【元美容師が口コミ】キラリカラートリートメント(ダークブラウン) 7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

今回は『マリアンナプラス煌髪キラリカラートリートメント(ダークブラウン)』の7日後の色持ち&染まり具合を画像を交えて解説していきます!

キラリシリーズには今回のカラートリートメントタイプと以前検証した”ムースタイプ”があります。
【ダークブラウン】キラリカラー”ムース”を徹底検証!

で、私が検証した感じだと圧倒的に”ムースタイプ”の方が優れていました。っというのもコチラのカラートリートメントは色持ち、染まり、色味全てに置いてビミョーすぎます・・・

ではどんな色味に染まって色持ちはどうなのか?実際に毛束に染めた画像をみていきましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?


どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束ではカラートリートメントの”色味”、中央の白髪の毛束では”白髪に染めた時の染まり具合”、そして一番右の黄色の毛束では黄色い毛束

に染めた時の染まった感じを見ていきます!

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

『マリアンナプラス煌髪』染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

今回のキラリカラートリートメントのパッケージ裏にも「10分程度放置のあとすすぎ」っと書かれてはいるのですが、10分で染まる人ってほぼいませぬ・・・

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でキラリカラートリートメント(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓

ウウウゥン・・・以前検証した”ムースタイプ”のダークブラウンはもっともっとしっかり濃いブラウンに染まったのですが、コチラは”ライトブラウン”程度にしか染まってない感じ。

比較すると分かりますが「これ本当に同じシリーズなの?!」っと目を疑いたくなるくらい染まり具合が違うんです↓
【ダークブラウン】7日で色落ちする?キラリカラートリートメントムースの染まり,色持ちを徹底検証!

ライトブラウンという商品ならまあ、ありといえばありですがコレ”ダークブラウン”っという商品名ですからね。

コレじゃあ、誰が使っても物足りないだろうなぁ~っというのが、私の率直な意見です。

色味チェック(白の毛束)

まずはカラートリートメントの純粋な色味をチェック!”やや黄色みの強いライトブラウン”っという感じの色味ですね。

どうみても”ダークブラウン”ではありません・・・他メーカーで言うところの”ライトブラウン”いやもっと薄い色味かもしれません。

どちらにしても、深みのあるダークブラウンで染めたい!っという人はこの色味じゃあ満足できないかと。ビミョーです・・・

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪部分がどのくらいカバー出来るのか?をチェック!

ただ、こちらも染毛直後にも関わらず、”白髪丸出し”状態の毛がチラホラ見かけられて贔屓目に言っても「染まっている」とは言い難いです。

もちろん、髪の毛の表面を重点的に染めるカラートリートメントなので、一回でガッツリ染めるものでは無いです。

が!それにしても「染まらなすぎぃ!」ですね。複数回染めればもっと染料が定着するにはするのですが、だったら別のカラートリートメントでも良いですし・・・

あえてキラリカラートリートメントを選ぶ理由も無いかな~っと言うのが私の本音です。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いてブリーチ処理を施したハイダメージな黄色みの強い毛束です。

カラートリートメントはダメージを負っている髪の方がよりしっかり染料が入っていきます。

なのでこの黄色味の強い毛束も、上記2つの毛束よりしっかりめに染料が入って、ここでやっと”ブラウン”っぽ色味に染まっている感じ。

あなたも同じように白髪染めを繰り返して、ハイダメージ毛ならこのように割としっかりめに染めることは可能です。

っと言っても別のカラートリートメントでも同じ事が言えるので、あえてこのカラートリートメントじゃなくても良いような気はしますが。。。

7日後の色味や色持ちをチェック!

続いて重要なのが「どのくらい色が持つのか?!」という点ですね。いくら染毛直後にしっかり染まっていようと、2,3日で色落ちしているようじゃあ、使い物になりません。

で、今回のキラリカラートリートメントなのですが、色持ちも”かなり悪め”です。

コチラが7日経過後の毛束ちゃん達です↓全体的にかなり、かなり退色してライトブラウンっぽかった色が”ゴールドアッシュ”的な色味に変化しています。

染毛直後も対してしっかり染まっている感じではなかったですが、7日も経過すると結構悲惨な感じですね(汗)

コチラが染毛直後の画像です↓比べると、まだ染毛直後は染料が入っている感じがしますが、7日経過後は見るも無残な姿に・・・

「かろうじて染料が残っているかな?」くらいで白髪染めとしての機能は全く果たせておりませんね。

では、また1つずつ毛束をチェックしていきましょう。

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

まずは色味の変化をチェック!染まりが悪いなりにも染毛直後は”ライトブラウン”っぽく染まってはいました。

が!!7日経過した毛束は退色しまくってしまい”アッシュ”?くらいの色味になっちゃっています。

カラートリートメントなので、もちろん7日も経過すれば退色は避けられませんが、他メーカーのダークブラウンよりもかなり色持ちは悪めです。

ダークブラウンという色を期待して、この色味じゃあ殆どの人が満足出来ないかと。

美容室でダークブラウンをお願いしてこの程度の染まり具合だったら、間違いなく”やり直し”ですね(汗)

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

続いて、白髪の毛束をチェック!

コチラに関しては、、、もうほぼ完全に退色したってくらい色が落ちちゃっています・・・

特に毛先部分に注目すると、染毛直後はそれなりに色が付いていますが、7日後の方はほぼ完全に白髪が見えちゃっています。

う~ん。ダークブラウンという名称の商品ならば、もっとしっかりめに白髪をカバーして欲しい所です。全然ダークじゃないですね(汗)

もし、このカラートリートメントでしっかり白髪をカバーしようと思えば、3~4日に一回は再染毛が必要なんじゃないかな~と思いますよ。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

続いて3つの毛束の中では最も色濃く染まっていた黄色の毛束。ですが、こちらも見るも無残な姿に・・・

ハイダメージ毛なだけあって染毛直後は割と染料がしっかりめに入ってはいました。

が!7日後の毛束に目を向けると「おいおいどうしちまったんだ?!」っと心配したくなるくらい退色しちゃっています。

よーーーく観察すればかろうじて茶色?っと認識出来はしますが、これじゃあちょっと染まっているとは言えませんね。

【結論】ムースタイプの方が全てに置いて勝っています

ダークブラウンのカラートリートメントも20種類以上検証してきましたが、”染まり、色持ち、色味”トップクラスに悪いです。

ワーストか?っと言われるとそこまでではないですが、、、う~んワーストに近い染まりですね(汗)

冒頭でも解説したように同キラリブランドには”ムースタイプ”も存在し、そちらの方はもっとガッツリダークブラウンに染まるのですが
【ダークブラウン】7日で色落ちする?キラリカラートリートメントムースの染まり,色持ちを徹底検証!

こちらのカラートリートメントはダークブラウンにしてはうっすい色味ですし、色持ちも微妙。

っという点から考慮するとあえてこのカラートリートメントを選ぶ必要も無いかなぁ~っというのが私の本音ですね。

キラリブランドが好きなのであれば、ムースタイプを選んだほうが100倍幸せになれるかと思います。

もし、あなたがキラリカラートリートメントを検討しているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。