【元美容師が評価】プリオールトリートメント(ダークブラウン)7日後の色落ちは?

元美容師Mです。

超大手化粧品会社の”資生堂”さんが販売している『プリオールカラートリートメントのダークブラウン』を検証していきます。

超大手企業が販売しているからと言って、それだけを基準に白髪染めカラートリートメントと購入すると間違いなく失敗します・・・

なぜならメーカー側が「ダークブラウン」と記載して販売していても、色味や染まりはメーカー毎にまっっったく違うので実際に染めてみないと、あなたにあったカラートリートメントなのか分からないからです。

そして、今回のプリオールダークブラウンを実際に染めて見たんですが、正直言ってダークブラウンと言う割には「染まりが悪い」と私は感じました。

ということで、7日後の色落ち具合や、色味などを徹底検証していきます!

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束意外は100%人毛なので、かなり実際に近い染まりが表現できます。白の毛束に関してもアンゴラ毛なのでかなり人毛に近い染まりに仕上がります。

この3つの毛束を染めて、染まり具合や7日後の色落ち具合をチェック、チェック!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

プリオールも公式サイトでは「5分放置でそまる」と言ったこと記載しているんですが、正直5分じゃ染まりはかなり弱いです・・・

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でプリオール(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓

前回のプリオールブラウンの時と同様にかなり綺麗なアッシュグレイという感じの色味。
【徹底検証】7日で色落ちする?プリオールトリートメント(ブラウン)の染まり具合をレビュー!

ただ、ブラウンよりも一段階濃い色味のダークブラウンということもあってか、更に青みが強く綺麗なアッシュグレイ色に仕上がっています。

私個人的には大好きな色味ですが、パッケージのダークブラウンっぽさを期待して購入するとやや青みが強すぎなような・・・

もし、あなたがカラートリートメントを使ってみたいけれど赤っぽい色味はどうしても避けたいというなあらアリだとは思います。

ということで、1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

ん~、私はこのアッシュ系の色味大好きです 笑

色味に関しては好き嫌いは個人差があるので、正解不正解はありませんが、暖色系よりも寒色系の色味が好きな人向きのカラートリートメントだというのは間違いないですね。

ただ、染毛直後はかなり綺麗なアッシュなのですが、7日も経つとアッシュの綺麗な色味が完全に消え失せるので注意。(7日後の色味は後述)

染まり具合チェック(グレイの毛束)

染まってはいる!染まってはいるんですが・・・”ダークブラウン”というしっかり染まるそうなネーミングの割には染まりは悪いです(汗)

画像を10秒位よーーく注視すれば「ああ染まっているな」と分かるのですが、白髪を染めると言うよりはボカしてるという程度。

アッシュ系の色味を出すような青の色素は赤系のものよりも分子が大きいので、どうしても染まりが悪くなりますで仕方ない部分もありますが・・・

ダークブラウンと言う割には、染まりが悪い!と感じたのが私の心からの本音です。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

黄色みが強い白髪の方に見ていただきたいのが、こちらの毛束ですが、やはり染まりが良いとは言えない感じ。

黄色の色味は青の色味と反対色で色味を打ち消す効果があるので、より染まりが悪く感じていまいます。


引用:色相環

黄色みを抑える目的で使うのはアリですが、しっかり染めたい!という人には不向きかなぁと思います。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染めた直後の色味や染まり具合も大事ですが、より重要なのが「どのくらい色味が持つのか?!」という点です。

いくら染めた直後が綺麗に仕上がっても、すぐに色落ちするようでは再染毛の回数が増え時間もコストもかかりまくります。

当ブログでは7日後の色落ち具合を検証するために、カラーの最も色落ちの原因となるシャンプー⇛ドライ⇛シャンプーを7回ほど繰り返し、7日後の色落ち具合を検証していきます。

というわけで7日経過後の色持ち具合がコチラ↓

私が最初に見た時「うおッ!!!こんなに色味変わっちゃうのか・・・」とぶつぶつ呟いてしまうほど、変化が激しかったです。

もう一度染毛直後の画像を見てあなたにも見比べて頂きたいのですが

染毛直後↓

もう、100人見たら100人とも「全然色味が違う!」と言って頂けると断言できるほど色味が変化してます。

染毛直後はかなり綺麗な”アッシュグレイ”という感じの色味でしたが、7日も経過すると青系の染料が落ちてきたのか”オレンジブラウン”という感じに変化しています。

本当にコレ、同じ毛束ですか?と小一時間ほど問い詰めたくなるほどの変化です。

ということで、7日後の色落ち具合も1つずつチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓

7日経過後の画像↓
本当に同じカラートリートメントの画像ですか?と苦情が来そうなほど、色味が変化しております・・・(何度もチェックしているので、確実に同じ毛束です)

染毛直後はアッシュグレイ色に綺麗に染まっているのに対して、7日も経過すると青系の色素がゴッソリ落ちてややオレンジ味を感じられるブラウン色になっています。

これはコレで綺麗な色味ではあるのですが・・・う~ん。

色味の変化が楽しめる人であれば、良いと思いますが出来るだけ染毛直後の色味をキープしたいという人には不向きなのは間違いなさそう。

もし、あなたが綺麗なアッシュグレイっぽい色味をキープしたいのであれば、3~5日に一度は染毛しないとキープは難しかと思われます。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
上記の白の毛束よりもやや分かりづらいですが、コチラの白髪の毛束もかなりオレンジっぽさが表面化しています。

元々染毛直後も「しっかり染まっているッ!」という感じでは無いのですが、7日も経つと更に白髪部分が目立ってきました。

画像をよく見ると、金髪までは行かないでもやや光っている毛が見えますが、そこが白髪部分です。

むむぅぅ。ダークブラウンという割にはダーク感は無いですし、しっかり染めたい人には不向きなのは間違いないです。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

こちらも上記2つの毛束と同じくやや青っぽさが消え、薄っすらオレンジ味が出来ています。

っと言っても元々そこまでしっかり染まっている感じじゃないので、染毛部分と染まっていない部分の境目はかなり分かりづらいです(汗)

【結論】染めた直後は良いけど、色持ち悪いと思いました。

染毛直後はんめっちゃ綺麗です。好みもあると思いますが、アッシュ系の色味を出すのは難しいのでここまで綺麗なアッシュグレイが出せるのは素晴らしいとしか言いようがありません。

ただ、、、やはり気になったのは染まりが良くない!という点と、色落ちが激しいという点です。

染めた直後のアッシュブラウンっぽさがキープできれば、最高ッ!なのですが、7日も経つと全く別の色味に変化するので、この色味の変化が楽しめない人は絶対使うべきじゃないかと。

もしくは、使うのであれば3~5日に一回はカラートリートメントとするなど、他のカラートリートメントよりも早いサイクルで、染毛しないと色味をキープするのは難しいかなぁと思います。

本当に白髪が数本しか無く、部分的に染めるだけとかなら使ってみるのも有りだと思います。

逆にもし、あなたが「しっかり白髪を染めたい!」という場合はオススメ出来ないなぁと言うのが私の意見です。

プリオールのダークブラウンを検討している人はぜひぜひ参考にしてくださいね!

プリオール他の色味はコチラで検証しています↓
【徹底検証】7日で色落ちする?プリオールトリートメント(ブラウン)の染まり具合をレビュー!

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。