【元美容師が比較】フラガール白髪トリートメントvsリッチ 7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

市販カラートリートメントでかなり人気商品『フラガールカラートリートメント』とその上位版とも言えるフラガール”リッチ”の染まりの違いを元カラーリストの私が徹底比較していきます!

80種類以上のカラートリートメントを検証してきましたので、断言できるのですが「どっちも市販の中では染まりは良い」です。コレは間違いない。

ただ、若干リッチの方がツヤ感、染まりが上かな?というのが私の結論です。

ということで実際にリッチの通常のフラガールで染めた毛束を載せつつ、染まり、7日後の色持ち間を解説していきますね!

染毛直後の染まりを比較

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を染毛比較して行きます。

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック
黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック
黄色みのある毛束⇛ブリーチ処理しているので、ハイダメージ毛&黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

当ブログの比較記事ではカラートリートメントで最も人気色”ダークブラウン”同士で比較していきます。

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

フラガールダークブラウン染毛直後

まずは通常のフラガールトリートメント。「これホントに市販なの?」と問いたくなるほど、しっかり”ダークブラウン”に染まり上がりました。

3000円クラスのしっかり染まるカラートリートメントに比べると”白髪浮き”が気になりはしますが、市販でこのくらい染まるなら十分合格だと言えます。

通常版でここまで染まるならもはや通常のフラガールでいいじゃん!っと思っちゃいますが、リッチは更に上を行っているのです・・・

マイナチュレダークブラウン染毛直後

キター!!コチラがフラガールの上位版とも言えるフラガール”リッチ”で染めた毛束群です。

まずパット見て感じたのが”ツヤ感”です。通常のフラガールは染まりこそ、市販の中ではかなり良好でしたがツヤ感はイマイチでした。

しかし!フラガールリッチはとにかくツヤ感がGOOD!

そして、肝心の”染まり”についても通常のフラガールを遥かに上回る染まり上がりです。

通常版のフラガールもしっかりめにダークブラウンに染まっていたのですが、更にブラウンに深みが増し、ツヤ感も合わさってより上品な感じに。まさにRich!

白髪部分についても、3000円クラスのものに引けをとらないくらいカバー出来ています。

「リッチとか書いてあるけど実はそんなに変わらないんじゃないのぉ?」っと勝手に予想していましたが、染毛直後の染まりは”圧倒的にリッチの方が上”というのが両者で染めてみた私の感想です。

フラガールダークブラウン 染毛直後
フラガールリッチダークブラウン 染毛直後

7日後の色持ちを徹底比較!

染毛直後の染まりはリッチの方が圧倒的に上だったのですが、問題はこの”色持ち”なんですよね・・・

いくら染毛直後にしっかり染まっても、たったの数日で色落ちしているようじゃ、その分お金も手間もかかりコスパ悪くなりますからね。

で、今回のフラガールなのですが、、、リッチ、通常版とも色持ちは悪いです。ハッキリ言って。(汗)

もしかすると、フラガールは色の定着させるのが苦手なのかもしれませんね。では実際に7日後どの程度色持ちしているのか?見ていきましょう↓

【7日後】フラガールダークブラウン色持ち検証!

まずは通常版のフラガール7日後の毛束ちゃん達。

染まりの悪いカラートリートメントよりは染料は残っているものの、全体的にかなり色が霞んでしまっています。

特に私が気になったのは中央の白髪の毛束。

染毛直後はかなり白髪をカバー出来ていましたが「ココが白髪!」っとバレてしまうほど”白髪丸出し”の毛束が見え隠れしています。

色味に関しては、綺麗なダークブラウンがそのまま退色して”ピンクブラウン”に変化した感じなので違和感はありませんが、退色はかなり早いですね・・・

【7日後】フラガール”リッチ”ダークブラウン色持ち検証!

続いてリッチバージョンの7日後の色持ちです。リッチだから色持ちはかなり良いか?!っと思ったのですが、通常のフラガールよりも更に退色が激しい感じです。

染毛直後のツヤッツヤだったのに完全にツヤ感は失われていますし、色味に関しても”ダークブラウン”に染まっていたのが”ブラウンアッシュ”的な色にまで退色しちゃっております。

ただ、白髪部分については「色持ちが良い!」とは言えないものの、色の掠れ具合からすると思ったよりも染料が残っている感じです。

白髪浮きはかなり目立ちますが、市販のカラートリートメントの中では白髪のカバー力は合格!っと言っても間違いないかと。

で色持ち対決ですが・・・これが難しい。白髪のカバー力はリッチの方が上ですが、綺麗な色味をキープ出来るのは通常のフラガールかな?という感じ。

フラガールダークブラウン 7日経過後
フラガール”リッチ”ダークブラウン 7日経過後

より詳しい両者のレビュー記事はコチラも参考にしてみてください↓
【検証】7日で色落ち?フラガールカラートリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底レビュー!

完璧に近いが弱点も!「フラガール リッチダークブラウン」7日後の色持ちや染まりを徹底検証!

【価格比較】コスパ最強はどっちだ?

フラガール フラガール”リッチ”
商品代(定期便) 2160円
1ml辺り約8,6円
約3500円
1ml辺り約20円
容量 250g 170g

どんなに綺麗に染まるカラートリートメントでも、使い続けられる価格じゃないと意味がありません。

で、フラガールとリッチの価格なのですが、、、圧倒的に”リッチ”の方が高額です。その差はなんとッ!2倍以上もの価格差。

通常のフラガールは250gの大容量で尚且、一本2000円くらいで購入できます。1mlに換算すると9円弱。

一方フラガールリッチの方は容量がたった170gで価格も3500円程度。1ml辺りは20円程度と価格の方もかなりRich!

これを読んでいるあなたがリッチマンなら、気にもならない価格かもしれませんが、私のような一般ピープルにはこの価格差はデカイです。(汗)

そもそも、3000円を超えるならもっと染まりや色持ちが良いカラートリートメントはありますので↓
【129品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

価格重視で気軽に染めたい人は通常のフラガール。しっかり染めたい派の人は上記のランキング記事に載っているカラートリートメントを使った方が幸せになれるかと。

【結論】フラガールを使うなら通常版がオススメです。

正直言って通常版よりもリッチの方が染まりも色持ちも優れているのは確かです。

しかし!一番気になるのは2倍以上者価格差ですね。

手軽に使える!と言うのが市販カラートリートメントのメリットだと思うのですが、3500円で容量170gは気軽には手が出ません・・・

上記の方でもお伝えしたのですが、3000円超えるならもっと安くて染まるカラートリートメントがありますし、お手軽さが完全に消失してしまっているので、「あえてリッチを選ぶ理由は無いっ!」っというのが私の心からの感想です。

この価格で更に色持ちが良いのであれば、選択肢に入れても良いのですが色持ちがちょっと悪すぎと感じちゃいました・・・

「白髪染め初挑戦で気軽に染めたい」「白髪の数が少ない」と言う人は通常版のフラガールを使ってみる事をオススメします。

逆にあなたが「しっかりめに染めたい」「出来れば長く色持ちさせたい」

というなら、以下のランキングのカラートリートメントの方が絶対にオススメだと言い切れます。
【129品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「フラガールの通常版とリッチ版」で迷っていればぜひ参考にしてみてくださいね!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。