【元美容師が口コミ】DHC Q10トリートメント(ブラックブラウン)7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

誰もが知っているであろう大手化粧品会社のDHCさんが販売している『DHC Q10プレミアムカラートリートメント』の”ブラックブラウン”を徹底検証していきます。

ブラックブラウンというネーミングだとブラック寄りなのか、ブラウン寄りのカラーなのか?がイマイチ分かりづらいですが、ダークブラウンよりも一段階暗い”ブラウン”という設定の色味です。

で、実際に人毛を染めて見たのですが、「ちょっとコレはオススメできない・・・」というのがカラーリストとしても1000回以上は白髪染めをしてきた私の意見です。

なぜオススメと言えないのか?7日後の色持ちはどうなのか?実際の毛束を一緒に見ていきましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

画像左の白の毛束でカラートリートメント自体の、”色味”を見て、中央では白髪に染めた場合の”染まり具合”をチェック。

更に右の黄色の毛束では黄色っぽい毛束に染めた場合の染まりを見ていきます。

そして記事後半ではより現実に近い7日後の色持ち具合をチェックする為に、色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回繰り返してチェックしていきます。

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

DHCの公式サイトでも「5分で染まる」的な事が書かれていますが、染まりやすさや白髪の量は個人差もありますので、全員が全員5分では染まりません。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でDHCカラートリートメント(ブラックブラウン)で染めた結果がコチラ↓

まず染めて見て私が真っ先に感じた色味の感想、、、「パープル!バイオレット!紫!」という印象です(汗)

”ブラックブラウン”と言うネーミングからして「かなり濃い茶色なのかなぁ」と勝手に妄想していましたが、コレはブラウンと言うよりもブラックバイオレットみたいな色味です。

バイオレット自体は私も好きな色味ですし、紫系の色味は最もツヤ感がでますのでその点では良いんです。

ただ、ブラックブラウンというネーミングと実際の色味がかけ離れているッ!と言うのが第一印象です。

色味チェック(白の毛束)

まずはカラートリートメントの純粋な色味をチェック!上記でも書いたとおり、紫!です 笑

色味自体は綺麗なバイオレットなのですが、パッケージにバイオレットブラウンと記載しているわけではないので、イメージ違いが起こるのではないかなぁと思います。

控えめに言っても、”自然な茶色”ではないのであなたが紫系が好み!ってことじゃなければ、微妙な色味です。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

次に実際の白髪に染めた場合の染毛直後です。染めた直後というのもあり、白髪はカバー出来ています。これに嘘偽りはないです。

ただ、黒と白の入り混じった毛束でも感じるなぁと言うのが”紫味”です。

パッケージにバイオレットブラウン!と書かれているならOKだと思いますが、ブラックブラウンというネーミングでこの色味は殆どの人が「思った色味と違う!」と感じられるかと。

前回のDHCシリーズのダークブラウンよりも更に紫味が強く感じられました↓
【徹底検証】7日で色落ちか?DHCカラートリートメント(ダークブラウン)の染まり具合をレビュー!

黄色みが強い白髪の染まりチェック

次に黄色みの強い毛束。こちらに関しては染料がよく入ったのもあって最もブラックブラウンっぽい色味になっています。

ちょっと暗すぎ感も感じますが、黄色みは抑えられていますし染毛直後という点ではアリかなぁと思います。

ただ、問題は7日後の色落ち具合。後述しますが、染毛直後と7日後でかんなり色味が変わってきちゃうんですよ。

ということで7日後の色落ち具合をチェー-ック!

7日後の色味や色持ちをチェック!

カラートリートメントと言えば染毛直後の染まり具合と同じくらい重要なのが『色持ち』です。

どんなに染毛直後しっかり染まっても、たった数日で色落してしまえば、それだけコストも時間もかかります。

当ブログではただ7日間毛束を放置するだけじゃなく、カラーの一番の色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回連続で繰り返し、より現実に近い色持ち具合を再現していきます。

ということで、7日経過後の毛束ちゃん達がコチラ↓
正直に言ってしまうとこの記事を書いている現時点で、どの他メーカーのカラートリートメントよりも「最も色落ちが激しい」です。

「おいおい、こんなに色落ちしちゃうのかよ!」と大声で叫びたくなる衝動に駆られるほど色落ちが激しい(汗)

今一度、染毛直後の画像をあなたにも見て頂きたい↓

恐らく100人中、100人がかなり色落ちしている!と賛同して頂けるかと思います。

カラートリートメントは通常の白髪染めと違って、髪の表面部分を主に染めるので、7日も経過すればどうしても色落ちはします。

ただ、かなり色落ちが激しいので3日に一度くらい染め直さないと、白髪をカバーし続けるのは厳しいんじゃないかと・・・

また1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

染毛直後はディープなバイオレットブラウンというイメージのカラーですが、7日も経過すると染料がかなり落ちて紫味の強いライトブラウンくらいにまで変化しちゃいました。

色味的には紫っぽい色が好きな人にとってはキレイな色味ではあるものの、退色は激しいので白髪をカバーするという点ではかなり厳しさを感じます。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

最も実際の白髪染めに近いのがコチラの毛束ですが、7日経過するとかなりかなり白髪浮きが目立ってきます。

特に画像中央部分あたりを見ると、白髪部分は紫色に光ってしまって(白髪浮き)カバーしきれていないのがお分かり頂けるかと思います。

うーん。ちょっとこれは擁護できないですね・・・

もし、あなたがDHCブラックブラウンで白髪をしっかりカバーしたいのであれば、少なくとも3日に一回くらいは再染毛しないと白髪部分の染まりはキープ出来ないかと思われます。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

「おいおい、どうしちまったんだ?!」と心の中で叫んでしまったのがコチラ。いくら7日後と言っても、退色が激しすぎやしませんかね・・・

予めお伝えしておきますが、不当にこの商品の評価を下げるために別の毛束を使って撮影しているとか、間違って別の毛束を載せているとかではありません。

本当に7日経過後の毛束であります。

他のどのカラートリートメントよりも明らかに色持ちが悪い!というのが私の本音です。

【結論】かなり人を選ぶ色味、正直言って「色持ちは悪い!」

結論から言ってしまうとこのカラートリートメントをオススメ!とは言い難いです。

色味に関しては「これってブラックブラウン?」と首を捻りたくなるバイオレットの強いブラウンで、色持ちに関しては現時点では「一番色持ちが悪い!」と断言します。

紫っぽ色味が大好き!で尚且頻繁に染めるのが苦じゃないなら使ってみるのはアリかと思います。

逆にもしあなたが「自然な色味で染めたい」「出来るだけ長持ちさせたい」と言う場合は今回のDHCブラックブラウンは避けたほうが良さそうです。

ということで『DHC Q10プレミアムカラートリートメント』を検討している人は参考にしてみてくださいね!

今回の”ブラックブラウン”より一段階明るい”ダークブラウン”のレビューはコチラ↓
【徹底検証】7日で色落ちか?DHCカラートリートメント(ダークブラウン)の染まり具合をレビュー!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。