【元美容師が比較】マイナチュレvsルプルプ どっちが買い?7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

白髪染めカラートリートメントで人気商品「ルプルプ」と「マイナチュレ」のダークブラウン色の染まり、7日後の色持ち、価格を徹底比較していきます!

同じダークブラウンと言うカラー設定なのですが、まっったく違います。全くです。

実際に両者染めてみると”圧倒的な差”がありましたので、実際に検証した画像を交えて元カラーリストの私がどっちが買いなのか?解説していきますね!

染毛直後の染まりを比較

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を染毛比較して行きます。

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック
黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック
黄色みのある毛束⇛ブリーチ処理しているので、ハイダメージ毛&黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

当ブログの比較記事ではカラートリートメントで最も人気色”ダークブラウン”同士で比較していきます。

ルプルプダークブラウン染毛直後

【39%OFF】ルプルプトリートメントの現在の価格、詳細はコチラ

まずはルプルプのダークブラウンを見ていきます。あちこちのサイトでは「よく染まる!」と紹介されているのですが・・・

80種類以上検証してきた私からすると、ダークブラウンにしては「染まりは薄いなぁ」っというのが正直な所です。

ダークブラウンという商品の割には”ナチュラルブラウン”程度の明るさにしか染まっていない感じ。

白髪部分も染まっているのですが、他のカラートリートメントに比べると可もなく不可も無く・・・っと言った所。

市販の染まりの悪いカラートリートメントよりは染まりが良いものの、3000円クラスのカラートリートメントの中では比較的染まりは悪めだと感じたのが私の本心です。

そして、もう一つあなたにお伝えしたいのはルプルプシリーズは全体的に赤みが強い!って点です。

めちゃめちゃ赤みが強いってわけじゃないのですが、やや赤みが強い気がしますのであなたが「赤みが強いの避けたい」と言うならばルプルプは候補外かなぁ?と思います。

ただ逆に赤みが好き!って方はルプルプを選ぶと満足度は高いかと思います。

マイナチュレダークブラウン染毛直後

⇛【最大64%OFF】30日間もの返金保証付きマイナチュレ現在の価格、詳細はコチラ

そして、マイナチュレの方ですが・・・先に言ってしまうと私が検証してきた80種類以上のカラートリートメントの中で間違いなくトップクラスの商品だ!っと断言出来るのがこのマイナチュレです。

初めてマイナチュレで毛束を染めた時はあまりに染まりが良かったのでビビりました(汗)

色味に関しては正にダークブラウンらしい、深みのある上品なブラウン。白髪部分に関しても「1度染めでこんなに染まるのか?!」っと元カラーリストの私がビックリするほど自然に染まります。

もちろん、通常の白髪染めと比較しちゃうとまだ白髪部分が明るくなっている所はあります。

が!ダメージレスのトリートメントと一回目でこんだけ染まるのは、「白髪染めの革命が起きた!」っと言っても言いすぎじゃないかと(汗)

トリートメントでこれだけ染まっちゃったら美容室に行く人が激減するのでは・・・っと危機感を覚えるほどです。

で、両商品どちらがより白髪を染められるのか?!ですが、これは間違いなく『マイナチュレ』だと断言できます。

ただ、マイナチュレの方がしっかりめに染まる分、暗めに染まりますのでもしあなたが「明るめに白髪を染めたい」と言う場合はルプルプの方が適している場合もあります。

いやいや、どっちか一つだけ選べ!っと迫れらたら、私はマイナチュレを手に取ります。笑

ルプルプダークブラウン 染毛直後
マイナチュレダークブラウン 染毛直後

7日後の色持ちを徹底比較!

白髪染めカラートリートメントでかなり重要なのが「どの程度色が持つのか?」と言う点ですね。

いくらトリートメントを使った直後はしっかりめに染まっていても、たったの数日で色落ちしているようじゃ、結局美容室に行った方がマシ!っとなります・・・

っという事でルプルプとマイナチュレどちらがより色持ちするのか?徹底比較して見ましたが、、、想像通りの結果でした(汗)

【7日後】ルプルプダークブラウン色持ち検証!

まずはルプルプ7日後の色持ちをチェック!っと言いたい所ですが、画像を通してでも分かるくらい”退色が激しめ”です・・・

染毛直後は”レッドブラウン”的な色味で赤みが強いものの、かなり鮮やかに発色していました。

が、7日経過すると鮮やかな”赤み”がかなり落ち、他メーカーで言う”ライトブラウン”程度の色味になっちゃっています。

最初の染まりからして”ナチュラルブラウン”程度の染まり方だったので、メチャクチャ染まりが悪い!って程ではないのですが、3,000円クラスのダークブラウン色の中では色持ちは悪め。

市販の染まりが良いカラートリートメントと同等レベルの染まり方だなっというのが、私の感想ですね。

【7日後】マイナチュレダークブラウン色持ち検証!

そして、期待の新星『マイナチュレ』ですが、こちらは色持ちもトップクラス。というかトップ。

もちろん、髪の表面を重点的に染めるカラートリートメントなので、7日も経過すると”ダークブラウン”⇛”ちょっと暗めのブラウン”くらいには退色しています。

ただ、白髪部分も明るくはなっているものの「えっコレ本当に7日経過しているんですか?」っと問い詰めたくなるほどボカせています。

白髪は人によって染まりやすさの違いがかなり激しいので全ての人が7日間持つ!とは断言出来ませんが、私が検証した中ではトップクラスの色持ちなのは間違いないっ!

どっちがより色持ちがいいのか?ですが、これも間違いなく『マイナチュレ』に軍配が上がると言って言いでしょうね。

ルプルプダークブラウン 7日経過後
マイナチュレダークブラウン 7日経過後

より詳しい両者のレビュー記事はコチラも参考にしてみてください↓
【徹底検証】ルプルプトリートメント(ダークブラウン)の染まり具合を実験した結果・・・

【検証】マイナチュレトリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底レビュー!

価格・送料比較コスパ最強はどっちだ?

ルプルプ マイナチュレ
商品代(定期便) 3000円(送料無料)

初回限定
1834円(送料無料)
2本購入3000円(送料無料)

3380円(送料無料)

初回限定
3000円(送料無料)
2本3380円(送料無料)

返金保証 10日以内 30日以内

※価格は税別

どんなに染まりや色持ちが良いトリートメントでも”続けられる価格”じゃないと意味が無い!と言うのが私の本心です。

場合によっては一生お付き合いする可能性があるアイテムなので、価格がお手頃というのは非常に重要な判断基準です。

気になる両商品ですが、定期便価格で言うとマイナチュレがの方が380円ほど高い設定になっています。

両者とも送料無料で購入でき、定期便購入だと実質永久に割引価格が適用されるのは一緒です。そして、両者とも「満足出来なかったら完全返金保証」という消耗品としては異常とも言える、保証がついています(汗)

では両者の価格と保証制度何が違うのか?詳しく解説していきますね!

ルプルプの初回、定期便価格は?

まずはルプルプ。定期便、初回のみの限定価格であるものの39%OFFの1834円で購入することが可能。安い安すぎるっ!

更に毎回10%OFF、毎回送料無料で購入し続けられる特典がついています。まあ定期便だったら送料無料くらいは当たり前に付けてほしい所ですが、10%OFFはありがたいですね。

そして!それだけではなくこれも初回限定ではあるのですが、2本同時購入、3000円で購入できちゃいます。実質一本無料ですね。笑

しかも!カラートリートメントという消耗品では異常とも言える”完全返金保証制度”が付いてます。

通常このような消耗品って「蓋を開けたら返品には応じられません」っと言ったものが殆どですが、使いかけでも返金してくれるという神制度。

ただ、、、ルプルプの場合は返金期間がたったの10日しか無いので、商品が到着してから即使用感の是非を判断しないといけないんですよね・・・

返金制度はかなりありがたいのですが「せめて2週間、14日くらいは返金期間に応じて欲しぃ」と思います。

マイナチュレの初回、定期便価格は?

続いてマイナチュレ。こちらの方が価格が若干ではあるものの割高に設定されています。と言ってもルプルプよりも380円高い3380円。

マイナチュレの方も定期便購入すると初回限定の36%OFFの3000円で購入できるものの、通常価格が4730円とかなり割高な設定なのですよね。

通常価格で購入する人いるんでしょうか・・・

しかし!マイナチュレもルプルプと同じく2本購入で初回限定3380円で購入できます。これもルプルプと同じく実質一本無料ですね。

なんと言ってもルプルプと大きく違うのが返金制度の期間。

ぬあんと!!マイナチュレの方は30日以内に申請すれば、使用途中でも返金に応じてくれるという狂っている!としか言いようが無い補償制度を採用しているんです。

30日あれば流石に”自分の白髪がどれだけ染まるのか?””色持ちするのか?”判断できますので、これはかなりありがたい制度。

っと言うか30日も保証制度採用してメーカーは大丈夫なんでしょうか?余程、自信があるのか・・・

で両商品どちらが価格てきに優れているのか?ですが、表面的な価格だけで見るとルプルプの方が安価なのは間違いないです。

ただ、返金保証の期間、染まり易さや色持ちも考慮すると「マイナチュレがコスパは優れている」と私は思います。

【結論】あなたが使うべきはコッチ!

どちらのカラートリートメントも決して悪い商品ではないのですが、、、染まりやすさ、色味、色持ちの観点から言うと圧倒的にマイナチュレの方が優れていると言うのが私の結論です。

上品で深みのあるダークブラウン、かつ白髪部分のカバー力や色持ち。現時点で80種類以上白髪カラートリートメントを検証していますが、間違いなくトップクラスだと言えますので。

ルプルプも全然ダメ~ってほどじゃないのですが、3000円のダークブラウンにしては色が薄く、もう少し深みのあるブラウンに染まってほしい所ではあります。

更にマイナチュレは返金制度に30日もの余裕がある期間が設けられているものの、ルプルプはたったの10日っというのもちょっと引っかかりますね。

まあ返金制度があるだけ異常とも言えるのですが、10日だとすぐに判断しないといけないので、すぐに染められない人は保証を受けるのが難しいかと(汗)

あなたが使うべきはコッチ!
「明るめに染めたい」「できるだけ安価な物が良い」⇛ルプルプ
【39%OFF】送料無料&返金保証付きルプルプトリートメントの現在の価格、詳細はコチラ

「暗くなりすぎずしっかり染めたい」「少しでも長く色持ちさせたい」⇛マイナチュレ
⇛【最大64%OFF】30日間の返金保証付きマイナチュレ現在の価格、詳細はコチラ

という感じで選べば、”大失敗”は避けられるかと思います。

もし、あなたが「利尻かマイナチュレのダークブラウン、どちらを使うのか?!」で迷っていればぜひ参考にしてみてくださいね!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。