【元美容師が口コミ】マキアレイベル カラートリートメントの7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

『マキアレイベル ナチュラルカラートリートメント(ダークブラウン)』の染まり具合、発色、7日後の色持ちを徹底検証していきます。

結論から言ってしまうと、染まり方は平凡レベルなのですが、色味が、、、色味がビミョー過ぎるっ!

っというのが80種類以上カラートリートメントを検証してきた私の本音です(汗)

”ダークブラウン”という設定の商品なんですが、なんかダークブラウンっぽい色味じゃないんですよねぇ・・・

では実際にマキアレイベルのカラートリートメントで染めた毛束画像を載せながら解説していきますね!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束では純粋にカラートリートメントの色味を見ていき、白髪のトリートメントでは実際に白髪に染めた時の”白髪のカバー具合”を見ていきます。

黄色の毛束では黄色みの強い毛に染めた時の”色味”を見ていきます。

そして、、、記事後半ではより現実に近い7日後の色持ち感を見る為に、最も色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回繰り返し、実際の7日後の色落ち感を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でグローイングショット(ブラウン)で染めた結果がコチラ↓

むぅぅ・・・染まり自体は激悪!ってほどではないのです。が!気になるのはやはり”色味”ですね。

”ダークブラウン”という商品名の割には”ゴールドブラウン”っぽい黄色みがかなり強い色味に染まっています。

ダークブラウンというカラー設定なら、もっと深みのあるブラウンっぽさが欲しいところ。

では1つずつ毛束をチェック、チェック!

色味チェック(白の毛束)

まずはカラートリートメントの純粋な色味を見ていきます。

上記でも述べたように、ダークブラウンとは言い難い黄色っぽさが目立つ色味に染まってますね。

ダークブラウンというよりかは”ゴールドブラウン”、、、もしくは”ゴールドアッシュ”的な色です。

少なくとも「この毛束を見せて何色?」っと聞いて「ダークブラウン!」っと答える人はいないんじゃないかと。(汗)

あなたが深みのあるダークブラウンを求めてこのカラートリートメントで染めたらちょっとガッカリするはず。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪の混じった毛束をチェックしていきます。カラートリートメントとしては平凡か、やや染まりが悪いかな~くらいの染まり具合。

画像からでも、白髪部分が黄色くなっているのがあちこちにあるのが分かりますし、口が裂けても「しっかり染まっている!」とは言い難いです。

染まりが悪いカラートリートメントに比べればマシ!ではありますが、染まりの良いカラートリートメントに比べると染まりが悪いという何ともビミョーな感じ。

まあでもこれいずれにしても、ダークブラウンじゃないですよね・・・

黄色みが強い白髪の染まりチェック

ブリーチ処理を施しているハイダメージな黄色の毛束がコチラ。

元々の毛束が黄色みの強い毛束に、被せて黄色っぽい染料を入れているので更に”ゴールド感”が増しています。

あなたが「ゴールド系のカラーに染めたい!」というなら使ってみるのはアリですが、黄色みを抑えたいなら絶対に使わない方が良いかと思います。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後と同じくらい重要なのが「何日程度色が持つのか?」という点ですね。

染めた直後がいくらしっかりガッツリ染まっていようと、たった数日で色落ちしてしまってはお金もコストもかかりまくります(汗)

「これしか色持ちしないなら、美容室行ったほうが安くて手間もかからないじゃんっ」ってカラートリートメントもありますからね。

で、今回のマキアレイベルダークブラウンの色持ちなのですが、”悪い”です。悪めでもなく、凄く悪いってわけでもなく”悪い”です。

実際に7日経過した毛束達がコチラ↓全体的に退色して”ゴールド”っぽさが失われつつあります。

が!染毛が完全に落ちているってわけでもなく、まあそれなりに染料は残っているかな?っという感じ。

もう一度染毛直後の画像と比べて見てくださいね↓

まあ色持ちは悪いです。ただ、どうにもならないほど悪いってわけでも無く下の上くらいの色持ち感。

だからと言って、色味的にはダークブラウンとは言えないですし、全くオススメできませんが・・・

では1つずつ毛束を見ていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
まずは、色味の変化をチェック!

染毛直後はゴールドっぽい感じの色味に染まってますが、7日経過すると黄色っぽさが落ちてしまって”アッシュグレー”的な色になっています。

まだ染料は毛束に残っていはいますが、、、うーん。やっぱり何度見てもこれをダークブラウンと言い張るのは無理があるような(汗)

最初からパッケージに”ゴールドブラウン”と書いて販売しているならまあありです。

ただこの色味でダークブラウンはちょっとキツイなぁと言うのが私の本音ですね。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
一番色持ちが悪い!っと感じられるのがこの白髪の混じった毛束!

もう、画像を見て頂ければ5秒もかからない内に、色落ちしまくっている!っとお分かりいただけるかと思います。

特に中央部分から毛先に関しては激しく退色し、白髪が丸出し状態になって白っぽく見えますね・・・

よーく、よーく観察するとかろうじて黄色っぽさが残ってはいますけど、白髪は完全にカバー出来ていませぬ。

もし、このカラートリートメントでしっかり白髪を染めつつけようと思ったら3,4日に一度は再染毛しないと維持は難しそうです。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
続いて黄色みの強い毛束をチェック!

染毛直後はツヤ感も感じられ、”ゴールド”っという感じの色味でしたが、、、7日経過するとツヤ感は完全に落ちちゃっています。

まあトリートメントなのでこれは仕方ないにしても、気になるのが色味の変化。ややマット(緑)っぽさを感じる色に変化しつつありますね。

個人的にはマット系の色味も好きではありますが、「緑っぽい色味はイヤ!」という人には微妙過ぎます・・・

【結論】色持ちが悪く、クセのある色に染まりました。

黄色みの強い色が好みの人は使ってみても良いですが、そうじゃない人にはオススメ!とは言えません。

色持ちに関しても最悪レベルでは無いにしろ、80種類以上検証した中ではどうみても悪い方です。

そして、染毛直後の色味が「”ダークブラウン”にはまっったく見えない!」と言うのがも致命的。

そもそも、ゴールド系のカラーって明るいカラーなので白髪染めにあんまり向いていないんですよね・・・

もし、あなたが「もっと深みのあるブラウンに染めたい!」っというならば、あえてこのマキアレイベルを選ぶ必要が見当たりません。

黄色っぽい色味が好きで「ゴールド系のカラーに染めたい」というならありっちゃありですが、白髪部分のカバー力はかなり弱い!というのは覚えておきましょう!

マキアレイベルカラートリートメントを検討している方はぜひぜひ参考の1つにして頂ければ、幸いですm(_ _)m

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。