【元美容師が口コミ】レフィーネ(ダークブラウン) 7日後の色持ちを検証!

元美容師Mです。

白髪カラートリートメントの老舗ブランド?に入る『レフィーネダークブラウン』という商品ですね。

白髪を染めながら、ヘッドスパも同時に出来るという商品ですが、肝心の染まり具合がビミョーでした・・・

っというのも人毛に染めてみると”染毛直後”の染まりは良いのですが”色持ち”が他メーカーのものと比べると結構悪めなんです。

っということで、レフィーネダークブラウンの染まり具合や色味、7日後の色持ちを徹底的に検証していきます!
【最大1810円OFF!】レフィーネの現在の価格、詳細はコチラ

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

白の毛束では純粋にカラートリートメントの”色味”をチェックしていき、白髪のトリートメントでは本当に白髪に染めた時の染まり加減をチェック。

そして、黄色の毛束では黄色っぽい白髪に染めた時の染まりをチェックしてきます。

記事後半では、7日後の色持ち具合を見るために”シャンプー”を7回ほど繰り返し、よりリアルな7日後の色持ち具合を見ていきます!

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

レフィーネの公式サイトでも「10分で艶やかに早染め。」と書かれていはいるのですが、白髪の染まりやすさは人によって千差万別。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でレフィーネ(ダークブラウン)で染めた結果がコチラ↓

染まり自体はかなりいい感じに染まってはいます。ただ、、、「これ、ダークブラウンにしては暗くない?」っていうくらいかなり暗い色味に染まり上がりました(汗)

ダークブラウンを選ぶ人の多くは「なるべく暗くしたくないけど、白髪はしっかり染めたい」と言う人が大半です。

ただ、レフィーネのダークブラウンは他メーカーの”ソフトブラック”くらい暗いんじゃないか?!ってくらい暗めのダークブラウンです・・・

一応レフィーネの中では2番めに暗いカラー設定ではありますが、暗すぎ↓

人によって染まり具合は違ってくるとはいえ、ちょっと暗すぎる感はありますね。っというかメーカーのイメージ画像だとやや温かみのあるダークブラウンっぽいのですが、実際は寒色系よりの色味になりました。

これだと消費者さんのイメージ違いが起こりますね。うん。

1つずつ毛束をチェーーっク!

色味チェック(白の毛束)

まずは純粋な色味をチェックです。ダークブラウンという名称の商品ですが、ぶっちゃけホントにソフトブラックくらいの暗さです。

私が染めた時は思わず「えっ?!ブラックと間違えた?」と心の中で焦りまくるくらいに暗く染まりました(汗)

もし、あなたが「暗めでも良いからしっかり染めたい!」と言うならありだとは思いますが、ダークブラウンでこれはちょっと暗すぎだなぁと言うのが私の本音です。

”色味”に関しては温かみのあるブラウンというよりかは、かなり暗い”アッシュグレー”のような寒色系な色味です。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

白髪自体はかなりキッれ~にカバー出来ています。が!やはり暗い 笑

ブラックと間違えているんじゃないか?っと読者さんからクレームが来そうな程に暗い。

商品名が”ブラック”と言う商品だったら満足度は高いかもしれませんが”ダークブラウン”でこれは染まりすぎですね。

他メーカーさんの”ダークブラウン”と比較するとトップレベルで暗く染まります。他メーカーのソフトブラックレベルに暗いので、暗くなりすぎない方がいい!っという人には不向きですね。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いて黄色の毛束。誰が見ても「黒じゃんッ!」っとツッコミを入れたくなるほど、んめっちゃ暗くなっています 笑

黄色の毛束はブリーチ毛なので染まりやすいというのはありますが、いくらなんでも暗すぎでしょう・・・

あなたが何度も、何度も通常の白髪染めを繰り返しているダメージ毛であるなら、同じように暗くなりすぎる可能性はあるので注意です。

7日後の色味や色持ちをチェック!

そして染毛直後と同じくらいに重要なのが、”色持ち具合”です。いくら染毛直後がしっかり染まろうとも、数日で色落ちしてちゃあ、お金も時間も無駄にかかりまくります。

当ブログでは単に7日間毛束を放置するのではなく、最も色持ちの原因とも言える”シャンプー”を7回連続で繰り返して、より現実に近い色落ち具合をチェックしてきます!

っということでコチラが”7日経過後の毛束”ちゃんたちです↓

染毛直後がかなり暗めに染まったので、「もしやガッツリ色が持つのでは?!」っと期待に胸と鼻を膨らませていたのですが、残念な結果に・・・

7日も経過しているのでどうしても、退色は避けられないんですが、誰がどう見ても色持ち悪っ!っと呟いてしまうであろうほどに色持ちが悪いです(汗)

今一度、”染毛直後”の画像と見比べて頂きたい!↓

白の毛束に関しては色が落ちて”アッシュ”っぽくなっていますし、白髪の毛束なんてチラホラと”白髪浮き”している部分が見えてしまっています。

うーーーん。ちょっと他メーカーさんと比較しても「かなり色持ちは悪い」方ですね。

それではまた1つずつ見ていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
染毛直後は、おいおい暗すぎだろ?っとツッコミたくなるほど、しっかり染まっていたのですが、7日経過すると”アッシュ”のような色味になっちゃってます。

特に画像中央部分なんて染毛直後は、黒なの?ってほどしっかり染まっていたのに、7日経過後は白っぽくなってますね。

他メーカーさんのダークブラウンと比較しても明らかに「色持ちは悪い方」だと言いざるを得ません。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
そして肝心の白髪がどのくらいカバーできているのか?ですが、コチラもかなりビミョーです(汗)

染毛直後は暗く染まるのもあって、かなりしっかり白髪がカバー出来ていましたが、7日経過すると画像でパッと見ただけでも”白髪浮き”が目立ちます。

白髪の染まりやすさは個人、個人でかなり変わりますが最低でも4~5日くらいに一回は再染毛しないとキープし続けるのは厳しいかと思います。

公式サイトには10分で染まる!的な事が書かれていましたが、10分で染まる人がいるのか?かなり疑問です。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓

7日経過後の画像↓
こちらも誰が見てもパット見て分かるくらいに退色が激しいです。

色味が落ちてやっと本来の”ダークブラウン”っぽい色味に変化してきてはいますが、ちょっと色素が薄い感じもしますね。

黄色み自体は抑えられていますが、ダメージ毛でもこれだけ退色するとなると、やはり色持ちは悪いと言わざるを得ないです・・・

【結論】「暗い」「色持ち悪い」「染めづらい」

私自身、カラーリストとしても1000人以上は白髪染めを施術してきてはいますが、結論からいうとこの『レフィーネダークブラウン』はオススメとは言い難いです。

染毛直後からして暗すぎるカラー設定ですし、暗すぎる割には退色が激しすぎます。

恐らくあくまでも予想ではありますが、ヘッドスパを謳うためにトリートメント成分を多く配合しすぎて、色の定着が悪いのかもしれませんね。

ただ、白髪染めをしながらヘッドスパも出来る!というのが特徴的な商品ではあるんですが、「セトリモニウムクロリド」という刺激が強めのカチオン系界面活性剤が多く配合されています。

っという点を考慮すると、これを頭皮に塗りたくってモミモミマッサージするのは全くオススメ出来ませんね。

そして、当記事はあくまでも色の染まり具合について言及する記事なので、触れていませんでしたがカラートリートメントの液がめっっっちゃ柔らかいのでかなり染めづらいです(汗)

汗っかきさんの人だったりすると、液垂れして顔に垂れるんじゃないか?ってくらい液が柔らかかったです。

老舗ブランドの1つではあるのですが、正直言っちゃうと、なんか今ひとつな商品でした。

もし、あなたがレフィーネダークブラウンを検討しているなら、ぜひぜひ参考にしていただければ幸いですm(_ _)m

【最大1810円OFF!】レフィーネの現在の価格、詳細はコチラ

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。