【元美容師が解析】螺髪輝シャンプーでは白髪が染まらない理由とは?

元美容師Mです。

シャンプーするだけで白髪が染まっていくなら最高!っという事で、今回ののような白髪染めシャンプーが流行りつつあります。

しかし!白髪染めシャンプーだからと言って、白髪が染まるとは限りません。(もはや哲学)

今回解説する『螺髪輝シャンプー』も白髪染めシャンプーランキングサイトで2,3位あたりに紹介されているのですが、このシャンプーでは白髪は染まりません・・・

「なぜ白髪染めシャンプーなのに染まらないのか?!」成分を解析しつつ紐解いていこうかと思います。

【最重要】螺髪輝シャンプーの成分を解析!

いくらパッケージに白髪染めシャンプーと書かれていようが、白髪染めサイトでランキング上位に紹介されていようが「白髪が染まる成分」が配合されていなければ白髪なんて染まりっこありません。

そして、白髪染めシャンプーにおいても超重要な成分とも言えるのが、”洗浄成分”です。

シャンプーに配合されてる成分の6~7割は水です。そして、次点で多く配合され3~4割程度をしめる成分が”洗浄成分”なんですね。

つまり!洗浄成分が強力な成分が使われていれば、せっかく綺麗に白髪が染まっていようと、ガンガン染料を落としていき白髪染めの持ちが悪くなってしまうのですよ。

もし、あなたが少しでも白髪染めを長持ちさせたいのであれば、ぜっったいにシャンプーの洗浄成分もチェックしてくださいね!

っというわけで、シャンプーにとって最も重要な”洗浄成分”はどのような成分が使われているのか?

を解析し、螺髪輝シャンプーがどんなシャンプーなのか?解説してきます。

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、グリセリン、塩化Na、ジステアリン酸グリコール、ベタイン、コカミドDEA(1:2)、ラウレス-6カルボン酸Na、ユビキノン、ポリクオタニウム-64、コカミドMEA、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、BG、オレイン酸PEG-10、加水分解ケラチン、メチルパラベン、プロピルパラベン、フェノキシエタノール、エタノール、ラベンダー花水、ログウッドエキス、ヘンナ、グリチルリチン酸2K、カミツレ花エキス、センブリエキス、ダイズエキス、チョウジエキス、ホップエキス、褐藻エキス、ムラサキ根エキス、アロエベラ葉エキス、ニンジン根エキス、オタネニンジンエキス、マロニエエキス、ウイキョウ果実エキス

黄色にマークしている成分がシャンプーの性格を決める”洗浄成分”になります。

コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA

シャンプーのような化粧品登録品は成分の表記が早いほど、配合量が多いのでこの2つがメイン成分と言って間違いないです。

では1つずつ成分の特徴を解説していきますね。

成分1、コカミドプロピルベタイン

まず最も配合量の多いベース成分とも言えるのが、『コカミドプロピルベタイン』という成分です。

特徴としてはベビーシャンプーにも配合されるほど優しい洗浄力で、刺激性も低いというGOOD!な成分です。

ただ、500円程度の安価シャンプーにも多様される成分なので、2000円を超えるような螺髪輝シャンプーのメイン成分と考えるとちょっと微妙です・・・

悪くは無いけれど、この価格帯ならもっと優良な成分をメインに持ってきて欲しい所ですね。

成分2、ココイルグルタミン酸TEA

キタ!私が最も愛しているのアミノ酸系の優しい、優しい洗浄成分がコレ。『ココイルグルタミン酸TEA』

3000円を超えるようなヘアケア用のシャンプーにも、多く配合されるような高価な成分の1つです。

特徴としては髪や頭皮と同じ弱酸性なのはもちろん、髪の毛にしっとり感を与えるマイルドな洗浄成分ですね。

総合的に洗浄成分を見ると市販の安っちいシャンプーとは違い、白髪染めが落ちにくい成分で構成はされています。

欲を言えば、この価格帯であればココイルグルタミン酸のようなアミノ酸系成分をメインに持ってきて欲しい所ではありますが・・・

価格の高さに目を瞑れば、優しい成分で構成されているので悪くはないシャンプーです。

ただし!問題なのが「このシャンプーだけでは白髪は染まらない!」っという点ですね(汗)

白髪が染まる”染料”は一切配合されていません・・・

白髪を染める為には当然ですが、染料が配合されていなければ白髪に色は付きません。

どんなカラーや白髪トリートメントでもぜっったいに白髪を染めるための染料は配合されているんですね。

例えばコチラで紹介しているような白髪カラートリートメントの場合↓成分表に”HC青2、HC黄2”と言った表記があります。
【129品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

しかし!この螺髪輝シャンプーには白髪を直接染めるような染料は一切配合されていないんですよ・・・

つまり、このシャンプーだけでは白髪を染めることは不可能ってことですね。

一応公式サイトにも書かれているのですが、本当に分かりづらいところにちっさく、ちっさく説明書きされているだけなのです。

出典:螺髪輝公式サイト

う~ん。どうしても、ヘアパックと合わせ売りしたいのか?は分かりませんが、もっと大きく告知しないと勘違いする人は絶対にいるかと思います。

あちこちの白髪染めシャンプーサイトではなぜかこのシャンプーが2位くらいに染まる!と紹介されてますし、このパッケージ見たら、絶対「シャンプーだけで染まる!」って思っちゃうでしょ・・・

シャンプーのボトルを見ると如何にも白髪を染めてくれそうな雰囲気を漂わせていますが、これだけでは白髪は染まりませんので要注意です。

【結論】シャンプーだけで白髪を染まりません。

もし、あなたがシャンプーだけで白髪を染めたいのであれば、私は絶対にこのシャンプーはオススメできません。

螺髪輝シャンプーだけで白髪が染まるように書いているサイトもありますが、騙されないでください。

染料が入っていない時点で、ぜっったいに染まりっこ無いので(汗) 色が入っていないのにどうやって染めるのか?!と。

ただ、普通にシャンプーとして使う分には”まあまあ”と言った所。

一応洗浄成分はマイルドなものが使われていますので、市販シャンプーに多く配合される超強力な洗浄成分『ラウレス硫酸Na』などと比べればかなり優良シャンプーではあります。

っと言っても、最近の市販シャンプーはどんどんレベルが上がってきていますし、2000円もする螺髪輝シャンプーをあえて使う必要も無いかなぁと感じます。

もっと低価格で、補修成分なども配合されている市販シャンプーはいくらでも販売されています↓
【2019年版】元美容師が全力で最強の市販シャンプーランキング9選を発表します。

少なくとも、あなたがシャンプーだけで白髪染めしたいならオススメは出来ませんね。

ぜひぜひ参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。