているなら参考にしてみてくださいね!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。