【元美容師の口コミ】サイオスオレオクリームは本当に染まる?7日検証した結果!

元美容師Mです。

今回は市販の白髪染め『サイオスオレオクリーム』で最も人気色4N(明るくも暗くも無い自然なダークブラウン)が本当にしっかり染まるのか?7日後の色落ちはどうなのか?!

元カラーリストでもある私が実際に購入検証していきます。

最初にちょっと言ってしまうと、"をアルカリ剤を使用している白髪染めの割にはやや染まりが悪い”というのが私の正直な感想です。

では一体どの程度染まって、どの程度色持ちするのか?!実際に染めた毛束を御覧ください。

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束ではカラートリートメントの”色味”、中央の白髪の毛束では”白髪に染めた時の染まり具合”、そして一番右の黄色の毛束では黄色い毛束

に染めた時の染まった感じを見ていきます!

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、20分放置した結果・・・

アルカリ剤を使用している通常の白髪染めの場合放置時間が長ければ、長いほど良く染まる・・・って事はありえません。

薬剤の性質上20分程度を限度にそれ以上、時間をおりゃー!!っと放置しても色が濃くなる事なんて無いんですね。

むしろ、長時間髪を薬剤に曝すとどんどんダメージが蓄積しちゃいます・・・もし、あなたが市販の白髪染めでセルフカラーをする場合は、ぜっったいにパッケージに記載している放置時間を守りましょう!

という事でサイオスオレオクリーム(4N)で染めた結果がコチラ↓

流石に今まで検証してきた「白髪染めカラートリートメント」よりもガッツリと白髪部分も染まっています。笑

アルカリ剤や過酸化水素などの髪は痛むけれど、染まりが良い薬剤がタップリ配合されているので当然ではありますが・・・
【元美容師が解説】白髪染めとカラートリートメントの5つの違いと選び方とは?

ただぁし!アルカリを使っている白髪染めにしては、割と白髪部分の染まりが甘いッ!っと感じたのも正直なところ。

パッと見た感じは色入っているのですが、結構”キラッ”っと白髪が浮いている部分もポツポツ見受けられるんですよね・・・

ではどの程度染まっているのか?!1つずう見ていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な色味を見るために、白の毛束をチェック!色味的には自然なダークブラウン色に染まり、発色もそこそこ良いです。

ほんと~~に若干、黄色みがあるかな?というくらいのブラウンカラーですが、違和感は全くありませんね。

あなたが、「赤系が良い!」とか「アッシュ系ブラウンが良い!」とかなら逆に”普通すぎる”と感じると思いますが、スタンダードなブラウンに染めたいなら全く問題なしっ!

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪の混じった毛束がコレ。全体的にダークブラウンっぽく染まって黒い毛とも馴染んではいます。

が!白髪染めにしてはやや染まりが悪いなぁ・・・っと感じたのが私の本音。

画像を見てもらえばお分かりいただけるかと思いますが、白髪部分にもブラウンの染料が入っているものの、所々”キラッキラッ”っと白髪浮きしている部分も見えますね。

うむむ・・・アルカリを使っているカラーならば「もっとガッツリ色が入ってほしい」というのが私の正直な感想ですね(汗)

カラートリートメント等と違って、使えば使うほど髪の毛がボロッボロになっていきますので。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いて、ブリーチ処理を施しているハイダメージ毛の毛束がコレ。黄色味がかなり強い毛束ですが、嫌らしい黄色味はかなり抑えられていますね。

ただしッ!やはりこちらの毛束もよく見ると、”キラッ”っと浮いている部分は見かけられます。

しっかり染める力はそれほど強くないなぁ・・・っと感じました。

7日後の色味や色持ちをチェック!

そして!染毛直後の染まり具合と同じくらい重要なのがコレ!「7日経過したらどの程度色落ちするのか?!」っという点です。

いくら染めた直後がキッレーに染まっても色落ちが激しすぎたら、使い物になりません(汗)その分、お金も手間もかかりまくりますからね。

っという事で7日経過後の毛束がコチラ↓

毛髪の内部まで染めてくれるアルカリカラーなだけあって、色持ちは良好。

ただ、染毛直後の毛束と見比べてみると、ブラウンの綺麗な色味はやや落ちている感じですね。

こちらが染毛直後の画像↓

うーむ。まだまだ色持ちしている!というのは間違いないのですが、1週間でこの色落ちはちょっと早いですね(汗)

比較的色落ちが早いカラートリートメントであれば「色持ちが良いッ!」っと言えます。

が!アルカリ剤を使用している通常の白髪染めにしてはちょっと色持ちが悪い。

では、どの程度色落ちして、色味が変化しているのか?!また1つずつ見ていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
パッと一瞬見ただけだと見分けが付かないかもしれませんが、よくみると7日後の方は”鮮やかさ”がかなり失われているのが確認できます。

染毛直後は深みのあるダークブラウンに染まっている感じですが、7日経過後の方は”ツヤ感”や”鮮やかさ”が失われている感じ。

とは言え、まだまだ染料は髪に残っているし「色落ちしたぁぁ!」っという感じではありません。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

最も色落ちが感じられたのがコレ!染毛直後はしっかりガッツリ、ダークなブラウンに染まり上がっていました。ちょいちょい白髪浮きしている部分も見受けられましたが許容範囲。

しかし!7日後の毛束をみるとまだまだ、染料が毛髪内部に残っているものの"白髪浮き”していた部分の退色が激しく”ギラッ”っと浮いているのが分かりますね

まだ、黒髪と馴染んでいるとは言え白髪染めにしては「退色が早い」のは間違いないでしょう。

私自身1,000人以上は白髪染めを施術してきていますが、1週間でこれだけ白髪が浮いてしまったら間違いなく「やり直し」をお願いされるレベル。

アルカリ剤を使っているのでやり直しすればするほど、髪が痛むのでこの浮き具合はちょっと使いづらいかなぁと(汗)

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

最後に黄色みの強いブリーチ毛をチェック。ツヤ感は完全に失われつつあります。

が、あまり色落ちしている感じは見受けられませんね。

カラー全体に言えるのですが、「髪が傷んでいれば傷んでいるほど染まりやすい」ので他の毛束よりもガッツリと染料が内部に残っている感じ。

あなたが「黄色みが強い白髪を染めたい!」というなら使ってみるのはアリ!ですね。

【結論】アルカリ系のカラーにしては染まる悪め。

今まであまり市販の白髪染めを使用する機会がなかったので、「どんくらい染まるんだ?!」っとワクワクテカテカして検証したのですが・・・

アルカリ剤を使用している割にしっかり染まる!って感じではありませんでした(汗)

白髪部分はボカせているものの、白髪浮きがやや目立つというのともう少し色持ちが良ければ最高!の白髪染めだと言えるのですが・・・

私はカラーリストとして1,000人以上は白髪染めをしてきていますが、やはりプロ用のカラー剤の方が薬剤の浸透性などが優れているのか?染まりが良いように感じました。(正直中身は底まで変わらないのですが)

もちろん、髪の表面を中心に染める最近流行りつつある"を白髪染めカラートリートメント”と比較しちゃうと、こちらの方が染まりは良いです。

ただ、カラートリートメントの場合は「染めてもほぼNOダメージ」という最強のメリットがあるので、例え1回で思ったように染まらなくても、”何度でも繰り返し染められる”という利点があります。
【元美容師が解説】白髪染めとカラートリートメントの5つの違いと選び方とは?

一方、今回のようなアルカリ剤が配合されている白髪染めの場合は”染めれば染めるほど髪が痛む”ので一発でしっかり染まってくれないと困るんですよね(汗)

どちらも一長一短なので甲乙付けがたいですが、あなたが「ヘアダメージも気になるわ~」と言うなら、私がほぼ全てのカラートリートメントを検証して分かった本当に染まりやすいカラートリートメントの記事も参考にして欲しいです↓
【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2019】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。