【元美容師の口コミ】パオンゴールドの染まりや色持ちは?7日検証した結果!

元美容師Mです。

パオンゴールドという市販の白髪染めでは割と老舗カラー剤を検証していこうと思います。色味的には最も人気色であろう濃いめのナチュラルブラウン5ですね。

本当にしっかり染まるのか?7日後の色落ち具合はどうなのか?!実際に毛束を染めて検証していこうと思います!

実際に染めてみた印象としては、価格が安いのに割としっかり染まるじゃんッ!っと感じたのが本音です。笑

いや、正直カラー剤の染まり具合だけで言ったら、サロンの白髪染めとそこまで違いは無いなぁと。(ちょっと暗めに染まりますが)

ということでどのような色味に染まって、色落ちはどうなのか?!見ていきましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の毛束では、カラートリートメントの純粋な”色味”をチェック。そして中央の白髪交じりの毛束では実際に白髪に染めた時にどれだけカバー出来るかをチェックしていきます。

黄色の毛束では黄色みの強い毛束に染めた時にどういう色味に染まるのか?をチェック。

記事の後半では7日後の色の持ち具合を見るために、”シャンプー”を7回繰り返し、実際の色持ちに近い色持ち具合を見ていきます。

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、20分放置した結果・・・

白髪染めで注意しないといけないのは、なんといっても放置時間です。まれにお客さんの中に「しっかり染めたいからちょっと長めに時間を置いているわ~」という人もいましたが、これは絶対にダメ!

っというのもカラー剤は一定の時間を超えると、化学反応が止まるので放置時間を長くしたからといって更に染まりがよくなるってことはありません。

むしろ、長時間毛髪を薬剤に浸すことでダメージがガンガン蓄積してくので、絶対に決められた時間になったら流すようにしてくださいね。

で、今回のパオンは20分放置だったので、素直に20分で流した結果がコチラ。

という事でパオンゴールド5(濃いめのナチュラルブラウン)で染めた結果↓
正直、言ってしまうと”パオン”というネーミングがちょっと染まらない予感がしていたのですが、意外にしっかり染まってビビりました。笑

ナチュラルブラウンにしてはやや濃いめに感じるものの、白髪部分はしっかりカバーできています。

もちろん白髪染めはカラー剤の染まりやすさだけで、決まるものじゃないですがちゃんと白髪部分に塗布できていれば満足度は高い白髪染めかと!

うーむ、、、元カラーリストの私としては悔しいような・・・ちょっと複雑な気持ちもありますが、これは認めざるを得ません。

ではどのような色味にそまっているのか?1つずつ毛束を見ていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは白の毛束で、色味をチェック!ナチュラルブラウンというネーミング通り、自然な発色のブラウンです。

「当たり前じゃん!」っと思われるかもしれませんが、ナチュラルブラウンと書いておきながら、メチャ赤っぽく染まったり黄色っぽく染まったりするカラー剤も案外多いんですよね・・・

しかーし!今回のパオンは本当に自然なブラウンに染め上げてくれます。どちらかと言うとやや寒色系のブラウンですね。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

なんと言っても重要なのがどのくらい白髪が染まっているのか?ですが、白髪部分もかなりガッツリと染まっていますね。

本当によーーーく見たら若干白髪部分が明るいような気もしなくも無いですが、これだけ染まっていれば合格レベル。

むしろ、市販の白髪染めで言ったらかなり満足度は高いかと!

サロンで1000人以上に白髪染めを施術してきた私からすると、ちょっと悔しい・・・

黄色みが強い白髪の染まりチェック

意外に重要なのがコレ。白髪と一言で言っても真っ白で綺麗な白髪の人って案外少ないんです。なので、黄色みを帯びた白髪にどのように染まるのか?もチェック!

ハイダメージを負っているブリーチ毛なので、ガッツリ染料が入っている感じですね・・・黄色みなど微塵も感じなく、やや染まりすぎ!ってくらい染まっています。

もし、あなたが白髪染めを繰り返していてハイダメージ毛になっているなら同じように思ったより暗く染まる可能性があるのは要注意。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後と同じくらい重要なのが、7日後の色持ち!いくら染めた直後は綺麗に染まっても「えっもう色落ちしたの?」って感じるくらい色落ちが早いカラー剤も多いんです。

で、今回のパオンゴールドですが、「色持ちは良い!」っと感じたのが私の本音。

ただし、色落ち以上に気になったのが”パサパサ感”です(汗)染まりが良い分他のカラー剤よりも薬剤が強いのか、一回の染毛で一気にバサボサになってしまいました・・・

7日経過した毛束がコチラ↓染毛直後と比較してしまうと、全体的に若干退色してはいます。が、まだまだ色持ちしている感じはありますし、白髪部分もカバーできている感じ。

改めて染毛直後の画像を見てみるとこのような感じ↓

白の毛束を見るとダークブラウン⇛ブラウンっぽくなっているのがお分かりになるかと。

そして、一番気になるのが毛束のパサパサ感!染毛直後はある程度まとまっているように見えますが、7回もシャンプーするとどんどんバサボサになってしまいました・・・

薬剤が強めで毛髪の油分を完全に持っていった感じですね(汗)

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

パッと見た感じはあまり色落ちしていないように感じます。

がよーーく見ると染毛直後は寒色系のダークブラウン系に染まっていたのが、染料が落ちてやや黄色みを感じるブラウンに変化しているように見えます。

とは言っても、市販の白髪染めでは間違いなく優秀。これだけ色持ちするのであれば、何も文句は言えませぬ・・・

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
こちらもほぼ変わらず。7日経過してもまだまだ白髪部分はしっかり染まっていますし、私が文句の付け所を探しても見つからないくらい染まっています。

あえて言うなら全体的な色味が本当に若干薄くなっているくらいで、白髪自体はまだまだカバー出来ている感じ。

あとは、髪がパッサボサになってしまっている点くらいか。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

ブリーチを施しているダメージ毛なので、染料がガッツリ入りやすいですが逆に染料が抜け出やすいという特徴もあります。

やはりダメージを負っているのもあって、「もうこれ黒じゃない?」ってくらいガッツリ染まっていたのが、染料が落ちてダークグリーンブラウン的な色味に見えますね。

恐らく、髪の毛の黄色みと染料が混じってやや緑っぽい色味に発色しているのかと思われます。

【結論】市販の白髪染めでは優秀!ただし・・・

染める前まではやや不安な感じもありましたが、私が染めてきた市販の白髪染めカラー剤の中でもしっかりと染まり色持ちも優秀でした。

以前検証した『ビゲン香りのヘアカラー』も市販にしてはしっかり染まる方だなぁと思ったのですが、今回はビゲンよりも染まりも色持ちも良いです。
【7日検証】色持ち悪め!「ビゲン香りのヘアカラー」染まりを元美容師が全力レビュー!

ただし!何度も言いますが、やはりしっかり染まる分カラー剤が強いのか?ダメージもコチラの方がは遥かに上に感じました(汗)

ビゲンも染毛⇛7回シャンプーした直後はパサパサになっていましたが、今回はそれを遥かに上回るほどのパサボサ感です。

もし、あなたが「しっかり染まるなら多少ダメージあってもOK!」というならパオンは良いかもしれません。

ただ、できるだけダメージを抑えたい!という人はビゲンの方がややダメージは少なく染めれられるかと。

もう今の時点でもパサパサだから、絶対にダメージを与えたくない!って人は白髪カラートリートメントを検討するのもアリ!かと↓
【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

染まらないものはぜんっっぜん染まりませんが、染まりやすい商品は「もう、、、美容室行かなくても良いんじゃ・・」ってくらい染まりますので。笑

やや話が逸れましたが、パオンはしっかり染めたい人向け。だけどダメージも相応に高い。と言うのが検証して感じた私の印象でした。

ぜひぜひ参考にしていただけれれば幸いですm(_ _)m

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2019】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。