【元美容師が評価】バイタリズムトリートメントkulo(ライトブラウン)7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

頭皮ケアシャンプーとして知名度がある『バイタリズム』の白髪染めカラートリートメントkuloの”ライトブラウン”の染まり具合、7日後の色持ちを徹底検証していきます。

商品名がkuloという名称ではありますが、真っ黒に染まるわけではなく、ライトブラウンカラーっていうのがややこしいですね・・・

で、カラーリストとして今まで1,000人以上に白髪染めをしてきた私の意見からすると、バイタリズムカラートリートメントの中で今回の”ライトブラウン”が最も綺麗な色味だ!と感じました。

では実際にライトブラウンで人毛を染めた毛束を一緒に見ていきましょう!
バイタリズムkuloの現在の価格や詳細はコチラ

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束では、純粋なカラートリートメントの”色”をチェック。白髪交じりの毛束では、実際に白髪に染めた時の”染まり具合”をチェックします。

そして、黄色の毛束では黄色っぽい白髪の黄色みを抑えられるか?を見ていきます。

記事の後半では”7日後の色持ち”具合を再現するために最も色落ちの原因とも言える、”シャンプー”を7回連続で繰り返し、色の持ち具合を再現していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

バイタリズムkuloでは「10~20分放置」と書かれていますが、これはあくまでも目安であり、染まる人と染まりにくい人じゃあかなり差が出ます。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でバイタリズムkulo(ライトブラウン)で染めた結果がコチラ↓

kuloなのにブラウンという名称の商品なので、アッシュっぽい色味になるか?と勝手に妄想していましたが、かなり綺麗な”ナチュラルブラウン”と言う感じの色味に染まりました。

ライトブラウンという同シリーズ内では、もっとも明るいカラー設定ではあるものの、他メーカーのライトブラウンと比べるとやや暗めです。

他メーカーさんのカラートリートメントで言うと、”ブラウン”くらいの設定と考えて使用したほうが良いですね。

バイタリズムカラートリートメントの他のシリーズも全て検証しましたが、色味に関してはこの”ライトブラウン”がぶっちぎりで良い!と思ったのが私の本音です 笑

ということで毛束1つずつ細かくチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは白の毛束で、純粋なカラートリートメントの”色味”をチェック。

上記でも書いたようにかんなり自然なブラウンで私好みのブラウンです。ほんの~~り赤みがあるかな?という程度で”ウォームブラウン”といったイメージですね。

老若男女誰が見ても茶色!というでしょうし、この色味が嫌い!と言う人はそうそういないかと。

ただ、逆に言えば「普通すぎる色」ではあるので、赤みが強いものやアッシュ系が好きな人には物足りない可能性はありますね。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

次に白髪に染めた毛束ですが、”ライトブラウン”という最も明るい色味にも関わらず、白髪部分はしっかり染まっています。

よーーく見ると、白髪部分の方がやや明るくはなっていますが、たった1回で自宅で何時でも染められるという点を考慮すれば合格!っと言っても問題ないかと。

白髪の染まり具合は人によってかなり個人差がありますが、公式で謳うように染まりにくい人も2,3回連続で染めることでかなりカバー出来るかと思います。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いて黄色の毛束ですが、やや赤みが目立っているような感じですが、染まり自体は悪くないです。

恐らく毛束本来の黄色味とカラートリートメントに含まれる青系の染料が反対色なので、青みが打ち消されて赤みが強くみえるのかと思われます。

7日後の色味や色持ちをチェック!

そして、、、染毛直後と同じくらい超絶重要なのが”色の持ち具合”です。

いくら染毛直後がしっかり染まっていようと、たったの数日で色落ちしていちゃあ、お金も持ちませんし時間もかかりまくります(汗)

当ブログではより実際の色持ち具合を再現するために、ただ7日間放置するだけじゃなく、色落ちの原因となる”シャンプー”を7回繰り返して色持ちを再現していきます。

そして、コチラが7日経過後の毛束ちゃん達↓

7日も経過しているので、全体的に色味が薄くはなっていますが、シリーズ内で最も明るい”ライトブラウン”にしては健闘している印象。

あなたにも今一度”染毛直後”の画像を見て頂き見比べて頂きたいです↓

”ライトブラウン”にしては頑張っている方ですが、めちゃくちゃ色持ちが良い!ってこともなく・・・

「明るい色味にしては持ちが良いかな?」と言った感じです、色持ちだけで言えば中の上くらいですかね。

では1つずつ毛束をチェック!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

元々染毛直後が”ライトブラウン”というよりも、他メーカーで言う”ブラウン”くらいに染まっているのですが、7日経過すると”ライトブラウン”くらいに退色しています。

特別色持ちが良い!ってわけでも無く、色持ちが悪い!ってわけでもなく・・・「ライトブラウンにしては頑張っている方かなぁ」という感じ。

ただ、色味の変化は少なめなので数日経ってから「赤みが強くなってきた!」とかは感じないでしょう。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いて7日経過ごの白髪の毛束です。うーーーん。流石に7日は持ちませんね(汗)

一応白髪部分もブラウンの染料が残ってはいるんですが、明らかに白髪部分は明るくなってしまって”白髪浮き”しています。

連続で2,3回染めれば更に色が定着しているかとは思いますが、染まりにくい人なんかですと、4,5日に1回くらいは再染毛しないと、キープするのは難しいかと。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓最後に黄色の毛束。コチラも退色が結構激しく、染毛直後が”ウォームブラウン”っぽい色味だったのがかなり明るいブラウンに変化しています。

っというか黄色の部分と馴染んでしまって、どの部分がそまっているのか?かなり分かりづらくなっちゃってますね・・・

この点を考慮しても、やはり4~5日に一回は最低でも再染毛は必要でしょう。

【結論】色味は綺麗だが色持ちは・・・

一言で”ライトブラウン”と言ってもメーカーによって色味は全く違って「なんでブラウンなのにこんなに赤みが強いんだ!!」という商品も多いんです。

しかし!今回のkuloライトブラウンは「この色が嫌いな人はいないだろう」と言い切れるほど自然で綺麗なブラウンに染まりました。

同シリーズの他のカラーも全て検証しましたが、このライトブラウンが最もブラウンらしいブラウンで私は一番好きでしたね。

ただ、逆にいえばもっと色味を楽しみたい!と言う人からすると普通すぎてツマラナイとも言えます。

色持ちに関しては他メーカーさんの”最も明るい色味”よりは健闘していますが、特別色持ちがかなり良い!ってわけでも無いです。

どうしても、明るめのカラーは染料が少なめに配合されているので仕方ないんですけどね・・・

もし、あなたが「自然な明るめブラウンで、染めたい!」と言うならバイタリズムkulo”ライトブラウン”はアリ!かと思います。

ぜひぜひ、参考にしていただければ幸いです!

バイタリズムkuloの現在の価格や詳細はコチラ

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。