【元美容師が評価】バイタリズムkulo(ダークブラウン)7日後の色持ちは?

元美容師Mです。

育毛系シャンプーで有名なバイタリズムブランドのカラートリートメント『kulo』のダークブラウン色を全力でレビューしていきます。

結論から言うと、「パッケージのイメージと実際に染めた見た色味がぜんっぜん違うッ!」というのが私が染めてみて感じた感想です・・・

パッケージに書いている色は温かみのあるブラウンなのですが、人毛に染めてみると全く色味が違うんですよね。

ではどういう色味に染まるのか?7日後の色持ちはどうなのか?実際の毛束を見ていきましょう!

バイタリズムkuloの現在の価格や詳細はコチラ

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番右の毛束では、純粋なカラートリートメントの”色”を見ていき、中央の白と黒の混じった毛束では、本当の白髪に染めたときの”染まり具合”を見ていきます。

一番右の黄色の毛束ではどのくらい白髪の黄色みを抑えられるのか?をチェック。

そして、、、記事後半では7日後の色持ちを徹底検証するために、最も色落ちの原因とも言える”シャンプー”を7回連続で繰り返し、よりリアルな色持ち具合を見ていきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

今回のkuloシリーズも10分~20分程度で染まる的な事が書かれていますが、白髪の染まりやすさなんて個人差がありまくりなので、もっっと時間を置くべきです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でバイタリズムkulo(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓

染まってはいるし、綺麗な色味ではあります。染まってはいるのですが、、、「あれ?なんかパッケージのイメージと色味違くない?」と感じたのが私が最初に感じた印象です。

”ダークブラウン”というよりも”ダークグレイ”という感じの色味です。間違いなく”ダークブラウン”ではないです・・・

公式サイトなどでも、イメージ画像は記載されていますがもっと赤みがある、よりナチュラルなブラウンなんですよね↓

個人的には”ダークグレイ”っぽい色味もかっこよくて好きなのですが、これパッケージのイメージで買ったら失敗するんじゃないかと。

っということで、1つずつ細かく毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずはカラートリートメントの純粋な色味ですが、やはり拡大してみても”ダークグレイ”っという感じの色味です。

以前検証したkuloシリーズの一段階明るいカラー”ライトブラウン”はめっちゃ自然なブラウンだったので、こちらも同じ系統のブラウンで染まるかと思いきや、色味に関しては全然違います(汗)

あなたが寒色系や”アッシュ系”の色味が好きだぁ~と言うなら、この色味はありですがパッケージのイメージで使うと「イメージ違い」が起こる可能性は高いな・・・と。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

色味に関しては”アッシュ系”の色味ではあるものの、白髪の染まり自体はそこそこいい感じに染まっています。

ただ、赤の染料のほうが分子が小さく髪の中にまで浸透しやすいのもあってか、これより一段階明るく赤みのある”ライトブラウン”の方が白髪染まりが良いなと感じました。
7日で色落ち?バイタリズムカラートリートメントkulo(ライトブラウン)の染まり具合を徹底検証!

”アッシュ系”の色味は分子の大きい青の染料が多く使われているのでどうしても、染まり具合が悪くなっちゃうんですよね。

色味はめっちゃ綺麗なんですが、白髪を染める!という点で言えば、やはりもう少し暖色系よりの色味がオススメです。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

黄色見に関してはかなりしっかり抑えられています。

というのも”アッシュグレー”(青系)の色味の反対色は黄色なので、この手のアッシュ系の色味は黄色みを抑えてくれる効果があるんです。

色相環を見ても大体、黄色と青が反対に位置していますね↓

なので、あなたが黄色みを抑えたい!という目的でこの色味を使うのはアリだと思います。

7日後の色味や色持ちをチェック

カラートリートメントに置いて超重要項目が、「色持ち具合」です。どんなにしっかり染まっても2,3日で色落ちするなら、美容室に駆け込んだ方がお金も時間も安くすみます。

当ブログではより現実に近い色持ち具合を検証するために、”シャンプー”を7回繰り返して実際の色持ちに近い環境で毛束を見ていきます!

ということで7日経過後の毛束達がコチラ↓

7日も経過すればどんなに色持ちの良い、カラートリートメントでもずぇったい!に退色はしちゃいます。

なので、今回のkuloもぱっと見ただけで分かるくらい退色していますが、色持ちとしては「あまり良くない」というのが私の心からの本音です。

もう一度”染毛直後”の画像も見ていきましょう↓

100人中90人くらいは「色が薄くなっているーー」とおわかり頂けるはず。

まあ、7日も経過しているんで退色は避けられないんですが、他メーカー”ダークブラウン”と比べても色落ちは早めです。

ではまた1つずつチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

まずは色味のチェックから。色味の変化自体は少ないものの、色が退色して全体的に色味が薄くなっています。

今回のような青みが強い”アッシュ系”の色味ってどうしても染料の分子が大きいので、毛髪に浸透しづらく色落ちが早いんですよねぇ・・・

私も現役時代は、アッシュ系にハマっていた時があり、この毛束と同じような色味にしたこともありますが、2週間はぜっったいに持ちません 笑

っと話がそれましたが、色味の変化は少ないが色持ち自体はあまり良くないというのが私の評価です。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

もっとも退色が感じられるのがコレ。もうね、完全に白髪部分の染料が落ちてしまって”白髪浮き”してしまっています(汗)

全体的にかろうじて染料は残っているものの、白髪の毛はピカピカ光ってしまっているのでこれだとすぐにでも再染毛しないとキツイです・・・

もし、あなたの白髪が染まりにくかったり、白髪の量が多い場合でしっかり染めたい場合は、1度で2回染めるなどしないとカバーするのは難しいですね。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

黄色の毛束も色落ちが激しいのか?!と思いきや意外に耐えています 笑

退色して”アッシュブラウン”⇛”マット(緑)ブラウン”っぽい色味に変化しています。

マット系の色味が好きな人ならありっちゃありですが、色味の変化を抑えたい人には向いていないかと思います。

【結論】好き嫌いの分かれる色味。色持ちは悪いです。

一番気になる点としては、パッケージのイメージカラーと違うじゃんッ!という点ですね。

公式画像のイメージとかだと、かなりナチュラルなダークブラウンだったのですが、実際に染めて見ると”グレーブラウン”のような色味です。

これはこれで、綺麗な色ですし私自身好きな色ですが、パッケージをイメージして購入したらイメージ違いが起こるのではないかと・・・

あなたが”アッシュ系”や”グレー系”の色味が大好きなら良いのですが、自然なブラウンを目指す人にはちと微妙ですね。

そして色持ちに関しては他メーカーさんの”ダークブラウン”と比較しても悪いです。

どうしても、白髪に近い”グレー”系の色味だと色の入りが悪いので仕方ない点はありますが、、、

うーん。色持ちに関して言えばオススメ!とは絶対に言えないできすね。

白髪の本数がかなり少ない、白髪が細くかなり染まりやすいと言う人で色味が好きな人は、検討してみてもよいと思います。

もし、あなたがkuloダークブラウンを検討しているのであれば、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね!
バイタリズムkuloの現在の価格や詳細はコチラ

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。