【元美容師が口コミ】テンスターヘナカラーフォームの7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

市販カラートリートメントの中では老舗商品とも言える、テンスターヘナのフォーム版。

『テンスター 泡のカラートリートメントフォーム (ダークブラウン)』の染まり、色味、7日後の色持ちを全力で検証していきます!

テンスターのカラートリートメントは市販の中では優秀だったので、こちらの泡フォームもしっかりめに染まるかな?っと思ったのですが・・・
【全5色比較!】「テンスター ヘナカラートリートメント」レビュー!

ハッキリ言って、こちらの泡フォームはぜんっぜん染まりません(汗)

泡状で出てくるので、クリーム状よりも多少塗りやすいという面はありますが、それを差し置いても染まりが悪すぎるんです。

っという事で実際にヘナ泡フォームで毛束を染めた画像を見ていき、どのように染まるのか?見ていきましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の毛束では、カラートリートメントの純粋な”色味”をチェック。そして中央の白髪交じりの毛束では実際に白髪に染めた時にどれだけカバー出来るかをチェックしていきます。

黄色の毛束では黄色みの強い毛束に染めた時にどういう色味に染まるのか?をチェック。

記事の後半では7日後の色の持ち具合を見るために、”シャンプー”を7回繰り返し、実際の色持ちに近い色持ち具合を見ていきます。

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でテンスターヘナフォーム(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓
・・・これで「染まったぁあぁ!」っと満足する人はいるのでしょうか?

一応かろうじて、染料が付着している感じではありますが”ダークブラウン”というカラーにしては明らかに薄すぎる色味でかなり安っぽいです。

他メーカー製の”ライトブラウン”よりも2,3段階くらい明るく、カラートリートメントを塗って1週間立ったくらいの色味ですね。

む~ちょっとこれは、、、いくら泡状で塗りやすいと言っても、染まり悪すぎて使い物にならないと思います(汗)

では1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは白の毛束でカラートリートメントの純粋な色味をチェックしていきます!

見てお分かり頂ける通りぜんっぜん”ダークブラウン”じゃありません・・・染めた直後にも関わらず”アッシュブラウン”?程度の安い色にしか染まってません。

う~ん通常のクリーム状のテンスターカラートリートメントダークブラウンは、市販の中でトップクラスに良い感じに染まっていたのですが↓
【ダークブラウン】7日後の色持ちを検証!テンスター ヘナカラートリートメントの染まりを徹底レビュー!

こちらの泡フォームはワーストレベルと言っても、言いすぎじゃない発色の悪さです。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて、白髪の混じった毛束で、どの程度白髪がボカせるか?をチェック!

ですが、こちらの毛束も白の毛束と同様、全体的に染まりが悪く毛束全体が白っぽく見えちゃっています。

一応、白髪部分にも染料が入っているので、全く染まっていないわけじゃないのですが、”ダークブラウン”というカラー設定でこれはちょっと物足りない・・・

いやちょっとというか、かなり物足りないですね。

ダークブラウンという商品でたったこれだけしか染まらなければ、多分殆どの人は失望するのではないかと思われます。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いてブリーチ処理を施している、黄色みの強い毛束です。

ブリーチしているので、キューティクルがボロボロの状態で染料がかなり入りやすい毛束なんです。

なのですが、、、ご覧の通り全然染まっていません(汗)「あれ、自分ちゃんとダークブラウンで染めたよな?」っと不安になるほど染まりが悪いです。

おまけに泡状のトリートメントは髪に万遍なく塗布するのが難しく、かなり多めに塗布したのですが、色ムラが発生しちゃっています。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後の染まり具合と同じくらい需要なのが「どのくらい色が持つのか?!」という点です。

いくら染毛直後がしっかり染まっていても、たったの数日で色が落ちているようじゃ、コストも手間もかかりまくりますので。

で、今回のヘナフォームなのですが、染毛直後からして染まりが悪いのですが、色持ちもかなりかなり悪いです。

っという事でコチラが7日経過した後の毛束ちゃんです↓

染めた直後も全然染まっている感じじゃなかったのですが、7日経過すると更に色がうっすーーーくなっています。

コチラは染毛直後の毛束ちゃん達です↓比較するとかなり色が落ちまくっているのが確認できますね。もはや”グレーアッシュ”?的な色にまで退色しちゃっています。

染毛直後の染まりが悪いのである程度色持ちの悪さも予測出来ましたが、、、これほど色落ちが悪いとは!

っという事で、また1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

まずは色味のチェック!染毛直後は”ブラウンアッシュ”的な色味にかろうじて染まっていました。

が!7日経過するとかろうじて染まっていた、染料もボロッボロに落ちてしまい”グレーアッシュ”的な色にまでなっちゃっています・・・

「これダークブラウンですよね?」っと問い詰めたくなるほど薄い色味。

もし、あなたが想像するような”深みのある上品なダークブラウン”に染めたいなら、間違いなくこのカラートリートメントの色味は満足出来ないかと思いまする。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

元々の染まりが悪いので画像だとちょっと分かりにくいですが、白髪部分がかなり露出しちゃっています・・・

これでしっかり白髪を染めよう!っとは思わない方がいいかもしれません。

そして、なぜか毛束がバッサボサになっています(汗)

恐らく他のカラートリートメントと違って泡状なのでトリートメント効果がかなり薄く、7回もの過酷なシャンプーに耐えられなかったのかと思われます。

む~。染まりも悪いしトリートメント効果も薄い、、、「一体誰のためのトリートメントなのか?」がちょっと分かりません。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

染まりが悪いなりにも染めた直後は、かろうじて赤っぽい色味が付着してました。

が!7日経過すると完全に色が落ちきっている部分が出てきたり、全体的に色が更に薄くなったりと完全にOUT!です。

泡状なので全体に万遍なく塗布できるかな~っと思いきや毛束内部には浸透し辛いので、本当に部分的に使うのが良いのかも。

【結論】染まり悪すぎだが、緊急時に使うならありかも?

実験して分かったのは、染まりも色味も色持ちもかなり悪いと言う事と、思ったよりも泡状のトリートメントは使いにくい!と言う事です。

泡状なので、「普通のカラートリートメントよりも毛髪の内部に浸透しやすいのかなぁ?」と思ったのですが、使ってみると全然浸透しなく・・・

これだったら、通常のクリーム状のカラートリートメントの方が確実に万遍なく塗れると思います。

ただ、「明日までに急いで部分的に染めないといけない!」っという緊急事態の場合だけ、使うならお手軽なのでアリかも。

そしてやっぱり一番感じたのは「これ、ダークブラウンじゃないっ!」って点ですね。

パッケージにダークブラウンっと書かれていてたったこれだけしか染まらなかったら、私だったら怒りを通り越して悲しくなるかと(汗)

これだったら同じテンスターのカラートリートメントを使ったほうが、絶対に満足度は高いはずですよ↓
【ダークブラウン】7日後の色持ちを検証!テンスター ヘナカラートリートメントの染まりを徹底レビュー!

もし、あなたがテンスターのフォームを検討しているなら参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。