【元美容師が評価】プリオールコンディショナー(ブラック)7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

日本人なら知らない人いないんじゃないか?ってほど超大手化粧品会社「資生堂」さんから販売されている『プリオールカラーコンディショナー』です。

プリオールシリーズで最も暗い”ブラック”カラーをの染まり具合や7日後の色持ちを徹底検証していきます。

大手資生堂さんが販売している商品だからめっちゃ染まりが良いのだろうなぁ~と予想していたのですが、一言で言うと「ビミョー」です(汗)

というのもブラックと言う割に染まりが悪く、色持ちも悪いんです。ちょっと所じゃなくかなり・・・

なぜ染まりが悪く、色持ちが悪いと言えるのか?実際に染めた毛束を見ていきましょう!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の白の毛束で、カラートリートメント本来の純粋な色味をチェックしていき、中央の白髪の毛束では実際に白髪に染めた時の”染まり具合”を検証。

そして黄色の毛束では、黄色みが強い白髪でどの程度黄色みが抑えられるのか?を検証していきます。

記事後半では、色持ちを検証するため最も色落ちの原因とも言える”シャンプー”を7回連続で繰り返し、7日後の色持ち具合を検証していきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

プリオールの公式サイトでも「5分放置でOK」というような記載があるのですが、白髪の染まりやすさは個人差が激しいですし、5分で染まる人って殆どいないかと(汗)

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でプリオール(ブラック)で染めた結果がコチラ↓

色味的にはめっちゃ綺麗なアッシュです。以前に検証したプリオールの一段階明るい”ダークブラウン”の色味をそのまま濃くしただけという感じ↓
【レビュー】7日後の色落ちは?プリオールトリートメント(ダークブラウン)の染まりを徹底検証!

色味的には個人的には、大好きな色味ではあるのですが「えっ?コレブラックだよね?」とツッコミを入れたくなるほど薄い染まり具合です。

ブラック系のカラ-を購入する方は「暗めでも良いからしっかり染めたい」と言う人が大半だと思うのですが、これじゃ期待どおりに染めるのは難しそうです・・・

ちなみにお試し版の容量が少ない物を使ってはいますが、薬液は余るくらいで塗布量不足で染まりが悪いってことは考えられません。

1つずつ毛束を細かく見ていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

かなり青みが強い”アッシュグレー”というイメージの色味です。個人的には大好物な色味!ではあるのですが、上でも書いたとおりブラックを期待して購入したらガッカリするかと(汗)

これ、、、どう見てもブラックではないでしょ・・・

”アッシュグレー”という商品名でこの色味を期待して購入するなら大満足ですが、一番暗いブラックでコレですからね。

他メーカーさんのブラックと比較しても、かなり染まりは悪い部類だなぁというのが私の本音です。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後ということもあって、ギリ白髪は染まっている感じです。

ただ、やはり他メーカーさんのブラックと比較しちゃうと明らかに”染まりが悪い”です。

ブラック系のカラーはもっとしっかり染まることが求められるので、この染まり具合だったら間違いなく他メーカーさんのブラックカラーを選択した方が幸せになれるはず。

あなたが最初から”アッシュグレー”狙いで使うのはアリですが、ブラックを期待するならプリオールは選ばないほうが良いかと。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

これで本当にブラックなの?っと小一時間問い詰めたくなるのがこの黄色の毛束です。

うーーーん。どんだけ贔屓目に言っても「染まり悪いッ!」です・・・

ただ、青系の色味が強いので嫌らしい黄色み自体は抑えることができますので、黄色みを抑えたいと人が使うのはアリなのかなぁと思います。

7日後の色味や色持ちをチェック!

そして染毛直後と同じくらい重要なのが、”色の持ち具合”です。いくら染毛直後がしっかり染まっていようと、数日で色落ちするなら、お金も時間も無駄にかかっちゃいます。

当ブログではより現実に近い色持ち具合を再現するために、ただ7日間放置するだけでなく、最も色落ちが激しい”シャンプー”を7回繰り返して検証してます。

プリオールカラートリートメントブラックの7日後がコチラ↓

めちゃ色味が薄くなっています・・・7日も経過すればどうしても色落ちは避けられないんですが、それにしたって色落ちが激しすぎぃ!

しかもこれ。ブラックっという商品名で販売されているんですぜ?ちょっと、ダメでしょ、、、コレは。

あなたにも色落ち具合を理解していただきたいので、今一度染毛直後の画像を見て頂きたいです。

染毛直後の画像↓

私自身、あらゆる他メーカーさんのカラートリートメントを数十種類以上は検証してきましたが、ハッキリ言って最も色落ちが激しい”ブラック”色です。

また1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
染毛直後はキッッレー-な青みを帯びたアッシュグレーでしたが、退色してアッシュブラウン?と言う感じの色味に変化しています。

いや、色味が変化したというか単純に色落ちが激しいので、染料が落ちているだけとも言えます。

何度でもお伝えしますが、コレ”ブラック”というネーミングで販売されているんですよね・・・ちょっとコレは”ブラック”じゃないだろ!と誰もがツッコミを入れたくなるかと思います。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓続いて、白髪の毛束ですがこちらも白の毛束と同じく、退色が激しいのでもはや白髪は”白髪浮き”してしまいカバー出来ていません。

染毛直後はある程度カバーは出来ていましたが、7日経過でこれほど色落ちしちゃうとなると、3,4日くらいに一回程度再染毛しないと、白髪染めを維持するのは難しいのではないでしょうか・・・

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

黄色の毛束ですが、7日経過していてもある程度青の染料が髪に残っているので嫌らしい黄色味は抑えられています。

あなたの白髪が黄色っぽくて、黄色みを抑えたい!と言う場合に使ってみるのはありと言えばありです。

【結論】プリオールブラックが向いている人、止めるべき人とは?

正直に言ってしまえば、「染まりや色持ちは他メーカーさんのものより悪い!」と感じてしまいました。

あなたが「暗めのカラーでも良いから白髪をしっかり染めたい」と言うなら他メーカーさんのブラック色を検討するべきかと。

ブラック系のカラーだったらもっと暗くてもいいので、しっかり染まるよう商品じゃないととてもじゃないですがオススメ出来ません。

予めプリオールブラックはアッシュグレーっぽ色味だ!とわかっていて使うなら良いのですが、ブラックを期待するとイメージ違いが起こる可能性は高いかと思います。

むぅぅ。超大手の資生堂さんが販売している商品なので、もっとしっかりガッツリ染められるのかなぁと思ったのですが、「ビミョー」でした。

もし、あなたがプリオールコンディショナーのブラックを検討しているなら、参考の1つにしてみてくださいね!

全てのプリオールを比較した記事はコチラ↓
【3色全部比較!】即購入注意!あなた向きのプリオールカラーコンディショナーはどれ?

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。