【元美容師が評価】ルプルプトリートメント(ダークブラウン)7日後の色持ちは?

ルプルプカラートリートメントシリーズの中でも、最も人気カラーなのが、今回のダークブラウンです。

ダークブラウンは明るすぎず、暗すぎない色味で白髪が染まるので、どのカラートリートメントでも人気色になっています。

が!同じダークブラウンでもメーカーによって全ッ然染まり具合や色味って違うんです。

という事で今回はカラーリストとして、1,000回以上は白髪染めをしてきた元美容師の私が

「ルプルプダークブラウンは本当に染まるのか?!」「7日経過後の色落ちはどうなのか?」

を徹底的に検証していきます!
【39%OFF】ルプルプトリートメントの現在の価格、詳細はコチラ

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

白の毛束、黒と白が混じったグレイ毛束、黄色みの強い毛束の3つで染まり具合や、色味、色持ちを実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

を見ていきます。もちろんナイロン毛などではなく100%人毛なので、実際に白髪に染めた場合にかなり近い実験結果が得られるというわけです。

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

カラートリートメントは髪が乾燥した状態が一番染まりやすいので、初めて染める時はぜっっったいに乾燥状態で染めるべきです。

今回の実験も、乾燥状態で塗布し30分放置という条件で実験しています。

ということで、ルプルプカラートリートメントのダークブラウンで毛束を染めた結果コチラ↓
前回のルプルプブラウンに比べると、「断然今回のダークブラウンの方が染まっているっ!!」と感じました。
【レビュー】7日で色落ちする?ルプルプトリートメント(ブラウン)の染まり具合を検証した結果・・・

そして、とにかく赤みが強めです。「あれ?レッドブラウンで染めたっけか?」ってくらい赤みが強いブラウンです。

ルプルプのシリーズの中では、ブラウンの次に赤みが強いブラウンです↓

「ある程度赤みは強いだろう」と予測はしていましたが、結構赤み強いのでビビりました 笑

1つずつ毛束を見てい行きましょう!

染毛直後の染まり具合チェック

色味チェック(白の毛束)

まずは白の毛束で色味をチェーーック!前回のブラウン色でもそうだったんですが、ルプルプは赤みが強めです。

今回のダークブラウンは更に赤みが強く感じますね。もし、あなたが赤みが強めなブラウンが好みであるなら、ルプルプダークブラウンは最高の白髪トリートメントだと言えます。

逆に赤みが苦手だわ!ということであれば、ルプルプシリーズは避けた方が良いかと。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

最も実際の白髪に近い染まりがチェック出来るのが、このグレイの毛束の染まり具合です。

一度の染毛なので、よーーく見ると、白髪の毛と黒の毛で染まり具合が若干違いますが、トリートメントでこれだけ染まっているなら文句無し。

根本の染まっていない部分がくっきり判別できるほど染まっていますね。これで「染まってません!」という人はまずいないでしょう。

ただし!やはり感じたのは赤みの強さ。

上記の白の毛束に比べると、こちらのグレイの毛束の方が自然に染まっている感じはするものの、やはり赤みが嫌い!という人には向いていないのは否めません。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

一言で白髪と言っても真っ白な白髪の人もいれば、黄色みが強い白髪の人もいます。

当然髪の毛が元々持っている黄色みが強ければ、カラートリートメントの色味が混ざり合うので、メーカーが謳っている色味と全く変わってきます。

ということで、黄色みが強い毛束に染めたのがコチラ↓

うん!しっかり、ガッチリ染まっています 笑

根本部分の染まっていない部分と見比べると、くっきり染まっている部分と染まっていない部分が認識出来ますね。

ただしやはりここでも感じたのは「赤み」です。

赤色はカラーの色味の中でも、最も色味が出やすいのでよく白髪染めに使われるのですが、好き嫌いがあるのも事実。

もし、あなたが「赤っぽいブラウンは大好きだわ!」という事であれば、このルプルプダークブラウンは最高の白髪染めアイテムだ!といえます。

逆に「赤みが好きじゃない!」という場合は、しっかり目に染まるとはいえ、色味に関しては満足出来ないと思います(汗)

色持ちチェック(7日後の色持ちは?)

カラートリートメントで最も色落ちしてしまう原因の1つが「シャンプー」です。

シャンプーは毎日、毎日毛髪に界面活性剤でジャブジャブ洗うので、髪に付着している色素がどんどん抜け出ちゃうんです。

という事で、この毛束をすすぎ⇛シャンプー⇛ドライを7回ほど繰り返すことで、7日後の色持ち具合をチェックしってものがコチラ↓

7日経過後↓染毛直後のものと比べて見ると↓
当然ですが全体的に色素が抜け出ていって、色味が薄くなっています。特に白の毛束とか顕著ですね。

うーん。私自身数十種類以上のカラートリートメントを検証していきていますが、ハッキリ言って色持ちに関しては”悪い”かと思います。

1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓7日経過後の画像↓ぬおおお!と唸ってしまうほど、色落ちが激しいです(汗)これはもう誰がどう見ても「色落ちしている!」と分かるくらいに・・・

赤っぽいブラウンは健在ですが、染毛直後と比較すると全体的に色が白っぽくなっているのが確認できます。

ただ、真っ白の毛束は色味はしっかり入りますが、その分色素も落ちやすいというのはありますが、他メーカーさんの”ダークブラウン”と比較しても色落ちは激しいですね。

7日後染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓7日経過後の画像↓

上記の白の毛束よりかは、色落ちは分かりづらいものの、やはり染毛直後と比較すると色味はかんなり薄くなっていますね。

染毛直後もしっかり染まっている感はなかったのですが、7日も経過すると全体的に色が薄くなっちゃっています・・・

他サイトさんのカラートリートメントレビュー記事なんかでは「ルプルプは色持ちが良い!」と言うような記事もあるのですが、私はそうは思いませぬ。。。

これだったらもう一段階暗い設定の『モカブラウン』を選んだ方がしっかり染まりますし、色持ちも断然良いかと。
【徹底検証】7日後の色持ちは?ルプルプトリートメント(モカブラウン)の染まり具合をレビュー! 

黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓7日経過後の画像↓

黄色の毛束に関しても、「染まっている!」感は残っているものの、染毛直後と比較すると、やはり色味が薄くなっています。

特に根本の染まっていない部分に着目すると、かなーーり色味が薄くなっていますね。

今回はルプルプカラートリートメントの中で2番めに明るい色味なのもあって、染毛直後はかなり「しっかり染まっているッ!」と感じました。

ただ、赤みが強い点と、7日経過後くらいでも色落ちしている感は感じましたので、しっかり染まっている感をキープする為には、5日に1度位はカラートリートメントを使用する必要があると思います。

【結論】同価格帯では染まりは悪い!気になる点も・・・

染まり具合に関しては他メーカーの同価格帯カラートリートメントと比較しちゃうと、正直あんまり染まりが良いほうでは無いです。

色持ちに関しても7日も絶対持ちませんし・・・

ルプルプのブラウンと比較すると、「えっ?これ同じルプルプですよね?」とツッコミを入れたくなるほどしっかり染まりますが、まだまだ染毛力不足って感じです。

そして、一番気になる点としては、「赤みが結構強いなぁ~」と感じたのが私の心からの本音です。

別に赤みが悪いわけではないんですが「赤みがでるのが嫌い!」っていう人も一定数いますからねぇ・・・

もし、あなたが「赤みが強くて、明るい色味で染めたい」ということであれば、今回のルプルプダークブラウンよりベストチョイスだと言えますがそれ以外の人には向いていないかと思いました。

【全額返金保証付】39%OFF!ルプルプの現在の価格や口コミはコチラ

ルプルプカラートリートメント全部の色味、染まり具合、7日後の色持ちを比較しました↓
【全5色比較!】まだ買うな!あなたが使うべきルプルプカラートリートメントはコレです。

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。