【元美容師が口コミ】キラリトリートメントムース(ライトブラウン)7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

今回はカラートリートメント”ムース”『キラリ(kirari)カラートリートメントムース(ライトブラウン』の7日後の色持ち、染まり具合を徹底検証してきます!

「ムースタイプって何か全然染まらなそうだなぁ」っと勝手に妄想していたのですが、意外や意外。

実際に毛束に染めてみると染毛した直後はそれなりにしっかりめに染まったんです。ただ、、、色持ちは悪いっ!っというのが今回キラリムースを検証してみた私の本音ですね。

では実際にどの程度染まるのか?7日経過するとどの程度色落ちしていくのか?見ていきましょう!
⇛【20%OFF&特典付】キラリとろ~りムースの現在の価格、詳細はコチラ!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の毛束では、カラートリートメントの純粋な”色味”をチェック。そして中央の白髪交じりの毛束では実際に白髪に染めた時にどれだけカバー出来るかをチェックしていきます。

黄色の毛束では黄色みの強い毛束に染めた時にどういう色味に染まるのか?をチェック。

記事の後半では7日後の色の持ち具合を見るために、”シャンプー”を7回繰り返し、実際の色持ちに近い色持ち具合を見ていきます。

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

今回のキラリムースも「毛髪に塗布後10分程度放置」っと書かれていますが、10分程度じゃかなり染まりやすい人意外は大して染まりません・・・

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でキラリカラートリートメントムース(ライトブラウン)で染めた結果がコチラ↓

ムースタイプって何となーく、通常のカラートリートメントよりも粘度が低いので染まらなそうっと想像していましたが、悪くない染まり上がりです。

色味に関してはちょっぴり赤みが感じられる、自然なブラウンですし染毛直後の染まりは良い感じ。

キラリムースの中では今回の”ライトブラウン”が最も明るい色味です↓

ライトブラウンの名の通り、暗すぎず染まらなすぎずで元カラーリストの私から見てもGOOD!

ではどの程度しっかり染まっているのか?1つずつチェックしてきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な色味をチェックしていきます。

上記でも書いたようにほんの少し赤みが感じられますが、かなり自然なブラウン色に染まっています。

「ライトブラウンって名前なんだから、ブラウンに染まるのは当たり前じゃないか!」っと思う人もいるかもしれませんが、ブラウンというネーミングの商品の癖にアッシュ程度にしか染まらないものも多いんですよ。

その点、キラリのライトブラウンはライトブラウンにふさわしい綺麗なブラウンに染まっています。色味に関しては誰も文句は言わないかと。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて、白髪部分の染まり具合をチェック!

一回目の染毛なので仕方ない面もありますが、しっかり染まっている!って感じではありません。

画像で見てもキラッと光っている部分がチラホラあり「この部分が白髪部分だな」っと分かりくらいに”白髪浮き”しています。

ただ、他のカラートリートメントよりもかなり劣っているってほどでも無く、”やや悪めの染まり”っというくらいですね。

この程度であれば、2回3回と連続で染毛すればしっかり白髪部分にも染料が定着するかと思います。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いてブリーチ処理した黄色みの強いハイダメージ毛です。”ライトブラウン”というよりも”ダークブラウン”くらいに染まっています。

ハイダメージ毛は髪の表面のキューティクルが剥がれ落ちている状態なので、通常の白髪よりもより濃く染料が入っていきます。

なので、今回のキラリに関しても上記の2つの毛束よりも濃いめに染料が入っていますね。

あなたが白髪染めを繰り返して、ハイダメージ毛になっているなら同じようにダークブラウンくらいに染まる可能性がありますのでその点は注意!

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後の染まり具合と同じくらい重要なのが、「何日くらい色が持つのか?」っという点です。

染めた直後がどんなにしっかり染まっていても、2、3日で色落ちしているようじゃあ、それだけお金も手間もかかりまくります・・・

で、今回のキラリムースなのですが、この色持ちは悪い目です・・・

7日経過後の毛束ちゃんがコチラ↓全体的にかなり退色しているのが、画像を通してでもお分かりいただけるかと思います。

「使い物にならないっ!」ってほど色持ちが悪いわけではないのですが、同価格帯(3000円程度)の色持ちが良いカラートリートメントと比較すると、色持ちは悪めですね~。

どの程度退色したのか?比較するために、もう一度染毛直後の画像を載せますね↓

染毛直後は赤みのあるブラウン色に染まっていましたが、7日経過すると染料が落ちて”ピンクブラウン”的な色味に変化しちゃっています。

そして、、、白髪の毛束に関しては染毛直後はちょっと”白髪浮き”がチラホラ見られるな~っというくらいでしたが、もろに白髪丸出し状態の部分も出てきちゃっていますね(汗)

っということでまた1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓7日経過後の画像↓
まずは色味の変化をチェック!

染毛直後はほんのり赤みを帯びたブラウン系の色味に対して、7日経過した毛束は染料が落ちて”ピンクブラウン”っぽい色味になっています。

3000円クラスの色持ちが良いカラートリートメントよりは退色は早め。っとは言え7日経過後も暖色系なのには変わりないので、違和感は全くありません。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
問題はコレ!白髪部分の染まりが異様に悪いんですよねぇ・・・

あなたも画像を見て頂ければ、「うお!こんなに色落ちするのか!」と感じていただけるはず。

染毛直後もチラホラ”白髪浮き”している部分はありましたが、カラートリートメントで尚且最も明るい”ライトブラウン”というカラーにしてはまあまあの染まり具合でした。

しかし!7日後の毛束に関しては、擁護できないほど退色しちゃってます。白髪部分は丸出しの部分もチラホラありますし、全体的に色がうっすくなっていますね。

市販のカラートリートメントよりは大分マシではあるものの、色持ちが良い!っとは言えませぬ・・・

もし、このキラリムースでしっかり白髪を染めようと思ったら、3,4日に一回は再染毛が必要なんじゃないかなぁと思います。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓続いてハイダメージ毛の毛束ですが、上記の2つよりもかなり染料がしぶとく残っています。笑

染毛直後に比べるとやや赤みが強くなっている感じはしますが、全然許容範囲ですしガッツリ染まっております。

キラリムースはダメージ毛には浸透しやすいのかもしれません。逆に白髪のようにキューティクルがしっかりしている部分は色が定着し辛い感じです。

【結論】色味は綺麗だが、染まりはイマイチでした。

ライトブラウンらしい綺麗で自然なブラウンに染まったのは間違いないです。

やや赤みが感じられますが、不自然なほどじゃないしよっぽど赤系が嫌い!ってわけじゃなければ、不満は無いと思います。色味に関しては・・・

ただ、問題はやはり色持ちが悪い!って点ですね。致命的ってほど色持ちが悪いわけじゃないのですが、やっぱり色持ちの良いカラートリートメントと比較しちゃうと、悪めなのは間違いないです。
【全2色比較!】まだ買うな!あなたに合ったマイナチュレカラートリートメントはコレだ!

そして、もう一点。ムースタイプのカラートリートメントを検証するのは初めてだったのですが、正直言ってムースタイプだからと言って、塗りやすいってことはありませんでした(汗)

むしろ、液がゆるくて液垂れしないか心配になります。「もうちょっと粘度が高ければ塗りやすいのになぁ」と思ったのですがそれだったら普通のカラートリートメントで良いじゃんって話に。。。

もし、あなたがキラリカラートリートメントムースを検討しているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね!
⇛【20%OFF&特典付】キラリとろ~りムースの現在の価格、詳細はコチラ!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。