【元美容師が口コミ】レフィーネ(ライトブラウン)7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

白髪染めカラートリートメントで売れ筋商品とも言える『レフィーネライトブラウン』の染まり具合&7日後の色持ち具合を徹底検証していきます!

で、実際にライトブラウン色でカラーしてみたのですが、今まで1000回以上は白髪染めしてきた私としてはこの商品をオススメすることは絶対にできませぬ・・・

っというのも、”色味”にかなりクセがありますし、”色持ち”に関しても他メーカーさんのものと比較してもかなり、かなり色持ちが悪いんですよ(汗)

っというわけであなたが、レフィーネライトブラウンを検討しているなら、是非当記事を参考にしてみてくださいね!
【最大1810円OFF!】レフィーネの現在の価格、詳細はコチラ

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束では”色味”を見ていき、白髪の毛束ではどの程度白髪をカバー出来るのかを見ていきます。

そして、黄色の毛束では黄色みの強い毛に染めた場合の染まり具合をチェックしていきます!

記事の後半で7日後の色持ち具合をチェックしていきます。

ただ単に7日間放置するだけじゃなく、より現実に近い色落ち感を見るため”シャンプー”を7回ほど繰り返して、現実にち近い色落ち感を見ていきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

レフィーネの公式サイトでも「10分程度放置すれば染まる」的な事は書かれているんですが、白髪って人によって染まりやすさは全然違います。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でレフィーネ(ライトブラウン)で染めた結果がコチラ↓

かなり、かなり黄色味が強くクセの有る色味です・・・ライトブラウンというか、ゴールドブラウンのような色味でした。

私自身、数十種類以上はカラートリートメントを検証していますが、ここまでクセの強い色味は初めてです。思わず黄色ッ!っと叫んでしまいましたよ(心の中で)

シリーズの中で最も明るめな色味ということもあってなのか黄色みが強すぎます。

あなたが「黄色っぽい色味が好み!」っと言うならば引き止めはしませんが、別に黄色みを求めていない人はこの商品はオススメ出来ません・・・

私の経験上、、、ではありますがあんまり黄色味が強い方が良い!と言う人は少ないですしかなり人を選ぶ色味だと思います。

では1つずつ毛束をチェック!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な色味をチェック!もうね。誰が見ても黄色っ!って言うだろうってほど黄色です 笑

他メーカーさんのライトブラウンも数々見てきましたが、こんな黄色みが強いカラートリートメントは初めてです。

黄色みを求めている人には良いかも知れませんが、自然な明るいブラウンに染めたい人はコレジャナクテモ感を激しく感じます。

むぅぅ、かなり人を選ぶ色味だなぁ・・・

染まり具合チェック(グレイの毛束)

白髪にしっかり染まるか?ですが、黄色みってどうしても色が入りにくいのもあってか白髪部分が明るくなってしまってます。

”ライトブラウン”を選ぶ人は「出来るだけ明るく、でも白髪は染めたい」と言う人が多かと思いますが一回で白髪を完全にカバーするのは無理そうです・・・

あなたの白髪を隠したい部分が数本の白髪だったり、かなり染まりやすい白髪であるなら良いかもしれません。

が!普通に白髪を染めたい人には全くもって向いていない!っと言うのが私の本音であります。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

元々が黄色みの強い毛束なのもあって、染まっている部分と染まっていない部分の境目がかなり分かりづらいですね。

よーくみれば、もちろん境界は視認出来ますが、染毛直後でこれしか染まっていないとなると、ちょっと黄色みが強い白髪さんの人にはオススメ出来ないですね。

7日後の色味や色持ちをチェック!

そして肝心なのが染毛した色味がどの程度色持ちするのか?っという点です。

いくら染めた直後にキッレーに染まっていようと、たったの数日で色落ちしてしまえば、お金もかかるし時間もかかるし結局美容室で染めたほうが楽!ってことになります。

当ブログでは、より現実に近い色持ち具合をチェックするために、最も色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回繰り返すことで、7日後の色持ち具合を検証していっています。

そしてコチラが7日後の毛束達です↓

もうダメです 笑 今までかなりカラートリートメントを検証してきたと自負していますが、こんだけ染まりが悪いのは初めてです・・・

今一度、染毛直後と比べてみましょう↓

特に白と白髪の毛束を見ると、誰がどう見ても”白っぽく”なるほどに退色しちゃっていますね。

どうしても、明るめの色味は染料も少なめに配合されているので、色持ちが悪い傾向にはありますが、それにしても悪すぎます。

これじゃあ、白髪染めカラートリートメントとしての機能を果たせるのか、、、ちょっと微妙ですね。

また1つずつ毛束を見ていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
染毛直後は”ゴールドブラウン”っという感じで、まだ茶色みを感じるカラーでしたが、7日も経過するともはや”薄黄色”っと言った色味になってます。

黄色系自体、明るめの色なので白髪をカバーし辛いっというのもあるんですが、よほど黄色みが好き!って人意外はこれじゃ無くてもよいかと思います。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

ちょっとこれは酷いですね(汗)他メーカーさんを含めた”ライトブラウン”の中でもトップクラスに色持ちが悪いです。

染毛直後も明るすぎるとは言え、まだ白髪部分に染料が入っている感じはありましたが、7日経つともうボロッボロに染料が落ちちゃっています。

毛束の中央部分なんてもはや”白髪が浮いている”どころか”白髪が丸出し状態”になるほど色落ちしていますね・・・

うーん。ちょっとこのカラートリートメントで白髪をカバーするのはオススメ出来ませんが、どうしてもコレが使いたい!というなら”^2~4日に一回は再染毛が必要かと思います。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
こちらも染毛直後からして、境界がわからないくらいでしたが、7日経過すると更に分かりづらくなっています。

黄色みを隠したい!っという人には絶対にオススメ出来ませんね。

【結論】人を選ぶ色で、尚且色持ちは「トップクラスに悪い」です。

黄色系っという色はかなり人を選びますし、そもそも黄色系の色味自体が明るめの色なので白髪染めに向いていない色なんです。

”ライトブラウン”という名称の商品なので、もう少し自然な温かみのある色味に染まるかと思いきやどう見ても”ゴールドブラウン”にしか見えない色に染まりました。

もし、あなたが「黄色系が大好きで仕方ないわ!」っというならこのカラートリートメントを使うのもアリです。

ただ、逆に別に黄色系じゃなくても良いというなら、数十種類以上はあるであろうカラートリートメントの中でこれを選ぶ必要は無いかと。

そしてもう一点、強く叫びたいのは「色持ちが悪すぎぃ!」って点です。まあ、ライトブラウン自体明るめの色味なので仕方ない部分もありますが、それにしたって色持ち悪すぎます・・・

30分たっぷり時間を置いてこれしか染まらないのに、公式が説明している10分程度で染まる人っているのか?とちょっと疑問です。

ライトブラウンは他メーカーさんでも販売しているところもありますので、レフィーネじゃなくて・・・っていうのがカラーリストとして働いてきた私の本音ですね。

では、レフィーネを検討している人は参考の1つにしてみてくださいね。

【最大1810円OFF!】レフィーネの現在の価格、詳細はコチラ

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。