【元美容師が口コミ】マイナチュレトリートメント(ダークブラウン)7日後の色持ちは?

元美容師Mです。

販売からたった2ヶ月で@コスメへカラー部門1位を受賞した『マイナチュレ』のダークブラウンの染まり具合、7日後の色持ちを徹底検証していきます!

正直言って「販売から2ヶ月で1位ってホントかよぉ~」とちょっと疑っていた部分もあったのですが・・・

使ってみてわかりました。確かにマイナチュレは他のカラートリートメントと比較しても染まりも、色持ち具合もトップクラスに優れていたんです。

ということで、実際の毛束を画像で見ながら、本当に色持ちが良いのか?色味はどうなのか?一緒にチェックしていきましょう!
【最大42%OFF】返金保証付きマイナチュレ現在の価格、詳細はコチラ

【染毛実験】染まり具合、色味、7日後の色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束ではカラートリートメント自体の色味をチェックし、白髪の毛束では実際に白髪に染めた時の染まり具合をチェック。

最後の黄色の毛束では黄色みの強い白髪に染めた場合の染まり具合をチェックしていくっという感じです。

そして、7日後の色持ちチェックについては単に7日間放置するだけじゃなく、カラーの色落ちの原因と言われる”シャンプー”を7回繰り返すことでよりリアルな色持ち具合を再現していきます。

もし、あなたがマイナチュレダークブラウンを検討しているなら、ぜひぜひ参考にしてくださいね!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

マイナチュレ公式でも「10分おく」と記載されていますが、1,000回以上白髪染めをしてきた私から言うと、絶対もっと時間置いたほうが良いです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でマイナチュレ(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓
んめっちゃしっかり染まっています。「えっ?こんなにしっかり染まっちゃっていいのか?」と感動すら覚えました 笑

お世辞抜きで、今まで実験してきたどのカラートリートメントよりもダークブラウンらしい、ダークブラウンで本当に素晴らしい染まり具合だ!と感じたのが私の本音です。

他メーカーさんのダークブラウン色もしっかり染まるものもあるんですが、やたらと赤みが強かったり、アッシュグレイっぽい色味だったりと好みが分かれる色味が多いんです。

ただ、ご覧いただければ分かる通り「これぞダークブラウンッ!」とネットの中心で叫びたくなるほど自然なダークブラウンです。

更に詳しく見るために1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは白の毛束で”色味”をチェック!ほんのーり赤みを感じますが、嫌らしい赤っぽさは全く無くちょっと赤系よりのブラウンと言う感じ。

私自身、他メーカーさんのカラートリートメントのダークブラウンを10種類以上は試していますが、ダークブラウンについては一番自然で最高レベルの仕上がりだと感じました。

上でも書きましたが、他メーカーさんのダークブラウンは赤みが強すぎたり、逆に青みが強かったりと「これダークブラウン?」とツッコミたくなるものが多いです。

あなたがより自然なダークブラウンを望むなら、マイナチュレのダークブラウンは絶対に選択肢に入れるべきかと思いますよ。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

より実際の白髪に染めた場合に近いのが、この毛束ですが・・・

こちらも白の毛束と同じくかなり自然なダークブラウンで尚且、しっかり白髪をカバーできています。これだけしっかり染まって文句を言う人はいないでしょう。

他メーカーさんのダークブラウンよりやや暗めではあるものの、「白髪染めしましたぁ!」という黒っぽさは無いですし、良い意味で本当に自然なブラウンです。

うーん、@コスメのランキングとかあまり信じない派だったのですが、マイナチュレのランキングに嘘偽りは無さそうです(汗)

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いて黄色の毛束チェック!やや赤みっぽさはほんのーーーり感じられますが、しっかり染まっており黄色っぽさも抑えられています。

もし、あなたが黄色っぽさを抑えたい場合でも、かなり期待通りに染まってくれるはず。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後の色味がいくら綺麗でもほんの数日で色持ちしてしまっては何の意味もありません。

ということで、当ブログではカラーの色落ちの原因とも言える”シャンプー”を7回繰り返し、7日後の色落ち具合を検証していきます。

シャンプー⇛ドライ⇛シャンプーを7回ほど繰り返せば、7日後にどの程度色落ちしているのか?チェック出来るというわけです。

という事で7日経過後の色落ち具合がこちら↓

全体的に色味が薄くなっているのが確認できます。うっすーーら感じた赤の染料が落ちて、よりブラウンっぽいブラウンに変化しているという感じ。

7日後なので当然色落ちは避けられませんが、カラートリートメントでこれだけ色持ちが良いなら間違いなく合格と言って良いかと。

比較するためにもう一度、染毛直後の画像とも見比べて頂きたいです↓

染毛直後の艶っぽさこそやや失われていますが、かなり自然なブラウンで私は大好きな色味です 笑

また、色持ち具合をチェックするために毛束を1つずつチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

まずは色味チェックということで白の毛束。染毛直後はほんのーーり赤みを感じていたのが、7日後になると更に赤みが落ち着いた印象です。

あなたが「もっと赤みが強い方が良い!」とか「青っぽい方が好み!」とかであれば、つまらなさを感じるかもしれません。

逆に「自然なブラウンでしっかり染めたい」と言うのなら、マイナチュレを選んで失敗したぁーということは無いはず。

色味に関しては個々で好みが別れますが、良い意味でも、悪い意味でも”自然なブラウン”だ!と感じたのが私の本音です。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

色持ちに関しては、他のメーカーさんより突出して持ちがいい!ってわけでも無いですが、「普通に持ちが良いな」というのが私の率直な感想です。

染毛直後はThe・ダークブラウンのやや暗めのブラウン色でしたが、7日も経つとThe・ブラウンという感じに変化しています。

よーーく見ると、染料が落ちて白髪部分が明るくなっていますが、白髪は問題なくボカせています。

ただ、よりしっかり隠したい!という人は6~7日くらいで再染毛すれば問題なく隠せるかと思います。

カラートリートメントでこれだけ染まるのであれば、文句なしで合格!と言っても良いかと。というかこれだけ染まっちゃって既存の美容室は大丈夫なのだろうか(汗)

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
最後に黄色系の毛束チェック!7日経過しているのでガッツリ染まっていたのが、ほんのり赤みを感じるブラウンに変化しています。

うーん。黄色みが強い白髪に関してもかなり自然なブラウンに染まるのは間違いなさそう。

【結論】マイナチュレ使うべき人、止めるべき人とは?

結論から言ってしまうと、既存のカラートリートメントの中でもトップクラスに綺麗な色味が表現できる!というのが今回の検証で私が感じました。

色持ち具合に関しても、流石に7日経っても色落ちしていない!なんてことはありませんが、カラートリートメントでこれだけ持つなら合格!でしょう。

っというか私自身、美容師として白髪染めを1000回以上は施術してきましたが、自宅でこれだけ染まっちゃって既存の美容室は大丈夫なのか?!っと危機感を感じるほどです(汗)

もし、あなたが「自然なブラウンで白髪を染めたい」という場合はマイナチュレのダークブラウンは絶対に選択肢に入れるべきかと思います。

逆に「赤っぽい色味が好みなのよね~」とか「もうちょっと色味が強いほうが良い!」という場合は、他メーカーさんのダークブラウンの方が赤みや青みが強いのでそちらを検討しても良いかと。

もし、使ってみても「染まらなければ完全返金保証」という狂っている!としか言いようが無い、保証も付いているので使って継続するか検討するのもありかなぁと思います。
【最大42%OFF】返金保証付きマイナチュレ現在の価格、詳細はコチラ

マイナチュレを検討している方は是非参考にしてみてくださいね!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。