【元美容師が評価】レステモ 北海道昆布カラートリートメント 7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

今回はレステモという会社が販売している、『北海道昆布カラートリートメントダークブラウン』の染まりや色味、7日後の色持ちを徹底レビューしていきます!

北海道昆布と言うと、既にカラートリートメント界ではかなり有名な『利尻昆布カラートリートメント』のパクリ?っと思っちゃいましたが・・・

意外にもこちらの北海道昆布トリートメントも”そこそこ染まりは良い”です。

ただちょっと気になるのが色持ちは悪めって所ですね。

染めた直後はしっかりめに染まるのですが、退色は本家利尻昆布トリートメントよりも早いなぁと感じました。

っという事で実際に毛束に染めた画像を交えて、どのような色味に染まるのか?どの程度色持ちするのか?見ていきましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の毛束では、カラートリートメントの純粋な”色味”をチェック。そして中央の白髪交じりの毛束では実際に白髪に染めた時にどれだけカバー出来るかをチェックしていきます。

黄色の毛束では黄色みの強い毛束に染めた時にどういう色味に染まるのか?をチェック。

記事の後半では7日後の色の持ち具合を見るために、”シャンプー”を7回繰り返し、実際の色持ちに近い色持ち具合を見ていきます。

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事で北海道昆布カラートリートメント(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓

良いっ!色味はかなり自然で綺麗なブラウンに染まっていてGOOD!

ちょっと気になるのが”ダークブラウン”というカラーにしてはちょっと明るい感じはします。他メーカー製のカラートリートメントでいうと”ナチュラルブラウン”程度の明るさかなと言った感じ。

もし、あなたが”ナチュラルブラウン”くらいに染まればOkという場合にはオススメ出来る発色ですね。

では1つずつ毛束を見ていきどのような色味に染まっていくのかチェックしてきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な色味をチェックしていきます。

上記でもお伝えしたように、かなり自然なキッレーなブラウンに染まっています。

「ブラウンというカラーなのだから当たり前じゃんっ!」ッと思うかもしれません。

が、ブラウンと商品名に書かれていても、実際に染めてみると「全然ブラウンに染まらないじゃん!」ってカラートリートメントもかなり多いんですよ。

ダークブラウンという商品名にしてはやや明るい感じもしますが、ちょっと明るめのブラウンに染めたい人には満足度は高い色味かと!

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪の混じった毛束で、どの程度白髪がカバー出来るのか?をチェック。

やや明るめのブラウンに染まっていたので、白髪部分が浮きまくるかな?っと思いましたが、意外にも白髪部分はカバー出来ています。

もちろんよーく観察すると、白髪部分がキラッっと光って浮いてはいるのですが、カラートリートメントの一回染めでこれだけ染まるなら合格ラインだと言えます。

しっかり染まっている!って感じでも無いのですが、悪くもないという感じ。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

ブリーチをしている、黄色みの強い毛束がコチラ。ブリーチをしている分ダメージをかなり強く受けていて、他の毛束よりも染料が入りやすいんです。

ただ、今回の北海道カラートリートメントに関してはそれほど、濃く染まっている感じはしませんね。

やや赤みを感じるナチュラルブラウンに染まっている感じで、嫌らしい黄色みも抑えられています。

白髪染めを繰り返して、髪の毛が傷んでいる人が使っても「思ったよりも暗く染まってしまった!」という事は避けられる可能性が高いと言えます、

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後と同じくらい重要なのが、「何ち暗い色が持つのか?!」っという点です。いくら染めた直後がしっかり染まっても、たった2,3日で退色してしまっては、コストも手間も無駄にかかりますので・・・

で、今回の北海道昆布カラートリートメントは、この色持ちが悪めなんですよね(汗)

「使い物にならない!」ってほどではないのですが、染毛直後がしっかりめに染まっているにしては退色は早めです。

っとうことでコチラが7日経過後の毛束ちゃん達↓

しっかりめのナチュラルブラウンに染まっていたのが”ライトブラウン”程度にまで、色が明るくなっちゃっています。

コチラが染毛直後の画像↓

他のかなり色持ちが悪いカラートリートメントに比べればマシではあるものの、色の落ちるスピードは早いほうだと言えますね。

全然使えない!ってほどじゃあ無いんですが、色持ちの良いカラートリートメントに比べると、染毛頻度は高くなってしまうかと。

また1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
染めた直後はほんのり赤みがあるかな?っという感じの”ナチュラルブラウン”っぽい色に染まっています。

7日後の毛束に目を向けると、ブラウンの鮮やかさは失われ、他メーカー製で言う”ライトブラウン”程度の色味にまで明るくなっていますね。

染毛直後がしっかりめに染まっているにしてはちょっと退色は早いかな?っと感じたのが私の本音です。

っと言っても、明るいとはいえブラウンっぽさは残っていますし、あなたがちょっと明るめのブラウンでもOk!と言うなら問題なしだと言えます。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

私が色持ちちょっと悪めだなぁ~っと思ってしまったのがこの毛束。

染毛直後を見ると、やや白髪部分が光っているかな?程度だったのが、7日経過すると全体的にかなーり明るくなっちゃっています・・・

一応、白髪の毛も染料が残っていは残っているのですが、”ライトブラウン”いや、、、それ以上に明るくなっているように見えますね。

80種類以上のカラートリートメントを検証してきた中では”中の下くらいの色持ちの悪さ”です。

ぜんっぜんこのカラートリートメントよりも色が持たない商品なんていくらでもあるのですが、決して色持ちが良い方ではないです(汗)

もし、このカラートリートメントでしっかり白髪を染め続けようと思ったら3.5日に一回程度の染毛が必要になってくるんじゃないなぁ思いますよ。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

続いてハイダメージ毛の黄色みが強い毛束をチェック!

染めた直後が思ったよりも染料が入っていない感じだったので、速攻で色落ちするか?!ッと思いました。

が、意外にしぶとく染料が定着している感じです。笑 赤みはかなり消失していますが、ブラウンっぽさは残っていますし、上記2つよりも退色は緩やかな感じ。

ダメージを受けている毛には定着しやすいカラートリートメントなのかもしれませんね。

【結論】色味はそこそこ綺麗だが”やや明るい”か。

染毛直後の染まりに関しては綺麗なブラウンに染まり、白髪部分もそこそこ染まるのでカラートリートメントとしては満足度は高めだと思います。

ちょっと気になるのはダークブラウンにしては明るい!って所ですね(汗)

ダークブラウンと言うと「もう少し暗めの深みのあるブラウン」を想像する人が多いかと思うのですが、色味的にナチュラルブラウン程度の明るさにしか染まりません。

あなたが他のもっとダークブラウンに染まるカラートリートメントを使ったことがあるなら、明るい!っと感じる可能性は大!です。
【2019年版】元美容師が「市販白髪カラートリートメント」ランキングBEST5を発表します。

もし、あなたが北海道昆布カラートリートメントの使用を検討しているのであれば、ぜひぜひ参考の1つにしてみてくださいね

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。