【元美容師が解析】ルプルプカラートリートメントの3つの良成分はコレ!

元美容師Mです。

良く染まるカラートリートメントとして、なぜか他のランキングサイトで上位に常駐している『ルプルプカラートリートメント』ですが・・・

今回はルプルプカラートリートメントの染まり具合ではなく、「トリートメント成分はどのようなものが配合されているのか?」を全力解析&レビューしてきたいと思います。

結論から言ってしまうとトリートメント成分に関しては「まあまあ」っと言ったところ。

今までシャンプーやトリートメントを300以上見てきているので、私が贅沢を言い過ぎかもしれませんが、トリートメント成分はそれほど優れている!っとは感じませんでした(汗)

ではどのような成分が配合され、どのような効果が期待できるのか?!を解説してきます。

【最重要】ルプルプカラートリートメントの成分は?

【39%OFF】ルプルプトリートメントの現在の価格、詳細はコチラ

トリートメント成分を見る前にぜっったいに覚えて置いて頂きたいのが「どんなに優れたトリートメントでも、髪は元に戻らない」という事です。

髪の毛は一度ダメージを受けてしまったら、生えたてホヤホヤに戻すことは現在の科学では不可能なんです。

サロンなんかでは「このトリートメントで髪が復活しますよ!」なんて謳い文句でトリートメントを販売しようとする人もいますが、根本的にダメージをもとに戻すことは無理です(汗)

割れた卵を元に戻しますよ!っと言っているようなもんですね。

ただ、優れたトリートメント成分が配合されてれば、手触り感アップや紫外線、乾燥等のダメージ防止を期待できるのは間違いないです。

あなたがトリートメントを購入する際はぜっったいにどのようなトリートメント成分が配合されているのか?チェックするようにしましょう!

というなが~い前置きを置いた上で「ルプルプカラートリートメント」の全成分がコチラ↓

水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、ソルビトール、尿素、ステアリルトリモニウムブロミド、ガゴメエキス、ベニバナ赤、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ヒアルロン酸Naポリ-γ-グルタミン酸Na、システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン、キトサン、グリシン、ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油、ステアラミドプロピルジメチルアミン、結晶セルロース、炭酸水素アンモニウム、乳酸、オクトキシグリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、イソステアリン酸オクチルドデシル、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、イソプロパノール、PVP、ヒドロキシエチルセルロース、アルギン酸Na、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、HC青2、HC黄2、HC黄4、セテアリルグルコシド、ステアリン酸グリセリル、エタノール

普通のトリートメントは『ジメチコン』や『シクロメチコン』などのシリコン系成分がベースになっている事が多いです。

しかし!今回のルプルプのはノンシリコンのトリートメントなんですよね。

成分表をを見ると水の次に『ナタネ油アルコール』と記載されているのが見て取れますね。つまり、成分表記が早いほど配合量が多いんので、ベース成分はこのナタネ油アルコールと言う事です。

なぜかシリコンと言うと悪者扱いされていますが、シリコン自体は”頭皮にも髪にも悪影響を及ぼさない”という研究結果は出ています。

シリコン”だけ”しか配合していないものですと、ベットリベチョベチョになる可能性はありますが、逆に全く配合していないと「物足りない」と感じる可能性がかなり高いです。

今回のルプルプはノンシリコントリートメントなので、一般的なシリコン配合されているトリートメントよりも手触り感やツヤ感はどうしても劣る事が予想できますね。

っという事をふまえて、元美容師の私がこれは補修成分として優れているな!っと思った4つの成分をピックアップして見たいと思います。

ルプルプに配合される3つの補修、保湿成分とは?

1,ガゴメエキス

ルプルプを代表する成分がこの『ガゴメエキス』・・・なのですが、この成分が毛髪に対してどのような効果が期待できるのか?実験データなど探し回ったのですが、見つかりませんでした(汗)

公式サイトを見ると「粘りが髪をバリヤー!」っと書かれており、如何にもバリヤーしてくれそうなイメージがありますが

具体的な事はよく分かりませんし、書かれていません・・・

恐らく、ある程度の保湿力は期待できそうではあるものの、あくまでも昆布のエキスなので過剰な期待は禁物かなぁと思います。

ただ、北海道のガゴメエキスに関しては、毛胞細胞の増殖促進効果があり髪が早く伸びるような研究結果も出ているようです。
出典:ガゴメ昆布フコイダン〟の育毛効果

とは言っても、ルプルプは頭皮にベチョベチョ塗布するようなものでも無いですし、育毛効果は期待しない方が良いでしょうね。

2,ヒアルロン酸Na

みんな大好きヒアルロン酸。化粧水からシャンプーまで数多くの化粧品に配合される保湿成分ですね。

1gで6リットルの水分を抱え込めるという、すんばらしい保湿成分。

毛髪にしっとり感を与えてくれる効果は期待できますが、あくまでも水分を抱え込み、乾燥してパサパサになるのを防止するってだけです。

補修してハリ・コシ感がアップしたりは出来ませんし、ルプルプ以外の市販のトリートメントなんかにもかなり多く配合されているので「ルプルプならでは」っという感じはしませんね。

3,ポリ-γ-グルタミン酸Na

納豆のネバネバした成分が由来の成分でヒアルロン酸よりも更に保湿力が高いと言われている成分です。

かなり保湿力が高く、”緑地の砂漠化を防ぐ為に開発された”成分でもあるんです。

っと言っても髪の毛に対してどの程度保湿力が高く、水分が保持できるのか?!についての実証試験データなどは見つかりませんでした(汗)

保湿力は期待できるでしょうが、あくまでも水分保持力をアップさせるものですし、過度の期待は禁物かなぁと思います。

以上に記載した成分意外にも『グリセリン』などの保湿成分は配合されているんですが、どんな市販トリートメントにも配合されてるようなものですし・・・

トリートメント成分的にはその辺の一般的なトリートメントと大差無いように感じました。

保湿成分はそこそこ配合されているのですが、毛髪のハリ・コシ感を向上させるような補修成分は配合していませんし・・・

トリートメントとしての性能はちょっと微妙かな?と感じたのが私の本音です(汗)

そこそこ高価格帯のトリートメントなので『ペリセア』や『セラキュート』などのガチの補修成分を1つでも配合してくれれば嬉しい所なのですが、私がちょっと贅沢を言い過ぎなのかもしれませぬ。

ただ、カラートリートメントでも『マイナチュレ』とかはペリセアまでも配合しているし、不可能では無いと思うんだけどなぁ~
【元美容師が解析】4つの補修成分はコレ!「マイナチュレカラートリートメント」を全力レビュー!

【結論】保湿成分は配合されているが・・・

ヒアルロン酸やガゴメエキスなどのある程度、しっとり感を感じさせてくれるような成分は配合されています。

が!もう少し補修成分に関しては「弱い」と感じたのが私の心からの本音ですね・・・

手触り感をアップさせる”シリコン”が配合されていないので、あなたが今までのトリートメントに慣れてしまっているなら「物足りない!」っと感じる可能性は高いです。

”トリートメント効果”という面から見るとその辺の市販トリートメントよりも劣っているかと。

っと言っても、ルプルプは”白髪を染める”という目的が”主”なので、仕方ないかなぁと言う気もしなくはないですけどね(汗)

ただ、白髪の染まりに関しても80種類以上検証した中でも、それほど染まりが良い感じでもありませんでした↓
【全5色比較!】まだ買うな!あなたが使うべきルプルプカラートリートメントはコレです。

染まりやすさもトリートメント効果も平凡だな・・・と言うのが私の感想です。

同価格帯でももっとガッツリ染まるものもありますし、補修成分もしっかり配合されているものもありますので↓
【129品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたがルプルプを検討していたら、参考の1つにしてみてくださいね!

【39%OFF】ルプルプトリートメントの現在の価格、詳細はコチラ

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。