【元美容師が口コミ】ナチュリアカラートリートメント 7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

今回は『ナチュリアプラチナムヘアカラートリートメント(ダークブラウン)』の染まり&7日後の色持ちを徹底検証していきます!

結論から言ってしまうと、ダークブラウンの割には色が薄いッ!っと感じてしまったのが元カラーリストの私の本音です。

染まりが悪いカラートリートメントよりはマシではあるのですが、う~ん・・・ダークブラウンでこれはちょっと厳しいと思いました(汗)

では、どのような色に染まって、白髪はどのくらいカバー出来るのか?色持ちはどうなのか?実際に染めた画像を見て解説していきますね!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束ではカラートリートメントの”色味”、中央の白髪の毛束では”白髪に染めた時の染まり具合”、そして一番右の黄色の毛束では黄色い毛束

に染めた時の染まった感じを見ていきます!

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

ナチュリアカラートリートメントの使い方には「お風呂でシャンプー後、髪に塗布し体を洗った後に流します」っと書かれているのですが、、、これで染まる人は殆どいないかと思います(汗)

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でナチュリアカラートリートメント(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓
色味は悪くないです。変な赤みが出たりクセが無い自然なブラウンには染まっていますね。

ただ、ダークブラウンというネーミングの商品の割には、染まりはかなり、かなり甘い。

他メーカー製のダークブラウンよりは明らかに、明るいブラウンですし白髪部分の染まりもイマイチっと感じました。

う~ん、、、これが”ライトブラウン”として販売されているなら「まぁ、ありかなぁ」と妥協出来るラインですが、これダークブラウンですからね。

ちょっとっと言うかかなり威力不足感は否めません。

では1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずはカラートリートメントの発色をチェックする為に、白の毛束を見ていきましょう!

発色自体はなかなか綺麗なブラウンに染まっています。染まりの悪いカラートリートメントのように、グレーっぽさも無いですしクセのある赤っぽさ等もありません。

ただ、やっぱり感じるのは色味が薄いな~っという点ですね。ちょっとこう、ダークブラウンにしては深みが無くやや安っぽいブラウンなんですよね。

もし、あなたが「ライトブラウンくらいに染まればいいわ~」っと思っているならそこそこ満足出来るかもしれません。

が、「深みのあるブラウンで染めたい!」っと思っているなら満足度は低いかもしれません。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

次に白髪がどの程度染まっているのか?をチェック!

っと言いたい所なんですが、画像をみても分かるくらいにかなり、かなり”白髪浮き”している部分が見受けられますね。

やはり染料が薄いのか、白髪部分があちこちキラッキラしちゃっています。

むぅぅ…使い物にならんッ!ってほどではないのですが、やはり他メーカー製のダークブラウンと比べると、染まりは悪いと言わざるを得ないです(汗)

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いてブリーチ処理を施した、黄色みの強いダメージ毛です。ブリーチ処理をしている毛は、染料が入りやすいです。

っというのもあって、そこそこ深みのあるブラウンに染まっているように見えます。

毛束本来の嫌らしい黄色味はかなり抑えられているのはGOOD。もし、あなたが「白髪の黄色味を抑えたいわ」っということであれば使ってみるのはアリかもしれません。

7日後の色味や色持ちをチェック!

続いて、染毛直後の染まりと同じくらい重要なのが「色持ち」ですね。いくら染めた直後がしっかり染まっていようと、たったの数日で色が落ちているようだったら、お金も時間もかかりまくりです。

で、今回のナチュリアなのですが、染まりと同様に”色持ちも悪い”です・・・

こちらが7日経過した毛束です↓

かなり退色しまくって、”ライトブラウン”くらいに染まっていた毛束が”アッシュブラウン”くらいにまで退色しちゃっています。

これで、、ダークブラウンはちょっと・・・キツイものがあります。

あなたにもどれだけ退色したのかチェックして頂きたいので、”染毛直後”の画像をもう一度貼りますね↓

染毛直後は染まりが悪いなりにも、”ライトブラウン”程度には染まっているのが分かりますが、7日後はもうブラウンとは言い難いくらい退色しているのが確認できますね。

中央の白髪が混じっている毛束なんて、もはや見る影もありませぬ・・・

っという事で、また1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
まずは色味の変化をチェック!こうして比較してみると染毛直後は一応ブラウンっぽさが感じられます。

が!7日経過後の毛束はかろうじて感じた、ブラウンっぽさもかなり落ちてしまいやはり”アッシュブラウン”っぽい色味にしか見えません。

カラートリートメントなので7日も経過すれば、退色してしまうのは仕方ないのですが、それにしても色持ちは悪いですね(汗)

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

3つの毛束でも、最も色持ち早ッ!っと感じてしまったのがこの毛束。

染毛直後は一応”白髪浮き”がかなり目立っていましたが、「まあ一応色は入っているな~」っとある程度染まっている感はありました。

しかし!7日後に目を向けると”白髪浮き”どころか”白髪丸出し”状態の毛があちこちに見受けられます・・・

7日経過するともはや完全に白髪染めの機能は失われてしまっていますね。

ダークブラウンという「暗すぎないでしっかい白髪を染める」カラーでこの色持ちの悪さはちょっと致命的です。

もし、このナチュリアでしっかり白髪をカバーしようと思ったら、3,4日に一度は再染毛が必要になるかと思われます。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

黄色みの強い毛束ですが、こちらに関しては上記の2つの毛束ほど退色が激しい感じはしません。

ダメージ毛で染料が入りやすい毛束には、そこそこ定着するのかもしれませんね。

あなたが黄色みの強い白髪だったり、白髪染めを繰り返してハイダメージになっているならアリかも。

っと言ってもあえてこのカラートリートメントを選ばなくても良いような気もします(汗)

【結論】発色はそこそこ良し!染まりと色持ちは悪い!

染毛直後の発色はクセも無くそこそこ良い感じに染まりました。っと言ってもダークブラウンにしてはかなり薄いブラウンけどね・・・

ただ致命的とも言えるのがダークブラウンにしては「”白髪浮き”がかなり目立つ!」っと言う点と、「色持ちが悪すぎぃ!」っという点です。

白髪浮きに関しては連続で3,4回と染めればある程度はカバー出来ますが、色持ちに関しては明らかに他メーカー製のダークブラウンよりも劣ります。

めちゃくちゃ染まりが悪いカラートリートメントに比べればマシ。

ではあるのですが、他にも良く染まるカラートリートメントはいくらでもあります↓ので、あえてこのカラートリートメント選ぶ理由が私には見つけられませんでした。
【2019年版】元美容師が「市販白髪カラートリートメント」ランキングBEST5を発表します。

もし、あなたがナチュリアプラチナムカラートリートメントを検討しているなら、参考の1つにしてみてくださいね!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。