【元美容師の口コミ】レフィーネ(マロンブラウン)は効果無し?7日検証した結果・・・

元美容師Mです。

ヘッドスパも出来るカラートリートメントとして販売されている『レフィーネカラートリートメント(マロンブラウン)』の染まり、7日後の色持ちを徹底検証してきます!

で、今回のマロンブラウンなのですが、結論から言ってしまうと「色持ち悪すぎ」です。そう!同価格帯のカラートリートメントと比較しちゃうと、かなり色持ちが悪いんです(汗)

そして色味に関してもマロンブラウンという名称のカラーなのに、なんかアッシュ(青)系っぽい色味なんですよね・・・

では実際にどのような色味に染まって、7日経過するとどのような色に変化するのか?見ていきましょう!
【最大1810円OFF!】レフィーネの現在の価格、詳細はコチラ

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の毛束では、カラートリートメントの純粋な”色味”をチェック。そして中央の白髪交じりの毛束では実際に白髪に染めた時にどれだけカバー出来るかをチェックしていきます。

黄色の毛束では黄色みの強い毛束に染めた時にどういう色味に染まるのか?をチェック。

記事の後半では7日後の色の持ち具合を見るために、”シャンプー”を7回繰り返し、実際の色持ちに近い色持ち具合を見ていきます。

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でレフィーネカラートリートメント(マロンブラウン)で染めた結果がコチラ↓
うーん。。。確かに若干栗色っぽさは感じなくもないのですが、”マロンブラウン”と言うよりも”黄色みを帯びたアッシュブラウン”という感じに染まっている感じです。

決して、悪い色味では無いのですが、パッケージに記載されているような栗色を期待して染めると、間違いなく「失敗した!」と感じるかと。

そして肝心の白髪部分の染まりなのですが・・・これがかなり染まりが悪いです(汗)

正直、レフィーネの同じシリーズで最も明るいカラーの”ライトブラウン”よりも更に白髪の染まりが悪く感じます↓
【徹底検証】7日で色落ち?レフィーネ(ライトブラウン)の染まりを全力でレビュー!

ではどの程度染まっているのか?1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずはカラートリートメントの純粋な”色味”をチェックしていきます。上記でも述べたように、栗色というカラー設定にしてはなんかアッシュっぽい色味に感じます・・・

ほのかに黄色みも感じるのですが、ベースはアッシュ系のブラウン。っと元カラーリストの私は感じました。

この色味自体は綺麗な色味ではあるのですが、”マロンブラウン”を期待して購入したら私でしたら「ガッカリするな・・・」とは思っちゃいましたね。

どう見ても栗色ではないです。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

そして、コレ!最も伝えたかったのが白髪の染まりです。

画像をみて一瞬でわかるくらいに”白髪浮き”部分が目立ちまくっています。白髪部分が全くカバー出来ていないどころか白髪が”丸出し”状態の毛もチラホラと見かけられますね。

正直言って、同価格帯のカラートリートメントでは白髪部分のカバー力はワーストレベルですね。

これでしたら、まだ市販のカラートリートメントの方がしっかり白髪をカバーしてくれる商品もあります。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

続いて、ブリーチ処理を施している、ハイダメージ毛な黄色みの強い毛束です。

カラートリートメント内の染料と反応してなのか?若干、マット(緑)感が出てしまっています。

マット系の色味がキライじゃなければ、問題ないのですがあなたの白髪が黄色みを帯びていて「マット系は嫌」という事なら避けておいたほうが良いかも。

7日後の色味や色持ちをチェック!

染毛直後の染まりと同じくらい重要なのが、「どの程度色持ちするのか?」という点ですね。

どんなに染めた直後が綺麗に染まっていようと、たったの数日で色落ちしているようだったら、お金も時間もかかりまくりです・・・

で、今回のレフィーネマロンブラウンなのですが、かなり、かなり、かなり!色持ちが悪いんですよね(汗)

論より証拠!と言うことで7日経過後の画像がコチラ↓

・・・白髪混じりの毛束は完全に白髪が露出しちゃっている状態です。もはやカラートリートメントとしての機能を果たせていませんね。

もう一度染毛直後の画像と見比べて見てください↓

色味的にマロンブラウンには全く見えませんでしたが、まあまあそれなりに染まっていました。

が!7日も経過するとかなーり染料が落ちてしまって、”アッシュグレー”のような色味になっちゃっていますね・・・

また1つずつ毛束をチェックしていきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

まずは純粋な色味の変化から。染毛直後からして「どこがマロンブラウンなの?!」って感じの色味でしたが、そこそこ染まってはいました。

が!7日経過している毛束に目を向けると、もうね。。。ほぼ染料が落ちてしまって”アッシュグレー”的な色味になっています。

レフィーネにはコレよりも明るいカラーの”ライトブラウン”という商品があり、そちらのカラーもかなり退色が激しかったのですが↓
【徹底検証】7日で色落ち?レフィーネ(ライトブラウン)の染まりを全力でレビュー!

それと同等。かもしくはそれ以上と言っても過言ではないほどの退色スピードです。いずれにしてもマロンブラウンには見えませんね(汗)

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

最も激しく色落ちしているのがコレ。染毛直後からしてそれほど白髪をカバー出来ている感じではなかったのですが、「色味は付いているかな?」というくらいには染まっていました。

が!7日経過するとほんの~り色味付いたいた毛もほぼ完全に染料が落ちきっていしまい、白髪部分がほぼ完・全露出しちゃっております。

ん~私自身、今まで90種類程度のカラートリートメントを検証してきていますが、これはちょっと酷いですね。

これでしたら、まだ市販のカラートリートメント方が染まりますし、正直カラートリートメントとしての機能を果たせているとは思えません。

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

続いてハイダメージな黄色の毛束です。

染毛直後はマット味を帯びた”ダークブラウン”って感じに染まっていましたが、やはり染料の定着が悪いのか?色落ちは激しめです。

染めた直後よりも更にマット感が増している感じ。

個人的にはマット系の色味も好きではありますが、マロンブラウンで期待してこの色味に染まったらガッカリするかと(汗)

【結論】色味、染まり、色持ち全てにおいてワーストレベル。

ちょっとね。。。あまり厳しいことを言いたくはないのですが、レフィーネのマロンブラウンはちょっと擁護できません。

染めた直後からして、しっかり染まっているとは言い難いですし、色味に関しても”マロンブラウン”なのにマロンっぽさは微塵も感じません。

そして最も酷いのが色持ち感です。7日経過するとある程度色落ちしてしまうのは避けられませんが、”白髪完全丸出し”状態まで退色しちゃうカラートリートメントって逆にそうそうありません・・・

市販のかなり色落ちが早い商品だと、あっという間に退色してしまう商品もありますが、レフィーネと同価格帯の商品ではここまで色持ちが悪いカラートリートメントは無いような(汗)

レフィーネのダークブラウンはそこそこしっかりめに染まっていたのですが、今回のマロンブラウンはオススメ!とは言えませんね。
【徹底検証】7日で色落ちする?レフィーネ(ダークブラウン)の染まりを全力でレビュー!

もし、あなたがレフィーネマロンブラウンを検討していたらぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

【最大1810円OFF!】レフィーネの現在の価格、詳細はコチラ

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。