【元美容師が口コミ】ルプルプトリートメント(ソフトブラック)7日検証した結果!

元美容師Mです。

ルプルプカラートリートメントの中で2番めに暗い『ソフトブラック』の色味や7日後の色持ちを検証していきます!

白髪染めはしたいけれど、あまり暗くなりすぎるのもイヤ!という方の為に販売されているのが今回のソフトブラックです。

公式サイトでも「染まりすぎない茶色っぽいブラック」と記載されていますね。

はたして本当に染まりすぎないのか?そして、白髪はしっかり隠せるのか?

カラーリストとして、1000回以上は白髪染めをしてきた元美容師の私が、実際に人毛を染めて徹底検証していこうと思います!
【39%OFF】ルプルプトリートメントの現在の価格、詳細はコチラ

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。
※白の毛束はアンゴラ毛、他の2つの毛束は100%人毛です。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック
※白の毛束のみアンゴラ毛ですが、他の2つについては100%人毛です。

白の毛束では、カラーの『色味』をチェックして、白髪が混ざった毛束では実際に白髪に染めた時のイメージをチェック。

黄色の毛束では黄色っぽい白髪の人が染めたらどんな色味になるのか?をチェックしていくわけですね。

それでは早速実際に染めた毛束をチェックチェック!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でルプルプトリートメント(ソフトブラック)で染めた結果がコチラ↓
メーカー側が「染まりすぎないブラック」と言っているように実際に染めた毛束も、ブラックっ!というよりもかなり濃いブラウンというイメージの色味です。

ほんのーーーり赤みがあるかな?という感じの濃いブラウン。ルプルプシリーズはしっかり染まるのを重視している為か、他の色味でも全体的に赤みが感じられます。

このソフトブラックよりも一段階明るい『モカブラウン』を更に2段階くらい濃くしたイメージです。
ルプルプ「モカブラウン」の染まり具合レビュー記事はこちら!

真っ黒ではないので「しっかり目に染めたいけど、黒くなりすぎるのはイヤっ!」という方向けですね。

では1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは白の毛束で色味をチェック!

上でもお伝えしたように決して真っ黒ってわけじゃなく、本当にほんのりと赤みが感じられるダークブラウンという感じ。いや、ディープブラウンとでも言うべきか・・・

同シリーズのブラウンの中で一番暗い『モカブラウン』よりも2段階、3段階くらい一気に暗くなるので、暗くなりすぎるのが気になる人はまずはモカブラウンくらいから試した方が絶対良いです。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

実際の白髪に最も近いのが白と黒の毛が入り混じったこのグレイの毛束です。

画像を見ると、黒の毛も入り混じっているので上記の真っ白の毛束よりも、よりしっかり目に染まっているように感じます。

かなり白髪はボカせていますしこの染まり具合で「白髪が染まっていない!」という人はいないかと。笑

と言っても、真っ黒じゃなく濃い濃いブラウンという印象です。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

一般的に白髪というと真っ白な毛を連想しがちですが、実は”黄色っぽい色味の白髪の人”もかなり多いんです。

もちろん、元の毛が黄色っぽければ、黄色み+カラーの色味と言った感じで色味が合わさるので、本来のカラートリートメントの色味とは違う色味になります。

3つの毛束の中で最も染まっている!と感じたのがこの黄色の毛束です。

ブリーチ毛なので色が入りやすく抜けやすいので、しっかり染まりやすいのですが、カラートリートメントでここまでしっかり染まるとは・・・

真っ黒ではないのですが、かなり濃いめのブラウン。

もし、あなたが白髪染めを繰り返し、かなりダメージ毛で黄色っぽい白髪であればかなり濃く染まる可能性はあります。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染めた直後はしっかり染まっていても、染めて2,3日で落ちるんじゃあ、意味がないっ!

っということで、カラートリートメントで最も色落ちの原因となるシャンプーを7回繰り返し、7日後の色持ち具合を再現していきます。

シャンプー⇛ドライ⇛シャンプー⇛…を7回繰り返すことで、7日後の色落ち具合をチェックするっというわけですね。

ということで、7日経過後の色持ち具合がコチラ↓

全体的に色味が薄くはなっているものの、まだしっかり染料が髪に残っています。

比較するためにもう一度『染毛直後』の毛束も見てください↓

特に白の毛束が顕著なんですが、一番落ちやすい赤味が薄くなり『グレイ』っぽい色味になっています。

では、また1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

冒頭でも書いたとおり、一番落ちやすい赤の染料がシャンプーによって落とされたのか、ほんのり赤味が薄らいでいます。

赤みが薄らいだことによって、配合されている青みが出てきて『バイオレット(紫)ブラウン』と言ったイメージのブラウンになりました。

バイオレット!と言ってもかなりナチュラルなバイオレットなので、私は好きな色味です。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓

7日経過後の画像↓
上の白の毛束よりもかなり、かなりわかりにくいのですが、ほんのーり色味が薄くなっているのが確認できます。

やはり白の毛束よりも黒と白が混ざっている毛束の方が、より暗めに染まっているように感じます。

上の白の毛束でもお伝えしたように赤みが薄らいで、上品なバイオレットブラウンというイメージ。

実際の人間の白髪の場合は染まりやすさは個人差があるものの、7日間でこれだけ色持ちがいいのであれば、少なくとも4~7日くらいは持つはず!

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓

7日経過後の画像↓
「ぬほっ!あんまり色落ちしていない!」と言うのが私が最初に感じた印象です。上記の2つの毛束と同じくうっすーーら感じた赤みが落ちている感じ。

赤みが落ちたことでバイオレットブラウンぽさが出て、よりブラックに近くなりました。

もし、あなたが黄色っぽい白髪であれば思っているよりも濃く染まる可能性があるのでその点に注意です。

【結論】染まり、色持ちはかなり良い!ただし・・・

ソフトブラックというネーミングではあるものの、めっちゃくちゃ濃いブラウンと言う感じの色味です。

色味が濃いだけあって、染まり具合も同シリーズの中でかなり染まりやすいですし、7日経過後でもかなり白髪はボカせています。

白髪の毛質は人によってかなり違い、染まりやすさも変わってきますが、今回のソフトブラックを使って「全く染まらない!」って事はまずないかと。

もし、あなたが「しっかりめに染めたいけど、真っ黒は嫌だ・・・」というのであれば、今回のソフトブラック、もしくはこれより1個明るい『モカブラウン』を検討してください。
【徹底検証】7日後の色持ちは?ルプルプトリートメント(モカブラウン)の染まり具合をレビュー! 

一応、ルプルプには『ダークブラウン』という、かなり暗そうなネーミングのブラウン色も用意されているのですが、結構明るめに設定されているので、「染まらない・・・」と感じる可能性も高いです。
【徹底検証】7日で色落ちする?ルプルプトリートメント(ダークブラウン)の染まり具合を実験した結果・・・

ルプルプシリーズのカラートリートメントを使いたいけど、どの色がいいかなぁと迷っているのであれば、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

【全額返金保証付】39%OFF!ルプルプの現在の価格や口コミはコチラ

ルプルプカラートリートメント全部の色味、染まり具合、7日後の色持ちを比較しました↓
【全5色比較!】まだ買うな!あなたが使うべきルプルプカラートリートメントはコレです。

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。