【元美容師が口コミ】プレディアカラートリートメント(ダークブラウン)7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

今回は大手化粧品会社のKOSEさんが販売している『プレディアヘアカラートリートメント(ダークブラウン)』の7日後の色持ち、染まり具合を画像を交えて解説していきます!

先に結論を言うと「染毛直後の染まりや色味はそこそこ良いけど、色持ちがイマイチ!」っと言うのが本音です。

使い物にならない!ってほどじゃないんですが、同価格帯のカラートリートメントよりも色持ちが悪めなんですよね・・・

っということで実際にプレディアで染めた毛束を見ながら、どの程度色が持つのか?どのような色味に染まるのか?見ていきましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

そして、記事の後半では7日後の色持ち具合をチェックするために、最も色落ちの原因とも言える”シャンプー”を7回ほど繰り返すことで実際の7日後の色持ち加減を見ていきます。

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

プレディアの解説にも「染めてから5分程度置いてから流す」っと書かれて入るんですが、たった5分で染まる人は殆どいません(汗)

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でプレディアカラートリートメント(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓
うん!悪くない色味、染まり上がりです。

本当にほんのすこ~し紫味が感じられるような気がしますが、ダークブラウンにふさわしい深みのあるブラウンに染まっています。

他メーカーのしっかり染まる”ダークブラウン”カラートリートメントよりは、やや薄めの染まりですが全然染まらないってわけでもなく、連続して染めていけばまあアリかなぁと言った感じ。

ではどのような色味に染まるのか?白髪はしっかりカバー出来るのか?1つずつ毛束を見ていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは白の毛束でカラートリートメント本来の色味を見ていきます。

ダークブラウンにしてはやや薄めに感じますが、色味的には深みのあるブラウン系の色に染まってはいます。

本当にほんのすこ~しだけなのですが、アッシュと言うか紫味が混じっている感じですが、特に違和感も無く万人受けするブラウンだと思います。

ただ、ダークブラウンならもう少し、、、もう少ししっかりめに染まってくれたら嬉しいなぁっと感じたのが本音ではあります。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪の染まりですが、こちらについても”まあまあ”っと言ったところ。

染まってはいるのですが、ところどころ”白髪浮き”している部分が結構目立っており、決して「しっかり染まっている!」っとは言い難いです。

ただ、だからと言ってアウト!ってわけでもなく、カラートリートメントでこれだけ染まっているなら、2,3回連続で染めればそこそこしっかりめに染めることも可能かと思います。

他のしっかり染まるカラートリートメントと比較すると”染まりは甘い”ですが、ぜんっぜん染まらないカラートリートメントに比べれば「まあ許容範囲内かなぁ」っと言った感じ。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

ブリーチ処理を施した、ハイダメージ毛の毛束がコチラ。カラートリートメントは毛髪がダメージを負っているほど、染料が多く入ります。

っというのもあって、今回のプレディアも上記の2つの毛束よりもしっかりめに染料が入っていますね。

色味的にも”やや赤みを感じるブラウン”っという感じで好感触。あなたが黄色みの強い白髪で、染まりやすい髪の毛であれば同じように赤みのあるブラウンに染まる可能性が高いです。

7日後の色味や色持ちをチェック!

続いて重要なのが「染まった色がどのくらい色持ちするのか?」っという点です。いくら染めた直後はしっかり染料が入っていても、たった2,3日で色落ちしているようだったら、お金もコストもかかりまくりです・・・

っということでプレディアダークブラウンの7日経過後の毛束達がこちら↓
う~ん。全体的にかなり退色しているのが画像を通してでもお分かりいただけるかと思います・・・

染毛直後はこのように深みのあるダークブラウンに染まっていましたが、7日も経過すると”アッシュブラウン”?っと言った感じのうっすーい色味になっちゃっています。

こちらが染毛直後の画像↓

ブハッ!ところどころ”白髪浮き”している所が目立っていた程度ですが、”白髪丸出し”状態の毛もチラホラ見かけられるような感じです。

一応、プレディアは「徐々に染めていく」っというコンセプトのカラートリートメントではありますが、これよりもしっかり染まるカラートリートメントはいくらでもありますからね・・・

⇛【検証】7日後の色落ちは?マイナチュレトリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底レビュー!

どの程度、色味が変化するのか?色落ちしているのか?1つずつチェックしてみましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

まずは色味の変化をチェック!染毛直後は”ダークブラウン”っぽい深みのあるブラウンに染まっていました。

が!7日経過すると退色しまくって”アッシュブラウン”のような色味に変化しちゃっていますね(汗)

いきなり赤みが強くなったり、青みが強くなっているわけではないので、不自然ではありませんが”染毛直後の深みのあるブラウン”は全然7日も持ちません。

同じ2000円くらいのカラートリートメントでもフラガールという商品なんかは、余裕でもっとブラウンっぽさがキープ出来ています↓【全5色比較!】色を選びに注意!「フラガール カラートリートメント」の染まり&色持ちをレビュー!

色持ちに関しては、同価格帯のカラートリートメントよりも悪いっ!っと言わざるを得ない色持ちの悪さですね・・・

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

なかなか酷いのがコレ。染毛直後も染まっている!って感じではありませんでしたが、白髪の毛が所々キラっと”浮いている”くらいでした。

しかし!7日経過後の画像をみると、もはや見るも無残な姿に・・・

”白髪が丸出し”状態の毛がチラホラ見かけられるようになり、毛先の方なんかは全体的に退色しちゃってグレーっぽさが出ちゃっています。

染めた直後の染まりがもう少しキープ出来れば、まあまあ良さそうなカラートリートメントだと思いますが、ちょっと退色が激しいですね。

もし、あなたがプレディアでしっかり白髪カバーし続けようと思ったら、3,4日程度で再染毛が必要かなぁ~と思われます。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

そしてハイダメージ毛の毛束ですがコチラに関しても、退色が激しい。

染毛直後の綺麗なブラウンが抜けてしまって、薄茶に染まっている?くらいにまで退色しちゃっていますね。

ハイダメージ毛は染料が多く入りやすいのですが、染料の定着が悪いとこのようにあっという間に退色しちゃうんですよ。

白髪染めを何度も繰り返しているような人は、同じように退色も激しい傾向があるので要注意です。

【結論】色味、染まりはまあまあ。でも色持ちが悪い!

染毛直後の色味や染まりはカラートリートメントとしては、まあまあかなぁっと言った所。

他のカラートリートメントよりも優れている!ってわけでもないですが、深みのあるブラウンに染まりはしますし、白髪もそこそこカバー出来ています。

ただ、、、やっぱり気になるのは”色持ちの悪さ”ですね。(汗)

カラートリートメントなので髪の毛の表面付近を重点的にに染まる性質上、仕方ない面もありますがそれにしたって色持ち悪いです。

徐々に染めるっというコンセプトみたいですが、プレディアよりも色味も色持ちも良いカラートリートメントはいくらでもありますので、あえてプレディアじゃなくても・・・

っと思っちゃったのが元カラーリストの私の心からの本音です。

もし、あなたがプレディアカラートリートメントを検討しているなら、是非参考までにm(_ _)m

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。