【元美容師が評価】フラガール リッチダークブラウン 7日後の色持ちや染まりを徹底検証!

元美容師Mです。

フラガールカラートリートメントの上位版とも言うべきカラートリートメントが今回の『フラガールリッチ』です。

今回はこのフラガールリッチ(ダークブラウン)の染まり、色味、7日後の色持ちを徹底検証していきます!

リッチというだけあって、お値段も強気の設定なんですが、染毛直後の染まりはPERFECT!です。

もうね、染めた直後の発色だけで言えば、私が検証した80種類以上のカラートリートメントの中でもトップレベルなのは間違いありません。

しかし!問題は色持ちが思ったよりも悪め!っという点です。。。

では、実際にどのような色に染まって、どの程度色持ちするのか?画像を交えて解説していきますね!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束ではカラートリートメントの”色味”、中央の白髪の毛束では”白髪に染めた時の染まり具合”、そして一番右の黄色の毛束では黄色い毛束

に染めた時の染まった感じを見ていきます!

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でフラガールリッチ(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓
GREAT!PERFECT!Excellent!完璧!

ダークブラウンらしい深みのある上品なブラウンに見事に染まり上がりました!!

流石”リッチ”を冠するだけあって、通常のフラガールダークブラウンよりも上品な色に仕上がっています。

通常版もかなりキレイに染まっていましたが、やや深みがアップしている感じ。
【検証】7日で色落ち?フラガールカラートリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底レビュー!

「ダークブラウンって書いてあるんだから、ダークブラウンに染まって当たり前じゃんっ」っと思われる読者様もいるかもしれません。

が、80種類以上染めてきたので断言できますが、ダークブラウンと書いてあって、しっかりダークブラウンに染まる商品ってほんっっとに一握りです。

その点今回のフラガールリッチはトップクラスに素晴らしいダークブラウンに染まっています。

では1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは、純粋なカラートリートメントの色味をチェックしていきます!

上記の方でも書いたように、ほんとに素晴らしいほどに”ダークブラウン”に染まっています。

「どうせリッチと書いているだけで、対して変わらないんだろぉぉ?」っと勝手に妄想していましたが、文句の付け所がありませぬ。。。

色味的には本当にほんの~り”バイオレット(紫)”っぽさも感じますが、全く不自然ではないですし、むしろツヤ感アップに一役買っている感じ。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪の混じった毛束でどのくらい白髪をカバーできるのか?チェックしていきます。

こちらに関しても白の毛束同様、素晴らしい染まり上がり。

白髪部分も本当に5秒くらい注視すれば「ここが白髪の毛かな?」っと分かりはしますが、そんなことはどうでも良いくらいしっかり白髪も染まっています。笑

白髪部分の染まりに関しても間違いなくトップレベルの染まりですし、リッチというネーミングは嘘じゃありませんでした(汗)

(本当はどこが「リッチなんじゃい!」っと書くことになるかと思ったのに・・・)

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いて、ブリーチ処理を施している、めちゃ傷んでいる黄色みの強い毛束です。

かなり傷んでいる分、カラートリートメントの染料が多く入り易く、かなり濃いめに染まっています。

ちょっと赤みを感じる”ソフトブラック”くらいに染まっている?ってくらいしっかり染まっています。

もし、あなたがブリーチまではしていなくても、白髪染めを繰り返して髪が傷んでいる場合は、同じように思ったよりも暗く染まる場合があるので注意!

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後の染まり上がりと同じくらい超重要な要素が「何日くらい色が持つのか?!」という点です。

いくら染毛直後はしっかり染まろうとも、たった2,3日で色が落ちてしまったら、お金も手間も無駄にかかりますからね。

そして!今回のフラガールリッチなのですが、、、この色持ちが悪いんです。かなり・・・

以下が7日経過した毛束ちゃん達です↓

染毛直後のコレでもか!ってほど鮮やかな”ダークブラウン”っぽさは失われ、”ブラウンアッシュ”?くらいの色味にまで退色しちゃっています。

染毛直後の画像と比べてみてください。コチラが染毛直後の画像↓

染毛直後は本当に「トップクラスのキレイなダークブラウン!」っと躊躇なくネット上で叫べるほど、素晴らしい色味でした。

が!キレイに染まるのは間違いないんですが、この色味をキープ出来る時間はかなり短いようです・・・

染毛直後の色味がもう少し長くキープできれば、、、80種類の中で最強のカラートリートメント候補だったのですけどね(汗)

ではどのように色が退色していくのか?1つずつ見ていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
まずは純粋な色味の変化をチェック!

染めた直後は何度も言うように、完璧!っと言っても過言じゃないほど上品な”ダークブラウン”に染まっていました。

が!7日後に目を向けると、鮮やかさは完全に失われてしまい”ブラウンアッシュ”的な安っぽい色にまで退色しちゃいました。(汗)

う~ん。通常版のフラガールも色持ちが悪いのが難点でしたが、リッチに関しても色持ちの悪さは改善していない感じですね。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
白髪の混じった毛束に関しても、染めた直後の鮮やかなツヤ感や発色は失われています。

が!こちらの毛束に関しては通常版のフラガールよりも、そこそこ頑張っている印象。

間違いなく退色していますし、決して色持ちが良い方では無いです。無いですが白髪部分もしっかりめに染料が残っていますし、「全然駄目!」ってわけじゃありません。

カラートリートメントでこれだけカバー出来ているなら、普通に合格ラインだと言えるかと。

とは言えこのカラートリートメントでしっかり白髪をカバーし続ける為には、4~6日に一度くらいで再染毛する必要があるかなぁと思います。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

意外と色落ちしているー!っと感じたのがこの黄色の毛束。

ソフトブラックか?!ってほどガッツリ色が入っていたのに、7日経過後は”赤っぽいライトブラウン”くらいにまで退色しちゃっていますね。

フラガールシリーズ全体に言えるのですが発色は良いけれど、毛髪に染料を定着させるのは苦手ですね・・・

【結論】色味、染まりは完璧。色持ちが惜しい!

染毛直後の色味や染まりに関しては完璧!これで文句あるなら、恐らくどのカラートリートメント使っても満足できないでしょ!ってくらい綺麗なダークブラウンに染まっていました。

が!やはり惜しい!っと感じちゃったのは色持ちですね・・・

カラートリートメントなので退色が早めなのは仕方ないのですが、「染毛直後がしっかり染まるにしては退色が早すぎ!」っと感じたのが本音です。

せめて、、、せめてあと2,3日色が定着してくれれば、当ブログで検証した80種類の中でも3本の指に入ったと思います。

そしてもう一つ残念な点が価格が高い!ってところです(汗)

1本辺り170gで約3500円もします。1ml辺りの価格はなんとッ!20円もします(ゴクリ)

当ブログで推奨している『マイナチュレ』という高めなカラートリートメントでも、一本約3000円で容量は200gあります。(1ml辺り15円程度)
【検証】7日後の色落ちは?マイナチュレトリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底レビュー!

もっともっと色持ちが良ければ、この価格でもあまり気にならないのですが、この色持ちの悪さでは私のような一般ピープルには負担がキツイですね・・・

もし、あなたがフラガールリッチを検討しているなら、参考の1つにして頂ければ幸いです!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。