【元美容師が口コミ】ラボモトリートメント (ダークブラウン)7日検証した結果!

元美容師Mです。

発毛系のサービスで言ったら誰もが知っているであろう、『アートネイチャー』さんから販売されている、カラートリートメント『ラボモ(LABOMO)』の染まり具合、7日後の色落ち具合を徹底検証していきます。

今回はラボモシリーズの『ダークブラウン』をチョイス。

ダークブラウンを選択する人は恐らく、「暗くなりすぎるのも嫌だけれど、しっかり染めたい」という人が多く選ぶと思います。

しかし!ダークブラウンで実際に毛束に染めてみると、意外な弱点が判明しました・・・

では、実際にラボモダークブラウンを染めた毛束を一緒に見ていきましょう!
【送料無料】ラボモカラートリートメントの現在の価格や詳細はコチラ

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白毛束では、カラートリートメントの純粋な”色味”を見ていきます。そして中央の白髪の毛束ではより、白髪に染めた時のよりリアルな染まりをチェック。

最後の黄色の毛束では「黄色っぽい白髪」に染めた場合の染まり具合をチェックしていきます。

そして、7日後の色持ち具合では、単に毛束を7日間放置するってだけじゃなく、色落ちの原因とも言える”シャンプー”を7回連続ですることで、より現実に近い7日後の色持ち具合を再現していきます。

白髪の染まり具合は個々によって変わってきますので、全くあなたと同じ染まり具合になる!とは言い切れませんが、かなり参考になるはず。

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

ラボモトリートメントの公式でも「3分で染まる」と記載されていますが、染毛直後はしっかり染まっている用にみえても、色持ちが悪い場合もあります。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でラボモカラートリートメント(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓

しっかり染まっている。染まってはいるんですが、、、くっくっ暗い!

っと感じたのが染めたみた、私の感想です。

ダークブラウンを選ぶ人は「色が暗くしすぎないで、しっかり染めたい」という人が手に取ると思うのですが「これどっちかと言うとブラックに近いんじゃないか?」と感じたのが私の本音です。

そして、もう一つ気になった弱点とも言えるのが”香り”です。

香りについては個々で好き嫌いがあると思うのですが、なんだかこう、、薬っぽい香りがとにかく鼻について気持ち悪くなりました・・・

他の人もカラートリートメントでこんなことはなかったのですが、私はもうぶっちぎりで香りが苦手です(汗)

と香りの面は置いておいて、、、1つずつ毛束の染まり具合をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは白の毛束ですが、バイオレットブラックっぽい色味です。そして、何度も言いますがダークブラウンという名称の割にはかなり暗めです・・・

他のメーカーで言うと『ソフトブラック』くらいの暗さなんじゃないか?ってツッコミたくなるレベルです。

あなたが、暗めでも良いからしっかり染めたい!という場合にはありだと思いますが、ダークブラウンというネーミング通りの染まり具合を希望するなら、避けたほうが良いかと。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪の毛束ですが、かなり暗めの色のおかげもあってか、白髪部分はしっかりカバー出来ています。

それは間違いないんですが、、、うーん。やっぱりどう贔屓目に見ても暗いっ!と思っちゃいます。

他メーカーの『ルプルプ』シリーズのソフトブラックと同等かそれ以上暗い色味に感じます。
【徹底検証】7日で色落ちする?ルプルプトリートメント(ソフトブラック)染まり具合をレビュー!

「染まりは良いけれど、ダークブラウンとしては暗すぎぃ!」っというのが私の評価です。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

色がかなり濃い目なので、黄色みもしっかり抑えられています。黄色みを抑えたい!という人は使ってみるのはアリです。

ただまあ、やっぱり暗いです・・・「あれ?ブラックと間違えたかな?」と心配になるほど暗い。

7日後の色味や色持ちをチェック!

そして、染毛直後の染まり具合と同じ暗い重要なのが”色持ち具合”です。

せっかく染毛直後はしっかり染まっていても、数日で色落ちしていちゃあ、お金も時間もかなり掛かってしまいます。

当ブログでは7日後の色持ち具合をチェックするために、色持ちの一番の原因とも言える”シャンプー”を7回連続ですることで、実際に近い7日後の色持ちを検証していきます。

ということで7日経過後の毛束コチラ↓

染毛直後はバイオレットブラックみたいな色味でしたが、7日経過したことでバイオレットブラウンのような色味に変化しています。

今一度染毛直後と比較してみてください↓

全体的に色味が薄くなっていますね。ただ、、、やっぱりまだ暗い!っと言うのが私の本音です。

染料がかなり濃く設定されているのか、7日経過してもまだしっかり濃く染まっています。

染まっているのは良いのですが、やはりダークブラウンという割には色が暗すぎる気が・・・

また、1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
7日経過したことで、染料が落ちバイオレットブラック⇛バイオレットブラウン的な色味に変化しています。

色味的には赤すぎたり、青っぽすぎたりしないのでクセがなく、誰が使っても満足は高めかと思います。

染毛直後がこのくらいの色味だったらまだ「暗めのブラウンくらい」だと言えますが、染まった直後がちょっと暗すぎなんですよねぇ・・・

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
染毛直後を見ると「もうこれブラックじゃん?」ってくらい暗いですが7日経過してもまだかなり暗いです(汗)

良く言えば「しっかり染まっている」とも言えるんですが、悪く言えば「ブラウンと言う割には、暗すぎる」と言えます。

もし、あなたが暗くても良いからしっかり染めたい!というならアリ!だと思いますが、しっかり染めたい派だったら”ダークブラウン”じゃなくてソフトブラックなどもあるので、コレじゃなくても・・・感はありますね。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

こちらも7日経過しても、まだしっかり染まっています。流石に染毛直後と比べると染料が落ちて、ブラック⇛かなり暗いダークブラウンっぽく変化していますが、黄色みを抑えたいと言うなら、ありなのかなぁと。

ただし、暗い。

【結論】ダークブラウンの割に暗い。そして弱点も・・・

結論から言うと「ダークブラウンと言うネーミングの割には暗すぎる!」というのが私がラボモで染めた感想です。

何度もお伝えするようにあなたが「暗くてもいいからしっかり染めたい」というならアリだとは思うのですが、ダークブラウンを選ぶ方って”なるべく暗すぎず、染めたい”という人が殆どだと思うのですよね。

暗くてもいい!と言うなら、ブラック系の色味は他メーカーさんでもありますし、ダークブラウンは選ばないのかなぁと。

そして、何より私がラボモカラートリートメントで弱点だと思うのが”香り”です。

文章で表現出来ない香りなのですが、とにかく薬っぽような香りが私にはキツかったです(汗)洗い流したら匂いもとれるかなぁ?と思ったのですが、これが結構毛束にこびりついて落ちない。

香りの好き嫌いは個人差がありますが、香りがキツイのが苦手っ!という人は参考にいただければと思います。

【送料無料】70万本突破中!ラボモカラートリートメントの現在の価格や詳細はコチラ

ラボモシリーズを全色比較しました!どの色が良いのか?迷っているあなたは要チェックです↓
【全3色比較!】あなたに合った色はどれ?「ラボモカラートリートメント」の染まり&色持ちをレビュー!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。