【元美容師が口コミ】ルプルプトリートメント(ブラウン)7日で色落ち?検証した結果!

もし、あなたが「白髪をよりしっかり染めたい!」と思っているなら今回のルプルプカラートリートメントブラウンは止めておいた方良いです。

なぜなら、、、染まりが悪いからです。

ネット上の記事では、広告宣伝費欲しさのためか「ルプルプブラウンはしっかり染まる!」と書かれている記事が多いんです。

が、今までカラーリストとして1000回以上は白髪染めをした経験のある元美容師からすると「ちょっとこれは染まっているとは言い難い・・・」というのが本音です(汗)

ということで、ルプルプカラートリートメント(ブラウン)の染まり具合や色味、7日後の色持ち具合を一緒に見ていきましょう!
【39%OFF】ルプルプトリートメントの現在の価格、詳細はコチラ

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

白の毛束、黒と白が混じったグレイ毛束、黄色みの強い毛束の3つで染まり具合や、色味、色持ちを実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

を見ていきます。もちろんナイロン毛などではなく100%人毛なので、実際に白髪に染めた場合にかなり近い実験結果が得られるというわけです。

乾燥状態で30分放置した結果・・・

カラートリートメントは髪が乾燥した状態が一番染まりやすいので、初めて染める時はぜっっったいに乾燥状態で染めるべきです。

今回の実験も、乾燥状態で塗布し30分放置という条件で実験しています。

ということで、全ての毛束を染めた結果コチラ↓

むぅぅ・・・ルプルプで最も明るいブラウンカラーというのもあってか、「染まってる!!」という感じでは無いです(汗)

パット見た感じは「うっすら色味がついたな」というのが私が感じた第一印象です。

一応、ルプルプシリーズの中では最も明るいカラーなので、色も薄いのは分かってはいましたが、ここまで薄いとは・・・

では1つずつ毛束の染まり具合を見ていきましょう!

染毛直後の染まり具合チェック

色味チェック(白の毛束)

まずは白の毛束で色味チェック!色味的には赤みが強いブラウン系の色味です。これは好みが別れそうですね。

赤み系が強いブラウンが好きな方であれば、アリ!だと思いますが、もしあなたが赤みの強いブラウンが苦手なら避けたほうが良いでしょう。

そして何より言いたいのが「色味が薄いッ!!!」という事です(汗)

毛束の根本部分と、毛先部分を比べてみると分かりますが、乾燥状態で30分も放置したにもかかわらず、まだ薄っすら白味が残っています。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

実際の白髪に染めた場合にかなり近いのがこのグレイの毛束。

・・・なのですが、やはり「染まりは悪い!!」と感じてしまいました。

確かに毛束の中間から、毛先部分は色味がついています。

ただ、トリートメントを塗布していない根本部分と比べると、しっかり染まっている!という感じはしません。

ルプルプの中で最も明るいブラウンという色味なので、染まりが悪いだろうなぁと予想していたものの、しっかり染めたい!という人には不向き!と感じたのが私の本音です。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

白髪と言っても、本当に真っ白な人ってかなり少なく人によっては黄色みが強い白髪の人もかなりいます。

黄色みが強いとカラー剤の色味と、白髪の黄色味が混ざりあうので、染まり具合や色味は全然変わっちゃいます。

ということで、黄色みが強い毛束に染めたのがコチラ↓

・・・「カラーするの忘れたっけ?」っと呟きたくなるほど、染まっている感じが分かりづらいです(汗)

根本部分はトリートメントを塗布していないのですが、もはやどこが境界線か?も分かりません。

色持ちチェック(7日後の色持ちは?)

もっともカラーの色落ちの原因となるのが「シャンプー」です。

シャンプーの洗浄成分の強弱によっても、色落ち具合は大幅に変わりますが、なるべく客観性を保つために、標準的な市販のシャンプーですすぎ⇛洗浄⇛ドライを3回ほど繰り返しました。

つまり!これで「7日経過後の色落ち具合がわかる!」ということです。

で7日後経過の色落ちがコチラ↓

1つずつチェックしてみましょう!

色味チェック(白の毛束)

左が染めた直後、右が7日経過後の染まり具合です。

パット見た感じあんまり変わらない?と感じますが、根本付近を見るとやや色落ちしてるのが確認できます。

といっても、カラートリートメントでこのくらいの色落ち具合なら、許容範囲と言ってもいいです。

7日後染まり具合チェック(グレイの毛束)

これはもう誰がどう見ても、明らかに右側の7日経過後の方が「色が薄くなっている!」っと感じるはず!

左側の7日前に比べて、右側の方が全体的に赤みが薄くなっています。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

そして、次は黄色みが強い毛束。元々あんまり染まっている感じがわかりにくいので、Afterもそれほど違いが感じられず・・・

正直言って、黄色みが強い白髪の人には全く向いていないと思います。

今回はルプルプカラートリートメントの4つのカラーバリエーションの中で最も明るいブラウンというのもあって、「色味が薄いなぁ」と感じたのが私の印象です。

色持ちに関しては「色味が薄い割には色持ちが良いかな?」という感じ。

【結論】しっかり染めたい人には不向きだと思いました。

全く染まらないわけでは無いんですが、色味はかなり明るいので「しっかり染めたい!」という人にはかなり不向きです。

一般的な白髪染めの場合であれば、白髪を染めると同時に黒髪部分も明るくするので、明るい色味でも染まります。

しかり!カラートリートメントは黒髪を明るくする効果は無いので、ルプルプブラウンのように明るい色味だと、

もし、あなたが

「カラートリートメントのみでしっかり白髪を染めたい!」

というのであれば、ブラウンでは無く、ダークブラウン、ナチュラルブラックなどよりしっかり染まる色味を使うことを強くオススメします。

逆に「地毛が元々かなり明るい」、もしくは「白髪は数本しか無い」という場合は使ってみるのはありかなぁと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
【全額返金保証付】39%OFF!ルプルプの現在の価格や口コミはコチラ

ルプルプカラートリートメント全部の色味、染まり具合、7日後の色持ちを比較しました↓
【全5色比較!】まだ買うな!あなたが使うべきルプルプカラートリートメントはコレです。

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。