【全5色比較】フラガール カラートリートメントの色の違い&選び方を解説します!

元美容師Mです。

市販の白髪カラートリートメント『フラガールカラートリートメント』の全5色の染まり具合&7日後の色持ち具合を徹底比較していきます!

カラーリストとして、1000回以上は白髪染めを施術して来た私が実際にフラガールを使ってみた感想ですが・・・

「同じフラガールでも、カラーによって全然染まりや色持ちが違う!」っと強く感じました。

染まりやすいカラーが市販なのにしっかりめに染まるんですが、染まりの悪いものは「えっ?コレ本当に同じフラガールだよね?」っと問いただしたくなるほど、染まりが悪かったです(汗)

では、フラガールのどのカラーがしっかり染まったのか?どのカラーを使うべきなのか?実際に染めた毛束を載せて解説していきますね!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束ではカラートリートメントの”色味”、中央の白髪の毛束では”白髪に染めた時の染まり具合”、そして一番右の黄色の毛束では黄色い毛束

に染めた時の染まった感じを見ていきます!

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

『ナチュラルブラウン』

まずは最も明るいカラー設定の『ナチュラルブラウン』ですね。

で、冒頭でいきなりで申し訳ないのですが、フラガールシリーズの中で最も”色味””白髪部分の染まり”が良いぃぃー!っと感じたのがこのナチュラルブラウンです。

では早速実際にフラガールのナチュラルブラウンで染めた毛束をチェックしていきましょ!↓

ナチュラルブラウン 毛束に染めた直後

「うおっ!市販のカラートリートメントってこんなに綺麗に染まっちゃうのかよ!」っとビビるくらい綺麗なブラウンに染まっています。

カラートリートメントだからと言って、決して安っぽいブラウンではなく”やや赤みが感じられる”深みのあるブラウンで”色味”は文句なし!

白髪部分の色の入りに関しても、他の市販のカラートリートメントと比較するとしっかりめに染料が毛髪に入っています。

もちろん、あくまでもカラートリートメントなので一回の染毛で完璧に白髪がカバー出来ているわけじゃなく、よくみれば”白髪浮き”している部分も見かけられます。

が!いつでも、自宅で気になった時に染められるカラートリートメントでこれだけ染まるのなら、普通に合格です。VERY GOOOOD!!

ナチュラルブラウン 7日経過後

さて、続いてフラガールナチュラルブラウンの素晴らしさが感じられるのが、この色持ちです。

7日も経過しているので、染毛直後よりは鮮やかさは失われていますが、まだまだ染料がしぶとく毛髪に残って綺麗な発色を保っています。

ただ、やはり市販カラートリートメントの限界とも言えるのか、白髪部分に関しては”白髪浮き”していた部分が退色し、キラッキラしてしまっている毛が見かけられます。

う~ん。もうちょっと白髪部分の色持ちが良ければ、最高レベルのカラートリートメントなんですが・・・市販でいつでも購入できる商品にここまで求めるのはちょっと酷かもしれまんね(汗)
【レビュー】染まり良しッ!フラガール(ナチュラルブラウン)7日後の色持ち&色味を徹底検証!

『ダークブラウン』

ナチュラルブラウンよりも一段階、暗く深みのあるブラウンカラーなのがこの”ダークブラウン”です。

私が実際に使った感想だとナチュラルブラウンの次に”色味””色の入り”が優れている印象です。

ただ、、、ナチュラルブラウンよりも”色持ち”が悪いんです・・・市販の中ではまあまあっと言った所ですが、2,000円程度という価格設定を考えるとちょっと微妙です。

では実際に染めて毛束を見ていきましょう↓

ダークブラウン 毛束に染めた直後

まずは染毛直後の画像。上記でも挙げたように”色味”に関してはスンバラシィィィっとネットの片隅で叫びたくなるほど、綺麗なダークブラウンに染め上げてくれました。

一言でダークブラウンっと言ってもメーカーによっては、異様に赤みが強かったり「これグレーじゃんっ!」っとツッコミたくなるようなカラートリートメントもありますからね。

”色味”に関しては最高レベル。

で、肝心の白髪部分については白髪浮きは目立つものの、しっかりめに染料が入っておりカラートリートメントとして割と染まる方です。

めっちゃ染まるぅぅ!っというわけでもなく、全ッ然染まらん!ってわけでもなく、「カラートリートメントとしては割と染まる」という評価です。

”白髪浮き”部分は目立ちますが、2度3度と染めていけばかなり白髪をボカせるはず!

ダークブラウン 7日経過後

問題なのがコレ。7日後の色持ち具合です。

白の毛束に関しては「ダークブラウンがちょっと明るくなったくらいかな?」っと感じる程度でしたが、白髪部分の染料がガツンっと落ちちゃっています。

もはや根元部分の”染めている部分”と”染めていない部分”の境界線がわからないくらいに退色していますね。

ナチュラルブラウン同様、”色味”についてはかなり綺麗なブラウンに染めてくれるのですが、色持ちが悪いんですよねぇ・・・

使い物にならない!ってほどではないですが、頻繁に再染毛する必要はありそうです。
【検証】7日で色落ち?フラガールカラートリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底レビュー!

『ローズブラウン』

赤みの強いブラウンというコンセプトがこのローズブラウン。なのですが、、、フラガールの5つの中で最もオススメ”出来ない”のがコレ。

っというのもフラガールの中で最も発色も悪いし、白髪部分の染まりも悪く、更に色持ちも悪いです・・・

どれだけ染まりが悪いのか?実際に染めた毛束を見ていきましょう!

ローズブラウン 毛束に染めた直後

染毛直後ですが、、、パッと見た瞬間「本当にこれ同じフラガールなの?」っと問いただしたくなるほど、色の入りが悪いです(汗)

なんかこう、ナチュラルブラウンとダークブラウンは、深みのある上品なブラウンに染まっていたのですが、ローズブラウンは色の入りが悪いのもあって、ちょっと安っぽいブラウンに染まっています。

白髪部分に関してもパッとみて「ああここが白髪だな・・・」っと分かるくらいに浮きまくりですし。。。これだったらナチュラルブラウンを選択した方が遥かに幸せになれるんじゃないかと思います。

ローズブラウン 7日経過後

続いて、色持ちですが、、、やはりこれも奇跡は起きず。フラガールシリーズでぶっちぎりに色持ちが悪い結果となりました。

色味に関しては”ピンクアッシュ”くらいにまで退色しちゃっていますし、特にヤヴァイのが白髪の毛束。

もはや染料が微かに残っている程度で”白髪丸出し”状態にまで退色しちゃっていますね・・・市販の1,000円クラスのカラートリートメントよりも色持ちに関しては悪いです。

ん~ちょっとローズブラウンは、、、OUTTTT!ですね。
【レビュー】染まり悪しッ!フラガール(ローズブラウン)7日後の色持ち&色味を徹底検証!

『アッシュブラウン』

ローズブラウンとは逆の色味”アッシュ系ブラウン”に染め上げてくれるのが、このアッシュブラウンです。

パッケージの色から想像すると「かなりグレーに近い、アッシュになるんじゃないか?」っと想像できますが、実際に染めてみるとそこまでアッシュ感は強くありませんでした(汗)

そして、ローズブラウンほどではないにしても、染まりが悪いッ!ッと思ったのが正直な所。色持ちは意外に良いんですけどね。

っということで実際に染めた毛束を見ていきましょう!

アッシュブラウン 毛束に染めた直後

かなり暗めなパッケージの色とは裏腹に実際に染めてみると、それほどアッシュ感は強くありませんでした。

あなたが「とにかくアッシュ!アッシュに染めたいんだぁ!」っというくらいアッシュ好きなら物足りないかと思いますが、ちょっとアッシュ感が出てればいいやーくらいなら満足できる色味かと。

ただ、、、白髪部分の染まりが結構悪いです。ローズブラウンほど悪くなはいんですが、2,000円程度のカラートリートメントにしては”白髪浮き”がかなり目立ちますね。

一度に複数回染めたりすれば更にしっかりめに色が入っていくとは思いますが、かなり控えめな染まり方なので「コレジャナクテモ」感はあります。

アッシュブラウン 7日経過後

続いて7日後の色持ちですが、これが意外や意外。染毛直後の染まりが悪かったので「どうせ一瞬で色落ちするんだろうなぁ」っと予想したのですが、しぶとくしぶとく染料が残っています 笑

色味的にはやや赤みが出てきて”バイオレットブラウン”っぽくはなっていますが、許容範囲。

白髪部分については元々の染まりが悪いので仕方ないのですが、白髪が浮いてキラキラしている部分が多く見かけられますが、思ったよりも染料が残っている印象。

もし、あなたがフラガールのアッシュブラウンをどうしても使ってみたい!っというなら、一度に複数回染めるなどすればアリかもしれません。
【検証】7日で色落ち?フラガールカラートリートメント(アッシュブラウン)の染まりを徹底レビュー!

『ナチュラルブラック』

フラガールの中で最も暗いカラーがこの”ナチュラルブラック”です。

実際に染めてみると、ナチュラルブラックという割には控えめなブラックっという印象です。

「ブラックと言うネーミングなんだから、ガッツリしっかり染まるだろう」っと予想したのですがブラックの割に結構明るいんです。

そして色持ちはブラックとしては”悪め”です。ブラック系のカラーって染料がガッツリ入っているので長持ちする商品が多いんですが、フラガールのブラックは色持ちも悪め。

では実際に染めた毛束を見てきましょう↓

ナチュラルブラック 毛束に染めた直後

染毛直後ですが、ナチュラルブラックというよりもかなり暗い”ダークグレー”っといったような色味に染まりました。

う~ん。色味の好みは個人で変わってきますが、ブラックと言うネーミングの商品なんだから、もうちょい暗めでも良いかと思ったのが私の正直な感想。

白髪部分に関しても、最も暗いブラックにしては”浮き”が気になりますし「暗くても良いからしっかり白髪を染めたい」という人向けではないですね。

ナチュラルブラック 7日経過後

続いて7日経過後の毛束です。染毛直後が明るめのブラックだったで、かなり早い段階で色落ちすると予想しましたが、意外にも”思ったよりは”染料は毛髪に残っている印象。

と言っても”ソフトブラック”⇛”アッシュグレー”程度にまで退色しちゃっています。それよりも特にヤヴァイのが白髪の毛束の退色具合です。

染毛直後から”白髪浮き”が目立っていたとは言えある程度染まっていたんですが、7日経過すると退色が激しく”白髪丸出し”状態にまでなっています。。。

ちょっとフラガールのナチュラルブラックはオススメ!っとは言えないかなぁと言うのが本音です。
【レビュー】染まり悪い?フラガール(ナチュラルブラック)7日後の色持ち&色味を徹底検証!

【結論】あなたはこの色を選べばOK!フラガールの正解はコレだッ!

市販のカラートリートメントの中では2,000円程度と高価な方なので、どれもしっかり染まるのでは?っと思っていました。

が!想像以上にカラーによって染まり具合や色持ち具合が違ってビビリました。同じシリーズでもこんなに違うのかッ!っと。

で、私がフラガールでオススメするのはぶっちぎりで”ナチュラルブラウン”次点で”ダークブラウン”です。

”色味”がとにかく綺麗で染まりや色持ちも比較的、良好。もし、あなたが「スタンダードなブラウン系で白髪を染めたい」と言うならばこの2つを選んでおけば間違いは無いかと思います。

ただ、どうしても他のカラーが気になる!っという人は以下のように選んでいけば、大きな失敗は避けられるはず↓

綺麗な色味で自然なブラウンに染めたい⇛ナチュラルブラウン

より深い色味で染めたい⇛ダークブラウン

本当に数本しか白髪無い。オレンジ系の色味が好き⇛ローズブラウン(非推奨)

頻繁に染められる人で、ちょっとアッシュ感が欲しい方⇛アッシュブラウン

本当に”ソフト”なブラックを楽しみたい方⇛ナチュラルブラック

同じフラガールでもぜんっっぜん染まりや色持ち、色味が違うのでカラー選びは本当に注意してくださいね。

では是非参考にして頂ければ幸いです!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。