【元美容師が評価】DHC Q10カラートリートメント(ダークブラウン)7日で色落ちか?

元美容師Mです。

DHCと言ったらサプリッ!と勝手な私のイメージがあったのですが、そのDHCさんから白髪用のカラートリートメント『DHC Q10プレミアムカラートリートメント』という商品が販売されていたのを知って夜も眠れなくなってしまいました。

今回はDHCカラートリートメントで2番めに明るい色味の『ダークブラウン』の色味や7日後の色持ち具合を徹底検証していきます。

実際に人毛を使って染めてみてわかったのですが、正直言うと「色持ちが悪い」と感じてしまいました・・・

ということで実際にDHCで染めた毛束を一緒に見ていきましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束ではカラートリートメント自体の色味をチェック。中央の白髪の毛束では、実際の白髪を染毛した時のイメージを掴むために使用。

最後の黄色の毛束では「黄色っぽい白髪の人」向きにどの程度黄色みが抑えられるのか?をチェックしていきます。

そして、重要な7日後の色持ちですがただ単に7日間放置するだけじゃなく、最も色落ちの原因となる”シャンプー”を7回連続で実施し、より現実に近い7日後の色落ち具合を再現していきます。

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

今回のDHCカラートリートメントも「5分放置でOK」と記載はされていますが、染まり難い人は恐らく5分じゃあ、殆ど染まらないかと(汗)

通常のアルカリ剤を使用する白髪染めでさえ、最低15分以上は放置するのにカラートリートメントは5分で染まるってことは考えにくいかと思います。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でDHC Q10クイックカラートリートメント(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓
正直言っちゃうと、染める前までは「DHCってサプリのイメージが強いから本当に染まるのかなぁ・・・」とビクビクしながらワクワクしていましたが、ちゃんと染まりました 笑

ダークブラウンというイメージの色味というよりは”バイオレットブラウン”といいう印象の色味で紫味が結構強めです。

このあたりは好き嫌いが分かれそうな色味ですが、紫味自体は髪の毛の艶感を最も出せる色味なので、ツヤ感重視の人にはGOOD!

ということで1つずつ毛束を詳しくチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な色味チェックから。上記でも書いたとおり、紫味が強いブラウン系の色味で”バイオレットブラウン”と言う感じの色味。

色味自体はツヤ感の出る色味ですし、綺麗は綺麗なんですが”ダークブラウン”と言うともう少し温かみのある色味をイメージする人が多いような・・・

ダークブラウンというよりも、バイオレットブラウンという色味と分かっていて使うのOKかと思いますが、あなたが「自然なダークブラウンが良い」と言うなら、今回のDHCダークブラウンは向いていないと言うのが私の本音です。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

次に実際の白髪に染めた感じをチェック!していきます。染まり自体は悪くないです。

白髪部分はカバー出来ていますし、染毛直後は染まりが悪い!とは感じ無いかと思います。ただ、やっぱりちょっと気になるなぁと思うのが色味。

ダークブラウンというネーミングじゃなく、バイオレットブラウンと言う商品だったら何も問題ないのですが・・・

うーーんちょっと紫味が強すぎかなぁと。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

次に黄色味の強い毛束をチェック!こちらもしっかり染まっています。

黄色みに関しても紫味が強めなのもあって、かなり抑えられていますし「黄色っぽいのを抑えたい!」と言う人には満足度は高いかと思います。

ただし、、、あとで後述しますが黄色みの毛束は7日も経過すると”色味の変化”がかなり激しいです(汗)

染毛直後と色味を変えたくない人は絶対に当記事後半の7日後の色持ちも見てから、購入を決めてくださいね!

7日後の色味や色持ちをチェック!

カラートリートメントと言えば染毛直後の染まり具合と同じくらい重要なのが『色持ち』です。

どんなに染毛直後しっかり染まっても、たった数日で色落ちしていちゃあ、お金も時間も無駄です。

当ブログではただ7日間毛束を放置するだけじゃなく、カラーの一番の色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回連続で繰り返し、より現実に近い色持ち具合を再現していきます。

ということで、7日経過後の毛束ちゃん達がコチラ↓

ぬぉぉ!結構色落ちが激しめ。決して私が誇張しているわけで無く、今まで10数種類以上他メーカーのダークブラウンで染毛してきましたが、ハッキリ言って色持ちは悪いです・・・

あなたにももう一度染毛直後の画像を見て頂きたいです↓

7日も経過すればどんなカラートリートメントでも、どうしても色落ちは避けられません。

ただ、他のメーカーのダークブラウン色だともう少し染料が粘って残ってくれるのですが、DHCは7日も経過すると白髪をカバーしきれないほど退色が見られます。

特に黄色の毛束!「どうしたんだ君ぃ!」と小一時間問い詰めたくなるほど退色している、、、というかもはや色味すら変わってしまっています。

また7日後の毛束も1つずつ細かくチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
今回の7日後の退色具合で最も色持ちしていると感じるのが、この白の毛束。毛束全体の色味は薄くなっているものの、他の2つの毛束よりかは染料が残っている印象です。

染毛直後の紫味が若干、薄くなり自然なブラウンに一歩近づいた感じですがやはり紫味はちょっと感じられますね。

もし、あなたが「紫っぽいブラウンが好きぃ!」ということならアリですが、そうじゃなければDHCのカラートリートメントじゃなくてもいいと思います。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
染毛直後はバイオレット特有のツヤ感が感じられましたが、7日経過すると染料が落ちてツヤ感が失われつつあります。

そして、画像だとやや分かりづらいものの画像中央右あたりに注目するとやや”白髪浮き”している部分が見受けられます。

染毛直後は白髪もしっかりカバー出来ていましたが、7日は持たないなぁというのが私の率直な感想ですね。

白髪の量や染まりやすさにも左右されますが、しっかり白髪をカバーし続けるには3~4日に一度くらいは再染毛する必要がありそうです。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓

7日経過後の画像↓

一番の問題はこの毛束ちゃん。「えっ?どうしたんだチミぃ!!」と指をさして注意したくなるほどの色落ち&色味の変化です 笑

染毛直後の”バイオレットダークブラウン”のような色味から”ウォームブラウン”のような色味に変わっています。

「あれ?毛束間違えたかな?」と何度かチェックするほどの変化。

他メーカーのカラートリートメントも10数種類以上試していますが、ここまで変化が見られる毛束は、現時点でありません。

むぅぅ、、、この色身の変化が楽しめる人ならありですが、色味を変えたくない人にとっては激しすぎる変化です。

【結論】色味に個性アリ。色持ちは”中の下”

カラートリートメントの中でも最も人気のある色味が”ダークブラウン”ですが、他メーカーさんのものよりも紫味が結構強めです。

ダークブラウンというともう少し、自然な暖色系の茶色をイメージする人が多いかと思いますが、紫色が強いのでちょっと好みが分かれそうですね。

この色味を知っていて使うのはアリですが、あなたが「もっと自然なブラウンで染めたい」ということならDHCを選ばなくても良いかと思います。

そして、色持ちに関しては他メーカーさんのダークブラウンよりも”色持ちは悪め”と感じたのが本音です。贔屓目に見ても中の下くらいかと。

私自身カラーリストとしても、1000人以上は白髪染めをしてきましたが、オススメ!とは言い難いですね・・・

もし、あなたが『DHC Q10プレミアムカラートリートメント』のダークブラウンを検討中なら、参考の1つにしていただければ幸いですm(_ _)m
【レビュー】7日で色落ち?DHC Q10カラートリートメント(ブラックブラウン)染まり具合を徹底検証!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。