【元美容師が口コミ】フラガール(ローズブラウン)7日後の色持ち&色味を徹底検証!

元美容師Mです。

市販の白髪カラートリートメントで人気なのが今回の『フラガールカラートリートメント』です。

で、今回検証するのがローズブラウンというかなり赤みが強いブラウン色。なんですが、フラガールの中でも一番オススメ出来ません(汗)

っというのも、フラガールシリーズの中でも染まりも悪いし、色持ちもかなり悪いんです。フラガールシリーズは本当にカラーによって染まりや色持ちがぜんっぜん違うので、実際に染めてみてビックリしました。

「同じシリーズでもこんなに違うのかッ!」っと思わず叫びそうになったレベルです 笑

では実際にローズブラウンで染めた毛束を見てどの程度染まるのか?7日後の色持ちはどうなのか?見ていきましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束ではカラートリートメントの”色味”、中央の白髪の毛束では”白髪に染めた時の染まり具合”、そして一番右の黄色の毛束では黄色い毛束

に染めた時の染まった感じを見ていきます!

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

フラガールのパッケージ説明欄にも「10分で染まる」というような事が書かれていますが、白髪の染まりやすさは千差万別。

っというかカラートリートメントの性質上10分置いただけで染まる人はほぼいません・・・

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でフラガールカラートリートメント(ローズブラウン)で染めた結果がコチラ↓

染まってはいる。染まっているのですが、、、他のフラガールシリーズと比べちゃうと明らかに染まりが悪いです。

例えばフラガールシリーズの中でも私が最も良い!っと感じたナチュラルブラウンなんかは染毛直後はかなり深みのある綺麗なブラウンに染まっていたんです↓
【レビュー】染まり良しッ!フラガール(ナチュラルブラウン)7日後の色持ち&色味を徹底検証!

なんですが、今回のローズブラウンは「あれ?ライトブラウンで染めたっけ?」っと言いたくなるほど色の入りが悪いんです(汗)

ではどのような色味で染まり、どの程度白髪をカバーできるのか?1つずつチェックしていきましょう”

色味チェック(白の毛束)

まずは白の毛束で純粋なカラートリートメントの色味をチェック!上記でも書いたようにそもそも色の入りが悪いですね。

もちろん、染毛直後なので”赤茶”っぽくは染まっているのですが、以前検証したフラガールナチュラルブラウンなどの深みのあるブラウンを見た後だと、かなりビミョーな染まり具合です。

ローズブラウンというネーミングなので、赤みが強く更に深みのあるブラウンで綺麗に染まるんだろうなぁっと期待していたのですが・・・

正直、かなり残念な色味です。これだったら、別のナチュラルブラウンの方がしっかり染まりますし、赤みもあるのでナチュラルブラウンで良いじゃない!っと思ったのが本音ですね。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪部分の染まり具合ですが、こちらに関してもやっぱり色の入りが悪いです。

全く入っていないってことは無いんですが、染まりにくい白髪部分は”浮きまくり”ですし、やっぱり他のフラガールよりも色の入りが悪いなぁ~っと感じたのが正直な所。

しつこいようなんですが、以前検証したフラガールのナチュラルブラウンが「うおおお!市販でこれだけ染まるのか!」っと感動しただけあって、この染まりの悪さに落胆。
【レビュー】染まり良しッ!フラガール(ナチュラルブラウン)7日後の色持ち&色味を徹底検証!

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いて黄色みの強いブリーチ毛に染めたケースを見ていきます。

通常ブリーチ毛のようなかなりのハイダメージ毛って”暗く染まりすぎる”事が大半なんです。今回のローズブラウンも上記の2つの毛束よりもかなり”ローズブラウン”らしい”ローズブラウン”に染まっておりますね。

上の2つの毛束もこんな感じで染まればかなりGOOD!だったのですが・・・あまりダメージがない髪には色が入り難いようです。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後と同等、いやそれ以上重要なのが”7日後の色持ち”です。どんなに染毛直後に綺麗に染まっていようと、2,3日で色落ちしているようじゃ、お金も時間も無駄にかかります。

で、今回のフラガールローズブラウンなのですが、、、色持ちもかなり、かなりかなり!悪いです(汗)

ぶっちゃけて言ってしまうと1,000円以下の市販白髪カラートリートメントレベルの色持ちなんです。

論より証拠!っということで、実際に7日経過した毛束をご覧ください↓

もはやローズブラウンというか、毛束本来の白っぽさと混じって”ピンクアッシュ”くらいにまで退色しちゃっていますね。

白髪部分に関しても、完全にOUT。もはや全く白髪はカバー出来ておりませぬ。。。

今一度、染毛直後の毛束も見てください↓

恐らく、100人中99人の方がこの時点で「色持ち悪っ!」っと感じて頂けるかと。

カラートリートメントはあくまでも毛髪の表面付近を染めていくものなので、7日も経過すれば絶対に色落ちは避けられません。

にしても他の色持ちの良いカラートリートメントと比べちゃうと、明らかに退色が激しすぎます・・・

ではどの程度退色し、色味が変化しているのか?1つずつチェックチェック!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
まずは純粋な色味の変化から。染まりが悪いとは言え、一応染毛直後は”赤茶”っぽい色味に染まってはいました。

しかし!7日も経過するとブラウンっぽさが更に減少し、毛束本来の白っぽさと赤の染料が混じって”ピンクアッシュ”的な色味になっちゃっています。

暖色系は暖色系なので、「あれ?急に緑っぽくなった!」っとかにはなりえませんが、この退色の激しさは擁護出来ませんね。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
「うおっ!これはヤバイ・・・」っと実験しながら叫びそうになったのがこの毛束。

もうね。”白髪が浮いている”なんてもんじゃなく、”白髪丸出し”状態にまで退色しちゃっているんです。正直言って1,000円レベルのものよりも酷い色持ちです。

うーん、ちょっとこの退色の激しさだと使い物にならないっと感じちゃったのが私の正直な本音です・・・

いくらお家でいつでも染められる!っといっても、これだけ退色が早かったらコストも時間も膨大にかかるかと思われます。

もし、あなたがフラガールのローズブラウンでしっかり白髪をカバーしたいならば、少なくとも3~4日に一回程度は再染毛が必要になるかと思います。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓7日経過後の画像↓

続いて黄色の毛束。染毛直後はローズブラウンっぽい色味になっていましたが、やはり色持ちが悪いのか”オレンジブラウン”くらいの色味にまで退色しちゃっています。

ただ、この黄色の毛束については退色こそ感じられるものの、この程度の色落ちなら許容範囲内かと思います。

白髪染めやパーマを何度も繰り返しいる場合は、このように染料が多く入って結果的に、長く色持ちする可能性もあります。

【結論】フラガールシリーズで最悪の染まり&色持ちか。

フラガールのナチュラルブラウンがかなり色味や色持ちもいい具合だったので「もしやローズブラウンもかなり良いのでは?」っと期待したのですが、残念な結果に。

私自身の手でフラガールシリーズ全部検証してきましたが、間違いなく今回のローズブラウンが”色味””染まり具合””色持ち”全てにおいてワーストです。

市販としては2,000円程度と、高額な部類なので1,000円前後のものよりは染まるだろ~っと思ったのですが、これはちょっとオススメとは言い難いですね・・・

何度もナチュラルブラウン推しで申し訳ないんですが、これだったら赤みのあるフラガールナチュラルブラウンで良いかと思います。ほんとに。↓
【レビュー】染まり良しッ!フラガール(ナチュラルブラウン)7日後の色持ち&色味を徹底検証!

フラガールカラートリートメントは同じシリーズでもかなり当たり外れが激しいですが、ナチュラルブラウンが最も色味や色持ちが優れている感じですので。

もし、あなたがフラガールカラートリートメントで迷っているなら、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。