【元美容師が口コミ】ルプルプトリートメント(ブラック)7日後の色持ちは?

元美容師Mです。

ルプルプカラートリートメントの中で最も色が濃く、「しっかり染めたい!」という人の向けのカラーが今回の『ナチュラルブラック』です。

ルプルプの公式では「黒すぎないグレーブラック」と公表しているんですが・・・

果たして本当に真っ黒じゃないのか?真っ黒じゃないのにしっかり染まるのか?という点が気になるところ。

実際にルプルプナチュラルブラックの「染まり具合、7日後の色落ち具合」を元美容師の私が徹底的に検証実験していきます!
【39%OFF】ルプルプトリートメントの現在の価格、詳細はコチラ

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

※白の毛束のみアンゴラ毛ですが、他の2つについては100%人毛です。

ただ、白い毛束を染めるだけだと、カラートリートメントの”色味”はチェックできるのですが、実際の白髪に染めた場合のイメージが掴めないので、白と黒の毛が混ざった毛束も用意。

更に、黄色っぽい白髪の人の為にも黄色みを帯びた毛束も用意しました。

3つの毛束を染めることで染まり具合、7日後の色落ち具合をチェックしていきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でルプルプ(ナチュラルブラック)で染めた結果がコチラ↓

ナチュラルブラックとだけあって画像を見れば分かる通りかなり暗い。過去のルプルプシリーズどれと比べてもかなり暗いです。

今回のナチュラルブラックは以下のようにルプルプの中で一番暗い色なので、当たり前といえば当たり前ですが・・・

ナチュラルブラックよりも一段階明るめのソフトブラックと比べると、同じ”ブラック”というネーミングにも関わらずコチラの方がかなり暗めです。
ルプルプトリートメント(ソフトブラック)染まり具合の検証記事はこちら

とここまで暗さをかなり強調してお伝えしていきましたが、ルプルプの中では一番暗いのは間違いないんですが

「黒といっても明るめの黒だなぁ~」と感じたのが私の感想です。

しっかり染めたいと言っても、不自然なまでに真っ黒!っていうのは避けたい人にとって、最高のアイテムになる可能性が高い。

では、1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは白の毛束で色味をチェック!と行きたいところですが、The・黒です 笑

画像で見ると結構暗めに感じますが、実際は画像よりもやや明るめの黒という感じ。

メーカー側が「黒すぎないグレーブラック」と言っている通り、地毛の黒に近い黒なので、「白髪染めしてる!」って感じでも無いです。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

お次は白と黒の混じった白髪毛束をチェック!この毛束が最も実際の白髪に近いですが・・・

ルプルプの中で一番濃いカラーということもあって、かなりしっかり染まっています。と言っても変に黒光りしているわけでもなく、地毛っぽい自然な黒って感じですね。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

黄色の毛束ですが・・・かんなり、しっかり染まっています。もう、やや青み掛かっているくらいにしっかり染まっています 笑

恐らく、黄色の毛束はブリーチ毛で、他の2つの毛束よりもダメージ毛なのでよりしっかり色味が定着していると思われますが、それにしても真っ黒!って感じです。

もし、あなたが白髪染めを繰り返して、ハイダメージ毛で尚且、黄色っぽい色味の白髪でしたら、同じようにかなり黒くなる可能性は高いです。

色持ちチェック(7日後の色持ちは?)

染めた直後がしっかり染まっていようと、すぐに色落ちするのでは手間もコストもかかります。

カラートリートメントはシャンプーの際に最も色落ちするので、シャンプーを7回ほど繰り返し7日後の色持ち具合をチェックしていきます。

シャンプー⇛ドライ⇛シャンプー・・・をそれぞれの毛束で7回ずつ繰り返していくという感じですね。

ということで7日経過後の色持ち具合がコチラ↓

かなり色味が薄くなっているのが確認できます。特に白の毛束は既に黒じゃなく、『グレー』と言っても過言じゃないくらい色味が薄くなっていますね。

比較するためにもう一度『染毛直後』の画像も貼っておきますね↓

もう、誰がどう見ても画像をみた2秒後には「色落ちしてる!」っという感想を抱くかと思います。

色味が濃ければ濃いほど、色落ちも激しくなる傾向にあるので、7日もシャンプーし続ければこの程度は絶対色落ちしますが・・・

また1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
もう2秒と言わず、1秒で違いがチェック出来るかと思います 笑

特に染まっている部分と染まっていない部分の境目付近辺りを見ると、染毛直後は完全にブラックですが、7日経過後はグレーっぽく変化しています。

色味的には本当に本当にほんのーーーりですが、やや赤みっぽさも出てきてます。と言っても本当に凝視しないとわからないくらいですけどね・・・

7日後染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

白の毛束よりは少し分かりづらいものの、白髪の毛束も全体的に色が薄くなっているのが分かると思います。

こちらも様っている部分と染まっていない部分の境目付近が一番わかりやすいですね。染毛直後は黒!って感じですが、7日経過後は灰色!って感じに変化してます。

もし、あなたが「絶対にしっかり白髪を染めたい!」という場合は、4,5日前後で染め直す必要がありそうです。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
黄色の毛束については画像だとかなりわかりづらいですが、よーーくみるとほんのりと色が薄くなっています。

と言っても、かなり色持ちが良いのは事実ですし、やはり黄色系の白髪でダメージがある毛にはしっかり色が入ると思われます。

【結論】色持ち、染まりは良いが人を選びます。

ルプルプの中で最も濃いブラックということもあり、かなりしっかり染まります。

一回の染毛でこれだけそまるということは、2回3回と染めていくことで染めたい人は更にしっかり染められるし、色持ちも良くなるはず。

ただ、「髪が暗めでも良いから、しっかり染めたい」という人にはかなり優れたカラーアイテムなのは間違いないです。

「白髪は染めたいけど、できれば明るめのカラーがいい」という人は絶対にやめておくことをオススメします。

真っ黒ってほどの黒ではないんですが、ルプルプの他のカラーに比べるとやはり暗いです(汗)

もし、あなたがしっかりめに染めたいけど、真っ黒は嫌だ!という事であれば、もう一段階明るい『ソフトブラック』から使ってみることを強くおすすめします。
【徹底検証】7日で色落ちする?ルプルプトリートメント(ソフトブラック)染まり具合をレビュー!

同じブラックというネーミングながら、ソフトブラックの方は”かなり暗いブラウン”というイメージなので、暗すぎて白髪染めしましたぁ!という暗さは避けられるはず。

【全額返金保証付】39%OFF!ルプルプの現在の価格や口コミはコチラ

ルプルプカラートリートメント全部の色味、染まり具合、7日後の色持ちを比較しました↓
【全5色比較!】まだ買うな!あなたが使うべきルプルプカラートリートメントはコレです。

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。