【元美容師が評価】バイタリズムトリートメントkulo(ブラック)7日後の色持ちを検証!証!

元美容師Mです。

頭皮と毛髪の専門家がプロの目線で開発したという『バイタリズムkulo(ブラック)』ですが、、、

カラーリストとして、1000回以上白髪染めを施術してきた、私が使った印象では「THE・平凡」という感じのカラートリートメントです。

確かに染まりはしますが、他のメーカーと比べてかなり染まりやすいとという訳でも無く、かといって染まりにくいって言うわけでもなく・・・本当に平凡なんです。

では実際にkuloで染めた人毛をチェックして、染まり具合&7日後の色持ち具合を徹底検証していきます!
バイタリズムkuloの現在の価格や詳細はコチラ

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束で、カラートリートメント自体の”色味”をチェックしていき、中央の白髪交じりの毛束で白髪に染めた場合の染まり具合をチェック。

一番右の黄色の毛束では、”黄色みを抑えたい”人向けにどの程度、黄色味が抑えられるのか?をチェックしていきます。

そして、記事後半でカラートリートメントの色持ち具合を検証するために、”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い7日後の色持ち具合をチェックしていきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

今回のkuloシリーズも10分~20分程度で染まる的な事が書かれていますが、白髪の染まりやすさなんて個人差がありまくりなので、もっっと時間を置くべきです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でグローイングショット(ブラウン)で染めた結果がコチラ↓

もう誰が見ても、黒ッ!ですね。ただ、黒といっても「白髪染めしましたぁ!」と一目で分かるような、”真っ黒”ではなくやや明るめの黒です。

グレーをかなり濃くしたイメージのカラーです。シリーズの中では一番暗い色ではありますが、イメージ画像にはかなり近いかなぁと↓
あなたが「何がなんでも、絶対しっかり染めたい!」という場合だと、やや威力不足感は否めませんが、1度で満足出来なければ、2,3回連続で染めれば、それだけしっかりガッツリ染まります。

ただ、白髪染めって暗ければ暗い色味ほどしっかり染まりますが、あまりに暗すぎると”黒光り”してかなり不自然な黒になるので、私個人的にはこの程度の黒がちょうど良いと思いますね。

ということで、1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

上記でも解説したように、”黒”です。

っといっても明るめの黒なので変に”黒光り”はしないでしょうし、自毛が暗めの人ならちょうど良い黒だとも言えます。

「ブラック何だから当たり前じゃんッ!」と思われるかもしれませんが、メーカーによっては”ブラック”というネーミングの商品なのに全然黒くない商品もあるんです。

例えばコチラとか、ブラックカラーの商品なのにどう見ても”グレー”にしか見えません・・・↓
【検証】7日で色落ちか?プリオールコンディショナー(ブラック)の染まりを徹底レビュー!

このようにメーカーによって、同じブラックでもまっったく色味や染まりは違いますので、あなたがカラートリートメントを選ぶ際は絶ッ対に事前にどんな色味なのかチェックしましょう!

染まり具合チェック(グレイの毛束)

次に実際に白髪に染めた時の染まり具合ですが、ブラックカラーというだけあって白髪はかんなり染まっています 笑

白髪と黒髪がわからないくらいには染まっていますし、黒にしては変に”黒すぎない”のが好印象ですね。

っと言ってもやはりもう一段階明るい色味の”ダークブラウン”などと比較しちゃうと、かなり暗めに感じるので↓
【徹底検証】7日後の色持ちは?バイタリズムkulo(ダークブラウン)の染まりを本気レビュー!

もし、あなたが「出来るだけ明るめの色味で、白髪を染めたい」というなら、ダークブラウンなど選択した方が確実に幸せになれるかと思います。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

黄色の毛束に関しても、しっかり黒に染まっています。黄色みはかなり抑えられている、、、ッと言うかもはや黒くなっちゃって黄色みも何もないです 笑

ただ、あなたが黄色い白髪を絶対にしっかり隠したい!と言う場合は、選択技の1つに入れても良いかと思います。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後と同じくらい重要なのが、”色持ち具合”です。いくら染めた直後はしっかり染まっていいても、数日で色が抜けてちゃ何の意味もありません・・・

っということで当ブログでは7日後の色落ち具合をチェックするために、最も色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回連続で繰り返し、現実に近い色持ち具合を再現していっています。

今回のkulo”ブラック”の7日後の色持ち具合がコチラ↓

7日経過しているので、そこそこ色落ちはしているものの、他メーカーさんと比べて色持ちが悪い!と言う感じでもないです。

かと言って色持ちが良い!ってわけでもなく色持ちに関しては本当にTHE・平凡です。

今一度、あなたにも”染毛直後”の画像を見ていただきたいです↓

パッと見た感じですと「ん?そこまで変わらない?」っと印象を持たれそうですが、3秒位凝視すると”直後”に比べて”7日後”の方が全体的に色味が薄くなっているのが確認出来るかと思います。

では、また1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
全体画像だとやや分かりづらかったですが、こうやって1つずつ見ると結構色落ちしている感じが見て取れます。

染毛直後は明るめの”THE・黒”というイメージのカラーでしたが、7日経過すると染料が落ちて、”グレー”っぽ色味に変化しています。

色味が変化していると言ってもグレーは黒の明るくなった色味なので、日にちが経って不自然な色味になった!って感じは全く無いです。

カラートリートメントによっては、日にちが経過するとめっちゃ赤みが出てくる商品なんかもありますからねぇ~。

色味の変化が少ないという点では好印象です。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

そこそこ退色が激しいなぁ~と感じられたのがコチラ。

”染毛直後”は白髪部分と黒の部分が見分けがつかないほど染まっていましたが、7日経過すると白髪部分が明るくなり、チラホラと目立ってきています。

7日も経過しているので、髪の表面を染めるカラートリートメントと言う性質上、この程度の色落ちはどうしても避けられませんね。

もし、あなたがこのカラーで”しっかり染め続けたい”というのであれば、5~6日くらいに1回は再染毛が必要かと思います。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いて黄色の毛束ちゃん。上記2つに関してはほぼ色味の変化が感じられませんでしたが、黄色の毛束に関してはやや”マット(緑)”っぽい色味になっています。

恐らくカラートリートメントに含まれる”赤の染料”が落ちていき、残った青の染料と毛の黄色が混ざってマットっぽい色味になっているのかと思われます。

私個人的には好きな色味ではありますが、マットっぽい色味はイヤっ!と言う人は向いていないですね。

【結論】良くも悪くも『平凡』なカラーでした。

実際に人毛に染めてみた私の感想としては「黒らしい黒だ!」という何とも面白味の感じられない感想でした。

良い意味でも悪い意味でも普通の明るめの黒で、色持ち具合も他メーカーと比較して良くも悪くも無いと言う感じ。

ただ、1つ言えるのはあなたが「黒くなってもいいから、ガッツリ白髪を染めたい!」という場合でしたら、もっともっと暗めのの”ブラック”で染められるカラートリートメントを選ぶべき!というのは間違いないです。

コチラのカラートリートメント”ブラック”も一度見て頂きたいのですが↓
7日後の色落ちを検証!ルプルプトリートメント(ナチュラルブラック)の染まり具合をレビュー!

ほんっっとー!にメーカーによってブラックでも全く色の濃さや、色持ちは違います。

今回のkuloはぬぁんとしてもしっかり染めたい!という人よりも、「自然な黒で染めたい人向け」の商品ですね。

カラートリートメントのブラックカラを検討している人は是非是非、参考にしてみてくださいね!

バイタリズムkuloの現在の価格や詳細はコチラ

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。