【元美容師の口コミ】レフィーネ(ローズブラウン)色持ちを7日検証した結果!

元美容師Mです。

白髪を染めながらヘッドスパも同時に出来る!というカラートリートメント『レフィーネ(ローズブラウン)』の染まり、7日後の色持ちを徹底検証してきます!

レフィーネはカラートリートメントの中では有名な商品なので、「しっかり染まるはず!」っと予想していたのですが、、、ヒッジョーに染まりが悪かったです・・・

そして、色持ちもかなり悪い。圧倒的に。

っという事でどのような色に染まり、どの程度色持ちするのか?実際に毛束に染めた画像を交えて解説してきますね。
【最大1810円OFF!】レフィーネの現在の価格、詳細はコチラ

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために3つの毛束を用意!

いつもの用に白、白と黒が混ざった白髪、黄色みが強い毛束の3つを使って実験していきます。

白い毛束⇛色味具合チェック

黒と白が混ざったグレイの毛束⇛染まり具合チェック

黄色みのある毛束⇛黄色味が強い白髪の染まり具合チェック

一番左の毛束では、カラートリートメントの純粋な”色味”をチェック。そして中央の白髪交じりの毛束では実際に白髪に染めた時にどれだけカバー出来るかをチェックしていきます。

黄色の毛束では黄色みの強い毛束に染めた時にどういう色味に染まるのか?をチェック。

記事の後半では7日後の色の持ち具合を見るために、”シャンプー”を7回繰り返し、実際の色持ちに近い色持ち具合を見ていきます。

染毛直後の染まり具合チェック

乾燥状態で塗布し、30分放置した結果・・・

メーカーによっては「濡れた状態でも染まります」と記載されているカラートリートメントもあるのですが、しっかり染めたい場合はぜっったいに乾燥状態の方が染まりやすいです。

特に一番最初のカラーをしていない状態の髪はかなり色が入りにくいので、乾燥状態で30分程度はぜっったい置くべきです。

もし、あなたがカラートリートメントで白髪を染める場合はめんどくさくても、乾いた状態で塗布しましょう。

という事でレフィーネ(ローズブラウン)で染めた結果がコチラ↓
染毛直後でコレ?!っとビックリするほど色の定着が悪いです・・・

ローズブラウンと言う割には赤みは薄いですし、他メーカーで言う”ライトブラウン”程度にしか染まっていないように感じますね。

白髪部分に関しても、かろうじて染料は付いている感じですが、白髪部分をカバー出来ている感じはあまりしません。

レフィーネで一回で染めるのは絶対に無理なような気がしますね(汗)

ではどのような色味に染まって、どの程度白髪カバー出来ているのか?1つずつチェックしていきましょう!

色味チェック(白の毛束)

まずは、白の毛束で純粋な色味をチェック!

上記で書いたのですが、ローズブラウンと言う割には赤っぽさはかなりかなり薄いです。本当に普通の”ライトブラウン”と言う感じ。

パッケージに”ライトブラウン”と記載しているならまあまあ満足出来る色味ですが、ローズブラウンでこの色味はちょっとガッカリですね。

例えば、別メーカーさんの『スカルプDローズブラウン』と言う商品であれば、誰が見てもレッドブラウン!っと言うであろう程、しっかり赤く染まっていました↓
【検証】スカルプDカラートリートメント(ローズブラウン)の7日後の色持ちや染まり具合をレビュー!

このようにしっかり赤く染まる商品と比べてしまうと、レフィーネのローズブラウンはかなり物足りない、、、っというか「本当にローズなのか?!」っと言いたくなる色味です。

うーん。微妙。

染まり具合チェック(グレイの毛束)

続いて白髪の混じった毛束で、どの程度白髪がカバー出来ているのか?!を見ていきます。

染まっていない事は無いのですが「染まりが悪いっ」と感じたのが私の本音です。

一応白髪部分にも染料が入っている感じはするのですが、白髪部分はキラッキラしてかなり”白髪浮き”が目立っている状態です。

むー。同価格帯のカラートリートメントと比べてしまうと、白髪の染まりはかなり悪めと言わざるを得ませんね。

黄色みが強い白髪の染まりチェック

ブリーチ処理を施している、黄色みの強い毛束です。

ブリーチしており、かなりハイダメージを受けている毛なので、その分染料が入りやすくなっています。

それを証拠に見て分かる通り、他の毛束よりもローズブラウン感がかなり出ていますね。

他の毛束でもこのくらいローズ感が出ていれば胸を張って「オススメぇ!」っとネットの片隅で叫べるのですが、ブリーチ処理しないと赤みを感じないなんて全く実用性がありません・・・

7日後の色味や色持ちをチェック!

続いて染毛直後の同じくらい重要な「7日経過したらどの程度色落ちするのか?」っという点です。

せっかく染まっても、それがキープ出来るのがたったの2,3日とかだったら、お金も手間もかかりまくりますので・・・

そして、今回のレフィーネローズブラウンなのですが「色持ちが悪すぎ」っと言うのが検証して感じた私の本音です。

っという事でまずはコチラの7日経過後の毛束を見てください↓もうね。。。とにかく退色が早すぎぃ!です。

染毛直後からして、それほど染まりが良い!ってわけじゃありませんでしたが、7日経過するとほんの僅かに感じた赤みも完全に消滅シています。

もう一度、染毛直後の画像を貼ってみますので、見比べて見てくださいね↓

”ライトブラウン”程度には染まっていた、毛束でしたがなんというか”スーパーライトブラウン”くらいにまで退色しちゃっています。

更に酷いのが白髪の混じった毛束。もう完全に白髪が丸出しです。

ではどの程度色が変化しているのか?また1つずつ毛束をチェックしてきましょう!

【7日後】色味チェック(白の毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
染毛直後はまだ”ライトブラウン”として考えればアリ?程度には色づいてました。

が!7日経過後を見るとかろうじて、染料が残っている?っ程度しか染まっていなく”スーパーライトブラウン”的な色味になっちゃっています。

色味が変化したと言うよりも完全に色落ちしているって感じですね(汗)

染毛直後からしてローズ感は殆ど感じませんでしたが、本当にちょっぴり感じた赤みも完全に消失しちゃています。

【7日後】染まり具合チェック(グレイの毛束)

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓
特に退色が酷いのがコレ!染毛直後はまだかろうじて白髪部分に色が付いている感じでした。

ただ、7日経過後の方を見るとお分かりの通り、”ほぼ完全に白髪が丸出し”状態にまで色が退色しちゃっています。

うーん、、、今まで90種類程度のカラートリートメントを検証してきていますが、ハッキリ言ってワーストに近い色持ち具合です。

少なくともこのレフィーネと同じ価格帯だったら、もっと染まりも色持ちも良いカラートリートメントはいくらでもあります。

いくら何でも、色落ちするのが早すぎますね・・・

【7日後】黄色みが強い白髪の染まりチェック

染毛直後の画像↓
7日経過後の画像↓

続いてハイダメージ毛の毛束をチェック!ハイダメージ毛な分、染まりが良かったので上記の2つよりも色持ちしている印象。

もし、あなたが白髪染めを繰り返してかなりハイダメージ毛になっているなら、同じように色持ちする可能性はあります。

が、あえてレフィーネじゃなくても良い気がしますね(汗)

【結論】染まり、色持ち、色味。全てが残念でした。

かなり有名なカラートリートメントなのでもう少ししっかりめに染まるかなぁ?っと期待していたですが・・・

私が検証した限り、染まり、色味、色持ち全てに置いて残念な結果になってしまいました(汗)

そもそもローズブラウンと言う商品なのに、殆どレッド感を感じませんし、染毛直後の白髪部分もキラッキラしちゃってしっかり染まっているとは言い難い。

そして、オマケに色持ちもかなり悪い。。。っと正直言ってレフィーネを使う理由が私には見い出せませんでした。

前回検証したレフィーネマロンブラウンもかなり染まりが悪かったですし、レフィーネは色の定着が悪いのかもしれませんね。
【7日間検証】色持ち悪すぎ?レフィーネ(マロンブラウン)の染まりを全力でレビュー!

更に言うと、レフィーネは「ヘッドスパも同時に出来る」というのがウリの商品なのですが、成分的にみてもやや刺激が強い成分が配合されています↓
【元美容師が解析】成分の刺激は強めか?「レフィーネカラートリートメント」を全力レビュー!

カラートリートメントで頭皮をコネコネモミ回すのもオススメ出来ません。

以上の点から言って「あまりレフィーネを使う必要性が感じられない」と言うのが心からの本音です。

もし、あなたがレフィーネのローズブラウンを検討しているなら、1つの参考にしてみてくださいね!
【最大1810円OFF!】レフィーネの現在の価格、詳細はコチラ

元カラーリストの私が86商品を購入&検証した結果、染まり,色味,色持ちが良い白髪染めトリートメントBEST5を発表します。

【86品検証】元美容師が激選!『白髪染めカラートリートメントBEST5』はコレだッ!

もし、あなたが「できるだけ明るめに染めたい」ならコチラのランキングも合わせて参考にしてみてくださいね↓
【2020】元美容師が86商品を検証「明るく染まる白髪染めトリートメント」TOP5を発表します。

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。