【元美容師が口コミ】レセカラートリートメント(ダークブラウン)7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

美容室用にヘアカラーなども販売しているhoyuさんが販売している『レセカラートリートメントダークブラウン』の7日後の色持ちや染まり具合を画像を交えてい解説してきます!

プロ用にカラー剤なども開発している会社なので「かなり染まりが良さそうだな」っと想像していたのですが、実際に染めてみると意外にビミョーな結果に・・・(汗)

カラー剤なども販売している会社なので、あえてカラートリートメントは染毛力を落としているのかもしれませんが、これ1本でしっかり白髪を染めるのは難しいなぁ~と感じたのが本音であります。

一体どれだけ染まるのか?どれだけ色が持つのか?!元カラーリストの私が解説していきますね!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束ではカラートリートメントの”色味”、中央の白髪の毛束では”白髪に染めた時の染まり具合”、そして一番右の黄色の毛束では黄色い毛束

に染めた時の染まった感じを見ていきます!

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

レセのパッケージ裏にも「10分程度放置します」と書かれていはいますが、たった10分でしっかり白髪が染まる人ってそうそういません。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でレセカラートリートメント(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓
染まっていはいます。染まってはいるのですが、ダークブラウンというよりもやや黄色みが強めな”ゴールドブラウン”っぽい色味に染まり上がっています。

やや黄色みが強いので「自然なブラウンに染めたい!」って人にはあんまり向いていないかなぁと言うのが実際に染めてみた私の感想です。

ダークブラウンというネーミングの商品なので、もう少し赤みが強めな深みブラウンの方が万人受けするかと。

では、1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは白の毛束でカラートリートメントの純粋な”色味”をチェックしていきます。

上記でも挙げたように、深みのあるダークブラウンっというよりはブラウンに黄色みを+した感じの”ゴールドブラウン”的な色味です。

変な色味では無いのですが、ちょっと好き嫌いが分かれる色味ではありますね・・・

ダークブラウンというとこちらのカラートリートメントのように、もっと自然な深みのあるブラウンを想像すると思います↓
【検証】7日後の色落ちは?マイナチュレトリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底レビュー!

が!今回のレセはダークブラウンっと言う割にはちょっと黄色みが強すぎるなぁ~っと感じますね。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪の毛束でそれだけ白髪がカバーできるのか?をチェック!

流石に一回染めなのでガッツリ白髪部分が染まっているって感じでもなく、白髪部分の”白髪浮き”はかなり目立ちます。

画像で見てもチラホラキラッと光っている毛が見かけられ「ああ、ここが白髪の毛だな・・・」っとパっと見て分かるくらいには”白髪浮き”しちゃっていますね。

白髪用のカラートリートメントとしては、染まりは”悪め”です。

これよりも染まりの悪いカラートリートメントはいくらでもありますので、ワーストレベルではないですがプロ用にカラー剤を開発している会社にしてはビミョーな染まり具合。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いてブリーチ処理がされたハイダメージな黄色みの強い毛束です。

ダメージが多く受けている分、カラートリートメントの染料が髪の内部に浸透しやすいので、他の2つの毛束よりも濃く染まっています。

他の2つの毛束よりはダークブラウンらしい、色味に染まってますがちょっと暗く染まりすぎ感はありますね。

もし、あなたが白髪染めを繰り返してハイダメージ毛なら、同じ用に暗く染まる可能性がありますのでその点は注意。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後の染まり具合とおんなじくらい重要なのが、「どれだけ色が持つのか?!」という点ですね。

どんなに染毛直後はしっかり染まっていても、2,3日で白髪丸出し状態にまで退色するカラートリートメントもありますので・・・

で、今回のレセカラートリートメントなのですが、とにかく色持ちが悪いです(汗)

論より証拠ということで実際に7日経過した毛束を見ていただきたい!↓全体的にかなり退色しているのが確認できます。特に白髪の毛束なんかは白髪がモロに露出しちゃっていますね・・・

どれだけ退色しているのかチェックする為にもう一度染毛直後の画像を見ていただきたいです↓

比較すると全体的に明らかに退色しているのが分かりますね。ホーユーさんが販売している別の市販カラートリートメント『シエロ』に比べてみても、かなり色持ちが悪く感じます。
【検証】7日も色が持たない?シエロ カラートリートメント(ディープブラウン)の染まりを徹底レビュー!

また1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
色味に関しては、染毛直後が”ゴールドブラウン”っぽい色味だったのですが、7日経過すると退色して”アッシュブラウン”っぽい色味になっちゃっています。

う~む。この退色加減だったら、同じくホーユーさんが販売している市販カラートリートメントのシエロの方がよっぽど自然なブラウンをキープ出来ていると思います。
【検証】7日も色が持たない?シエロ カラートリートメント(ディープブラウン)の染まりを徹底レビュー!

っというかホーユーさんは他にもビゲンシリーズのカラートリートメントも販売しているのですが、カラートリートメント販売しすぎぃ!
【全4色比較!】コスパ悪い?『ビゲン カラートリートメント』の色落ち、色味を徹底レビュー!

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

最も退色加減が激しく感じられたのがこちらの白髪の毛束。

一応染毛直後はチラホラ”白髪浮き”している部分もありましたが、染まってはいました。

しかし!7日経過後の毛束の方に目を向けると見るも無残な姿に。白髪部分がかなり露出してしまって、もはや白髪染めとしての機能は果たせておりません(汗)

ホーユーさんのカラートリートメントは全体的に色持ちが悪い傾向にあるような気がしますね。プロ用のカラー剤なども卸しているので、差別化の為にあえて染毛力を抑えているのかもしれませんが・・・

もし、このカラートリートメントだけでしっかり白髪をカバーするのであれば3~4日に一度は再染毛が必要になるかと。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

続いて黄色の毛束。こちらに関しては他の2つの毛束よりも染料が多めに入っているからか、そこまで退色を感じません。

上記の2つの毛束もこのくらいしっかりめに染まって、染料が残っていれば良カラートリートメントなんですけどね。

【結論】万人受けしない色味&色持ち悪い!

ダークブラウンと言う割には他メーカーさんのダークブラウンよりも、黄色みが強めで万人受けしなさそうな色味でした。

色味に関しては個人個人で好き嫌いがありますが、個人的にはダークブラウンという商品ならもう少し深みのあるブラウンに染まって欲しい所。

そして!一番伝えたいのが、色落ちが早すぎぃ!っという点ですね。

ホーユーさんは今回のレセ意外にも『ビゲン』『シエロ』シリーズでもカラートリートメントを販売していますが、これだったら『シエロ』の方が自然なブラウンで色持ちも良いと思いました。
【全3色比較!】色の違いは?「シエロ カラートリートメント」の染まり&7日後の色持ちをレビュー!

ビゲンもかなり色持ちが悪かったですが、レセも同じくらい色持ちが悪いかったので、「あえてこのカラートリートメントを選ぶ必要も無いかなぁ」っというのが私の本音ですね。

もし、あなたがレセカラートリートメントの購入を検討しているなら、ぜひぜひご参考にしてみてください!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。