【元美容師が口コミ】プリオールトリートメント(ブラウン)7日で色落ちする?

元美容師Mです。

誰もが知っていると言っても過言じゃない、資生堂さんが販売している白髪染めカラートリートメント『プリオール ブラウン』の染まり具合、7日後の色持ちを徹底検証しました!

超大手企業さんが販売しているので、かなり良い製品なんだろうなぁ~と思ったのですが、意外な弱点が判明しました・・・

今回はその弱点とどんな人がプリオールブラウンを使うべきで、止めるべきなのか?を1000回以上は白髪染めしてきた私が解説していきますね。

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の白髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で少なくとも30分程度は絶対おきましょう。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でプリオールカラートリートメント(ブラウン)で染めた結果がコチラ↓

公式サイトでは5分間放置で染まる!と書かれていますが、あえて長く30分放置してもガッツリ染まっている!って感じじゃあないです・・・

いや、染まってはいるんですがしっかり白髪がボカせるか?というと一回で染めるのはかなり難しいかと。

ただ、色味は「アッシュグレイ」という感じの上品な色味で私個人的には超絶大好きな色味です 笑

ということで1つずつ毛束をより詳細にチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずはカラーの”色味”をチェック上記の全体画像でも言ったように、かなりかなり綺麗な”アッシュグレイ”という感じの色味。

カラートリートメントってどちらかと言うと赤系の色味が多い傾向があるのですが、プリオールブラウンは誰どう見ても、アッシュ系の色味です。

個人的には大好きな色味ですし、あなたが「赤系の色味は絶対イヤ!」と言うなら検討しても良いかと思います。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

より本当の白髪染めに近い毛束がコチラの黒と白髪が入り混じった毛束ですが…

上記の白の毛束で感じられた綺麗な”アッシュグレイ”感はかなり薄れて、ブラウンっぽい色味に感じます。

染まり具合に関しては、白髪部分も染まってはいるもののガッチリ染まっているというよりも薄っすらアッシュブラウンに染まっているって感じ。

一回で白髪をしっかり隠したい!という人には間違いなく不向きだと感じたのが私の本音ですね。

公式サイトには「5分放置で染まる」的な表記もあるのですが、本当に5分で染まるのかかなり疑問です(汗)

黄色みが強い白髪の染まりチェック

黄色っぽい白髪の人が参考にしてほしいのが、この黄色の毛束。なのですが、うーーーんっ・・・

微妙。というよりもハッキリ言っちゃうと染まり悪いっ!と感じちゃいました。

色相環でいうと、青系の色味は黄色の反対色なので、他の毛束よりも色味がかなり薄く感じているものかと思われます。

 


引用:色相環

上の図にあるように黄色の反対に位置する色味は青紫でそれに近いのが青ですね。

アッシュ系の色味は青系の色味なので、黄色系の反対色となり、色味を打ち消してしまうんです。なので、黄色系の白髪が多い人はしっかり染めるのは難しいです。

ただ、アッシュ系を入れてあげることで黄色みを減らすことはできますので、黄色みを抑えたい!という人には良いかもしれません。

色持ちチェック(7日後の色持ちは?)

染めた直後の染まり具合も大事ですが、更に重要な点が「どの程度色味が持つのか?!」という点です。

いくら染めた直後がしっかり綺麗に染まってもたった3日とかで色落ちしていたら無意味ですからね。

なので、当ブログでは7日後の色持ち具合を検証するために、シャンプー⇛ドライ⇛シャンプーを7回ほど繰り替えし、7日後の色持ち具合を再現していきます。

カラーで最も色落ちの原因になるのは、シャンプーですのでただ単に7日放置したものよりも参考になるはずっ!

というわけで7日経過後の色持ち具合がコチラ↓カラートリートメントは通常のカラーと違い、毛髪の表面付近を重点的に染めていくので7日経過するとどうしても色持ちはしていしまいます。

で、このプリオールブラウンもかなり色素が落ちているのが確認できるのですが、一番ビックリしたのが「色味が変わっているッッ!」ということです。

これが私が感じたプリオールブラウンの弱点とも言える部分です。

染めた直後はやや青み感が感じられた、アッシュブラウンと言う感じの色味でしたが、シャンプーを重ねて青系の色素が抜けていきややオレンジ味を感じさせるブラウンに変化しています。

こちらが染めた直後↓

特に一番左端の白の毛束には誰がどう見ても、色味が違う!と感じていただけるはず。

ということで1つずつ毛束を詳しくチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓7日経過後の画像↓「あれ?違うカラートリートメントの毛束と間違えたか?」ってほど色味が変化しています。

私自身これほど変化するのは予測していなかったので、違う毛束と間違えたか?と思って何度もチェックしたのですが、間違いなくプリオールブラウンの7日後の毛束です 笑

染めた直後はかなり美しいアッシュグレーという感じの色味に染まっていますが、シャンプーの度に青系の色素が落ちていき、オレンジプランのような色に変化していっている感じです。

うーん。個人的には染めた直後の色味が美しすぎるので、アッシュグレーをキープしたい所。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

白の毛束でもそうでしたが、白髪の毛束でもオレンジっぽい色味に変化しています。

そして、色素が抜けてきているので白髪部分が金髪・・・とまでは行かないものの、かなり明るいブラウンになるかなり目立ってきています。

このことから、プリオールブラウンでしっかり白髪を染めたいという人は、3~5日くらいで染め直すなどは必要になってくるかと思います。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓

7日経過後の画像↓

黄色の毛束に関しては元々反対色の色味だったので、そこまでアッシュ感を感じませんでした。

が、7日経過することで青系の色素が抜けていき、更にオレンジ感がましているブラウンに変化。

白髪の黄色味を抑えたい人は3日程度で染めたほうが良いかと思います。

ただ、黄色みを抑える目的のみなら”紫シャンプー”などもっと手軽に使えるアイテムはあるので、わざわざカラートリートメントで染めるのは面倒くさいかもしれませんね。

【結論】染めた直後は綺麗だが・・・キープするのは難しいか。

染めた直後はんめっちゃ綺麗なアッシュグレイという感じのブラウンに染まり上がるのですが、この綺麗な色味をキープするのは難しいかと思います。

もし、あなたがアッシュ系⇛オレンジ系という色味の変化を楽しめるなら、プリオールブラウンを使ってみるのはアリ!です。

ただ、アッシュグレイの色味を保ち続けたい!ということなら3~5日に一回は染める必要はあるかと。

色持ちに関しても、大手企業さんが販売していると言う割には、長持ちするって感じでもないので、やはりしっかり染めたい人も3~5日に一回は染める必要があるかと思います。

そもそも、染めた直後に関してもしっかり染まるという感じの色味ではないので、白髪が多い人が使うというよりも”白髪が数本あるので、部分的にボカしたいという人”が使うべき商品かもしれませんね。

プリオールブラウンを検討しているので、あればぜひぜひご参考にして頂ければ幸いです!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。